鬼 滅 の 刃 時 透 無 一郎 死亡。 【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎が死亡!?鬼化!?霞の呼吸強いのに!|大漫画時代

鬼滅の刃|時透無一郎の先祖は鬼だった?真っ二つの死亡シーンについても

鬼 滅 の 刃 時 透 無 一郎 死亡

時透無一郎 鬼殺隊柱の一人 時透は鬼殺隊の柱の一人で霞柱を務めている。 刀を握ってわずか2ヵ月で柱にまで上り詰めるほどの才能を持ち合わせている。 「」でも上位にランクインさせていますが、柱の中でも上位の強さのキャラだと思います。 上弦の伍の玉壺を単独で倒している 時透が刀鍛治の里に立ち寄った時にのとに里を襲われ、時透は単独で上弦の伍の玉壺と戦った。 「上弦のは柱3人分の強さ」と作中で言われているが、時透は一人で玉壺を倒しているあたり柱の中でも上位の強さを持ち合わせていると思われる。 「」にもランクインさせてまして、作中でも強いキャラとして描かれているのかなと思います。 日の呼吸の使い手の末裔 時透はの使い手の末裔であることが判明している。 継国縁壱や継国巌勝の遠い親族だが、長い時間を経る中で今は継国から時透に名前が変わっている。 双子の兄を失っている 剣士の才能溢れる時透だが、生まれは剣士ではなく、人里離れた山の中に住む平凡な家庭だった。 11歳にして両親を失った時透は、その後双子の兄の有一郎とともに暮らすことに。 時が経つと当時産屋敷の御内儀だったあまねが2人を鬼殺隊に誘うが、有一郎が「なにか企んでるに決まってる」と追い返してしまう。 さらに時が経ち、夜寝ていたところを鬼に襲われ有一郎は致命傷を負う。 激しい怒りを覚えた無一郎は我を忘れて鬼を滅多打ちにし、日光で鬼は消滅していったが、致命傷を負い弱り切った有一郎は死んでしまった。 この出来事のせいで心身ともに深いショックを受けた時透は記憶喪失となってしまったが、鬼殺隊に入隊しわずか2ヵ月で柱まで上り詰めるほど強くなっていったのである。 黒死牟戦で死亡 時透は無限城にて上弦の壱のと戦う。 黒死牟との実力差は相当なもので、いきなり左手を切断され追い込まれてしまう。 時透無一郎の強さ 霞の呼吸の使い手 時透は霞の呼吸の使い手。 霞の呼吸はから派生した呼吸で、攻撃の際は霞がかかった霧のようなエフェクトが描かれる。

次の

【鬼滅の刃】179話ネタバレ!玄弥と時透無一郎が死亡確定!マジで?

鬼 滅 の 刃 時 透 無 一郎 死亡

玄弥が黒死牟の髪と刀を喰った事により血鬼術の使用が可能になる。 血鬼術により黒死牟の体から樹を生やし、黒死牟の動きを止めることができたが、黒死牟は体中から刀を生やして斬撃を放つ。 それにより時透は胴から下を切り離される。 拘束から解き放たれた黒死牟は、迫り来る悲鳴嶼と実弥を返り討ちにしようとする。 体を両断されながらも、それを止めようとする時透が日輪等を握ると、刀が赤く染まった。 その時、黒死牟は灼けるような痛みを覚え、体を強張らせていた。 玄弥の助力もあり、黒死牟は技を放つ事が出来ず、悲鳴嶼と実弥により頸を落とされた。 皆と力を合わせる事で黒死牟を倒す事が出来たが、黒死牟が消滅した時には既に時透は息を引き取っていた。 有一郎との邂逅 有一郎と再会した無一郎 黒死牟との戦いで死亡した時透は双子の兄である有一郎と邂逅を果たす。 有一郎は涙を流しながら「こっちに来るな!戻れ!!」と時透を叱りつけた。 時透は涙を流しながら「どうして?僕は頑張ったのに…褒めてくれないの?」と問う。 有一郎はなおも悲しそうな顔で「どうして?こっちが聞きたい。 逃げればよかったんだ。 お前はまだ十四だぞ。 」と話した。 そして「こんな所で死んでどうするんだ?無駄死にだ。 こんなんじゃ何の為にお前が生まれたのかわからないじゃないか。 」と続けた。 そんな有一郎に時透は「僕は幸せになる為に生まれてきたんだ。 兄さんもそうでしょ?違うの?幸せじゃなかった?幸せな瞬間が一度もなかった?僕は幸せだったよ。 家族四人で暮らしていた時も。 」と返した。 時透は「一人ぼっちになってからも、つらいことや苦しいことがたくさんあったけど、仲間ができて僕は楽しかった。 また笑顔になれた。 幸せだと思う瞬間が数え切れない程あったよ。 それでも駄目なの?僕は何からも逃げなかったし、目を逸らさなかったんだ。 仲間の為に命をかけたこと後悔なんてしない。 無駄死になんて言わないで。 他の誰かにならなんて言われてもいい。 でも、兄さんだけはそんなふうに言わないでよ。 」と有一郎に訴えた。 それを聞いた有一郎は、時透を抱きしめながら「ごめん…。 わかってるよ。 だけど俺は、無一郎に死なないで欲しかったんだ…。 無一郎だけは…」といって涙を流した。 そして兄弟は強く抱きしめ合った。 痣が発現すると、寿命を前借りして飛躍的に身体能力を上昇させることが出来る。 時透は上弦の伍である玉壺との戦いで発現させた。 時透は左頬に雲のような紋様の痣が出現する。 一人の剣士が痣を発現させると共鳴するように他の剣士にも痣が現れるとされている。 現代では炭治郎が最初に痣を発現させている。 痣を発現させた者は二十五歳を超えて生きることができないと言われている。 『日の呼吸』の使い手だった継国縁壱だけがその理を超え、二十五歳を超えても生存していた。 透き通る世界 敵の身体を透かして見ることが可能となる。 筋肉の伸縮を見る事が出来るために回避能力が大幅に上昇する。 上弦の壱である黒死牟との戦いで覚醒した。 重傷を負いながらも黒死牟の攻撃を躱して懐に飛び込む事に成功し、黒死牟を驚愕させた。

次の

【鬼滅の刃】時透無一郎のイラストがかわいい!死亡シーンが泣ける【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 時 透 無 一郎 死亡

Contents• 鬼滅の刃176話ネタバレ:前回175話感想考察 ついに黒死牟の頸を落とす方が出来ました! ここまでとても長かったように思います。 時透、玄弥、悲鳴嶼、実弥の全員の力があってこその勝利ですね。 誰一人欠けても勝つことは不可能でした。 黒死牟はかつて縁壱が語った通り、 後に育った子どもたちの手により負けました。 縁壱はこうなることが分かっていたのですね。 生き永らえるために鬼となった黒死牟が、死を受け入れた縁壱の意思を継ぐ子どもたちの手によって負ける。 何とも皮肉な結末ですね。 そしてこの戦いが終わった後にも、 まだ無惨が残っています。 一息つく暇もないでしょう。 時透と玄弥がどんな状態なのかとても気になります。 時透はかなり酷い状態なので、覚悟をしておいた方がいいのでしょうか。 次回の展開も気になりますね。 スポンサードリンク 鬼滅の刃176ネタバレ:獣と化す黒死牟 鉄球を避けた黒死牟を振り返ると、そこに立っていたのは、獣のように口からは牙が生え、その間からヨダレを垂らし荒い息を吐いている。 身体中からは黒くて硬い棘を生やし、その姿は鬼でもない、ただの獣であった。 実弥「頭部を再生しやがったあの野郎!くそやろうがあああ!!」 行冥「攻撃を続けるんだ!まだ頸を切られて間もないから力は弱いはずだ!頸を狙え!」 黒死牟(死を克服した。 もうこれ以上どんな攻撃も無意味だ。 太陽の光以外は。 もうこれで誰にも負けることは…) そう思った瞬間、刀を持ってこちらに向かってくる実弥の姿。 その手にある刀に反射する姿で初めて黒死牟は今の自身の姿を目の当たりにした。 黒死牟(なんだこの…醜悪な姿は…) スポンサードリンク 鬼滅の刃176ネタバレ:縁壱との会話 そして思い返される縁壱との会話。 縁壱「兄上の夢は、この国で一番強い侍になることですか。 僕も兄上のようになりたいです。 僕もこの国で2番目に強い侍になりたいです。 」 黒死牟(これは侍の姿なのだろうか。 これは望んでいた姿だろうか。 ) そう自身の姿と意思を疑った瞬間。 心臓がドクン!と音を立てたと同時に、時透が攻撃した箇所からだんだん体が崩れていった…。 鬼滅の刃176ネタバレ:崩壊 黒死牟(血鬼術を…使えない… まだだ。 まだ再生できるはずだ。 まだ負けてはいない。 ) ————————————————お労しや、兄上。 最後に浮かぶのは老いた縁壱の泣きながらに放ったあの言葉であった。 首を斬られ体が朽ちてもなお敗北を認めない醜悪さ。 生きるのが羞恥だ。 こんなもののために私は何百年も生きたのだろうか。 負けたくなかっただろうか。 醜悪な鬼になりながら強くなりたかったのだろうか。 人を喰らいすらしながらまで、生きたかったのだろうか。 こんな惨めな生き物に成り下がってまで… いいや違う。 私はただ————————————————。 縁壱、 お前になりたかっただけなのだ。 スポンサードリンク 時透の状態 今回の黒死牟からの攻撃により、 時透は胴から真っ二つにされてしまいました。 普通なら即死でしょうが、時透はその状態でもなお、この後の無惨との戦いのことを考えていました。 そして悲鳴嶼と実弥の二人を死なせまいと必死で抗います。 その結果、 時透の刀は赤く染まっていきました。 黒死牟によると、それは縁壱と同じ色だそうですね。 そしてその刀の影響で、黒死牟は激痛で動けなくなりました。 時透のこの攻撃がなければ、黒死牟に勝つことは出来なかったでしょう。 しかし時透は、黒死牟に向かっていった時点で既に 自分が死ぬことはわかっていました。 失血が酷すぎるのです。 さらに腕や脚も失い、もし命を繋ぎとめても、鬼と戦うことは不可能でしょう。 元々それほどの状態でした。 時透もとっくに 死ぬことを受け入れていました。 それでも、と読者としては思ってしまいますよね。 そんな微かな希望も、 今回の攻撃によって切り裂かれてしまったように思います。 もし時透が、玄弥のように鬼の一部を取り込むことで回復できれば、と思ってもみました。 しかしあれは玄弥だから出来ることなのです。 次回、時透がどうなるのか怖いですね。 スポンサードリンク 玄弥の状態は 玄弥も今回の攻撃で上半身を半分にされてしまいました。 こちらも普通なら即死です。 しかし玄弥は、胴を半分にされても生きているのです。 鬼の一部さえ取り込むことが出来れば、今のこの傷もどうにかなるかもしれません。 それでも頸にまで傷が届いている分、今までよりもきつそうですね。 玄弥もまた、時透と同じく黒死牟を足止めしました。 炭治郎の言っていた通り、 風向きを帰ることに成功していたのです。 しかし本人も今回の鬼化で、 自分の異変に不安を感じていました。 これ以上黒死牟を取り込めばどうなってしまうのでしょうか!? 前回までに起こっていた変化は、 身体能力の向上に加え、無惨の声が聞こえるというもの。 これは鬼化の時限定なのでしょうか? もし人間に戻った時にも無惨の声が聞こえ続けるようなら、 それは完全に人間に戻れなくなっていることを表します。 声が聞こえることで無惨の現状を知ることもできると思いますが、それでも自分が人間から離れていくというのは恐ろしいものでしょう。 次回、 玄弥はさらに鬼化を進めるのでしょうか!? その時の実弥の反応も気になりますね。 スポンサードリンク 無惨との戦いは ついに黒死牟を倒すことが出来ました。 いよいよ次は無惨でしょうか。 今無惨の元に向かっているのは、炭治郎や義勇たちです。 まだ戦うことのできる、悲鳴嶼や実弥もすぐに向かうでしょう。 今回の黒死牟との戦いの中で、縁壱は自分たちの意思を継ぐ者たちが産まれて育つ、と言っていたことがわかりました。 黒死牟はまさにその子どもたちに負けたわけですね。 では、 無惨を倒すのは誰でしょうか。 それは今の柱のさらに次の世代、炭治郎、伊之助、善逸、玄弥、カナヲたちでしょう。 もちろん途中までは悲鳴嶼たちが戦うと思います。 しかし とどめを刺すのは新しい世代の子供たちでしょうね。 おそらく無惨はほとんど回復していることでしょう。 そんな無惨と戦うからには、 さらなる犠牲者が出る可能性が高いですね。 鬼殺隊のみんなも、ここまでの戦いで疲弊しきっています。 どのような戦いになるのか、今後の展開にも注目ですね! スポンサードリンク 鬼滅の刃176話ネタバレまとめ 身動きの取れない黒死牟は、 全身から刀を出して攻撃しました。 これにより、時透と玄弥が負傷します。 死ぬ前に何とかせねばと時透は力を込めました。 すると 時透の刀は赤く染まっていき、黒死牟は激痛を感じて動けなくなります。 さらに体内に残ったままの玄弥の弾丸は、黒死牟の血を大量に吸い上げ成長し、技を出せなくしました。 黒死牟は再び何もすることが出来なくなります。 そして悲鳴嶼の鉄球と斧、さらに実弥の追加の攻撃により、 ついに黒死牟の頸が落ちました。 これで4人は 黒死牟に完全に勝つことが出来たのでしょうか!? そして瀕死の時透と玄弥の状態は!? 次回の『鬼滅の刃』第177話を楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の