太陽 インキ。 太陽インキ製造株式会社:導入事例 MaLion|インターコム

太陽インキ製造株式会社 ワンタイムパスワードカードでWindowsログインできる統合認証基盤を構築 ISMS準拠のセキュリティと利便性向上の両立に成功

太陽 インキ

会社概要 太陽インキ機材㈱は1935年に初代社長が、「馬場武三郎商店」としてインキの販売を開始し、以来お陰様で80年超の永きに渡り営業活動を続けさせて頂いております。 これも皆様のご支援・ご指導あればこそと心より感謝申し上げます。 平成23年4月より二代目社長(現会長、馬場修一郎)から社長の座を受け継ぎ、三代目社長として新たな一歩を踏み出しました。 当時は東日本大震災の直後で、インキ・材料等の調達が懸念される最中であり厳しいスタートとなりましたが、社員一丸となり「お客様に極力ご迷惑をお掛けしないよう、この難局を乗り越えて行こう」との決意を新たにし、その思いと共に日々営業活動に従事しております。 「花ならばその香りまでも、風景ならばそこに流れる風までも感じてほしい」そんな思いを伝統と技術に託し、未来へと受け継いで行きたいと考えております。 今後とも、なお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 名称 太陽インキ機材株式会社 代表者 代表取締役社長 馬場教二 所在地<本社> 〒124-0011 東京都葛飾区四つ木4-27-12 連絡先 TEL:03-3693-0222(代) FAX:03-3693-0287 所在地<千葉営業所> 〒263-0002 千葉県千葉市稲毛区小深町594-2 連絡先 TEL:043-423-8558 FAX:043-423-8559 所在地<茨城工場> 〒306-0112 茨城県古河市東山田4790-1 連絡先 TEL:0280-78-0222 FAX:0280-78-2777 資本金 5,000万円 創業 1935年 5月 事業内容• 印刷インキ製造・販売• インキメーカー各社製品販売• 印刷用諸材料販売• マルチメディア関連機器販売• 印刷機械、製版・製本機械販売• 合成樹脂着色剤製造 事業活動関連登録 古物商許可書、毒物劇物一般販売業登録、産業廃棄物収集運搬業許可書 エコアクション21認証登録•

次の

太陽ホールディングス[4626]

太陽 インキ

会社概要 太陽インキ機材㈱は1935年に初代社長が、「馬場武三郎商店」としてインキの販売を開始し、以来お陰様で80年超の永きに渡り営業活動を続けさせて頂いております。 これも皆様のご支援・ご指導あればこそと心より感謝申し上げます。 平成23年4月より二代目社長(現会長、馬場修一郎)から社長の座を受け継ぎ、三代目社長として新たな一歩を踏み出しました。 当時は東日本大震災の直後で、インキ・材料等の調達が懸念される最中であり厳しいスタートとなりましたが、社員一丸となり「お客様に極力ご迷惑をお掛けしないよう、この難局を乗り越えて行こう」との決意を新たにし、その思いと共に日々営業活動に従事しております。 「花ならばその香りまでも、風景ならばそこに流れる風までも感じてほしい」そんな思いを伝統と技術に託し、未来へと受け継いで行きたいと考えております。 今後とも、なお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 名称 太陽インキ機材株式会社 代表者 代表取締役社長 馬場教二 所在地<本社> 〒124-0011 東京都葛飾区四つ木4-27-12 連絡先 TEL:03-3693-0222(代) FAX:03-3693-0287 所在地<千葉営業所> 〒263-0002 千葉県千葉市稲毛区小深町594-2 連絡先 TEL:043-423-8558 FAX:043-423-8559 所在地<茨城工場> 〒306-0112 茨城県古河市東山田4790-1 連絡先 TEL:0280-78-0222 FAX:0280-78-2777 資本金 5,000万円 創業 1935年 5月 事業内容• 印刷インキ製造・販売• インキメーカー各社製品販売• 印刷用諸材料販売• マルチメディア関連機器販売• 印刷機械、製版・製本機械販売• 合成樹脂着色剤製造 事業活動関連登録 古物商許可書、毒物劇物一般販売業登録、産業廃棄物収集運搬業許可書 エコアクション21認証登録•

次の

太陽ホールディングス「市場占有率5割のソルダーレジストに留まらず、総合化学企業へ」

太陽 インキ

会社データ 【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・3月上旬にWeb上で説明会を実施する予定です。 詳細につきましては、当社マイページにてご案内します。 企業名 太陽ホールディングス株式会社 (2010. ・さらにはプリント配線板分野で培った要素技術を活かし、電子部品業界をターゲットとして新しい製品分野を開拓することを目指します。 ・新規事業として、医療・医薬品事業等、化学をベースとした事業に取り組み、総合化学企業になることを目指しています。 設立 1953年(昭和28年)9月29日 資本金 93億3,100万円 従業員数 連結1,614名/単体107名(2019年3月現在) 売上高 593億8,900万円(2019年3月期実績) 代表者 代表取締役社長 佐藤 英志 事業所 【本社】 東京都豊島区西池袋1-11-1メトロポリタンプラザビル16階 【嵐山事業所】埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵388番地 <関連企業> 【日本】 太陽インキ製造株式会社 太陽ファインケミカル株式会社 太陽グリーンエナジー株式会社 太陽ファルマ株式会社 太陽ファルマテック株式会社 株式会社マイクロネットワークテクノロジーズ 【台湾】 台湾太陽油墨股フン ニンベンに「分」 有限公司 永勝泰科技股フン ニンベンに「分」 有限公司 【韓国】 韓国タイヨウインキ株式会社 【中国】 太陽油墨 蘇州 有限公司 永勝泰油墨深セン ツチヘンに「川」 有限公司 【アメリカ】 TAIYO AMERICA,INC. 【シンガポール】 TAIYO INK INTERNATIONAL SINGAPORE PTE LTD 【香港】 TAIYO INK INTERNATIONAL HK LTD 【中国】 太陽油墨貿易深セン ツチヘンに「川」 有限公司 【タイ】 TAIYO INK THAILAND CD. ,LTD. 沿革 昭和28年9月 東京都港区芝浜松町において印刷用インキの製造販売を目的に太陽インキ製造 株式会社を設立 昭和45年5月 めっきレジストインキ及びエッチングレジストインキの販売開始 昭和48年5月 エポキシ樹脂系熱硬化型1液性ソルダーレジストインキの開発、販売 昭和57年3月 埼玉県比企郡嵐山町に嵐山工場(現嵐山事業所)設置 昭和59年6月 JPCAショーにて液状現像型ソルダーレジストインキを発表 昭和63年9月 大韓民国に合弁会社「韓国太陽インキ製造株式会社」(現韓国タイヨウインキ株式 会社)を設立。 海外での現地生産を始める 平成2年3月 嵐山事業所に技術開発棟を建設 平成2年9月 店頭登録銘柄として株式を公開 平成2年12月 アメリカ合衆国ネバダ州に販売子会社「TAIYO AMERICA,INC. 」を設立 平成4年3月 東京都練馬区羽沢に本社ビルを建設し、本社移転 平成4年9月 ビルドアップ工法用層間絶縁材料を開発、販売 平成5年1月 BGA(半導体パッケージ基板)用ソルダーレジストインキを開発、販売 平成5年11月 アルカリ現像型ソルダーレジストインキの基本特許、日本で成立 平成6年12月 ISO9001の認証を本社、嵐山事業所、新座事業所で取得 平成7年2月 アメリカの販売子会社「TAIYO AMERICA,INC. 」を製造販売子会社とし、現地生産 開始 平成8年9月 台湾に現地生産子会社「台湾太陽油墨股フン(ニンベンに「分」)有限公司」を設立 平成11年1月 販売子会社「TAIYO INK INTERNATIONAL(SINGAPORE)PTE LTD」 「TAIYO INK INTERNATIONAL(HK)LTD」を設立 平成11年4月 社内カンパニー制を実施 平成12年1月 QS-9000の認証を本社、嵐山事業所で取得 平成12年1月 ISO14001の認証を嵐山事業所で取得 平成13年1月 東京証券取引所市場第一部に上場 平成13年4月 国内主力生産拠点となる嵐山北山事業所を開設 平成13年7月 技術サービス子会社「TAIYO INK(THAILAND)CO. ,LTD. 」を設立 平成13年12月 中国に現地生産子会社「太陽油墨(蘇州)有限公司」を設立 平成15年1月 ISO14001の認証を本社、嵐山北山事業所で取得 平成16年7月 カンパニー制を廃止し、本部制を導入 平成20年6月 中国に現地生産子会社「太陽油墨(中山)有限公司」を設立 平成22年4月 日本を担当する事業部門として「日本太陽カンパニー」を新設 平成22年6月 第64回定時株式総会において、会社分割による持ち株会社制への移行について 承認決議 平成22年10月 会社分割を実施 商号を「太陽ホールディングス株式会社」へ変更 平成25年5月 台湾の事業会社「永勝泰科技股フン ニンベンに「分」 有限公司」の株式を取得し子会社化 平成26年12月 太陽光発電事業子会社「太陽グリーンエナジー株式会社」を設立 平成27年7月 国内の事業会社「中外化成株式会社」の株式を株式交換により取得し子会社化 経営理念 我がグループの「あらゆる技術」を高め、革新的な製品をもって、夢あるさまざまなモノをグローバルに生み出し、楽しい会社を実現します。 経営基本方針 1.我がグループは利益を生み出し企業価値を高めることで、お客様・地域社会・株主及び従業者の幸福と繁栄に寄与します。 2.我がグループは経営理念の達成にあたり法令順守、環境保護、品質管理の徹底、社会貢献を含め企業の社会的責任を全うします。 3.我がグループはグローベル体制を活用し、常に優れた製品とサービスの提供を行います。 4.我がグループは常に従業者が挑戦し成長できる機会を生み出し、自ら目標を立て、その実現に向けて高い志を持つ集団を目指します。 5.我がグループは「スピード&コミュニケーション」をキーワードに、グループ内各社の連携と全員のチームワークを活性化することで、企業総合力を高めます。 6.我がグループは絶えず技術革新に努め、新製品や新事業を創造することで、楽しい社会の実現に貢献できるグローバル企業を目指します。

次の