旅 物語 国内。 JTB旅物語

JTB旅物語

旅 物語 国内

ご旅行条件 旅行日数 3日間 最少催行人員 20名 添乗員 全行程同行いたします。 詳しくはをご確認ください。 旅行条件書は。 詳しくは最終日程表にてご案内します。 また、降車地は、ご連絡なき場合は、乗車地と同一駅となります。 乗降車地の変更をご希望のお客様は、ご出発の6日前までにご連絡をお願いします。 ご出発5日前以降の乗降駅変更は承れません。 該当日が土日祝日となる場合は前日の営業日までとなります。 尚、ご乗車いただくまでの費用はお客様各自でご負担ください。 旅行のお申込みと旅行契約の成立、旅行代金のお支払いについて 当社らは電話、郵便及びファクシミリその他の通信手段による旅行契約の予約お申込みを受付けることがあります。 この期間内に申込金のお支払いがなされない場合、当社はお申込みはなかったものとして取り扱います。 《国内旅行》ご旅行出発日の15日前にあたる日。 (15日目にあたる日が休業日にあたる場合は翌営業日)とします。 《日帰り旅行》ご旅行出発日の8日前にあたる日。 (8日目にあたる日が休業日にあたる場合は翌営業日)とします。 上記ご利用以降に旅行をお申込みの場合は、お申し出のあった日となります。 申込金は、「旅行代金」「取消料」「違約料」のそれぞれの一部または全部として取扱います。 旅行契約は当社が申込金を受理したときに成立するものとします。 申込金を除く旅行代金は、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって、13日目にあたる日より前までに弊社指定の口座にお振り込み下さい。 なお、当社が指定する期日までに申込金の振込みがない場合は予約はなかったものとします。 当社は可能な範囲内でこれに応じます。 なお、お客様からのお申し出に基づき、当社がお客様のために講じた特別な措置に要する費用はお客様の負担とします。 当社は、お申込みいただいた方を契約責任者として契約締結に関する一切の代理権を有しているものとみなし、旅行業務に関する取引を行います。 15才未満の方は保護者の同行を条件とさせていただきます。 旅行契約の解除・払い戻し お客様は次に定める取消料(おひとりにつき)をお支払いいただくことにより、いつでも旅行契約を解除することができます。 ただし契約解除のお申し出は、お申込み店の営業時間内にお受けします。 なお、下表でいう「契約解除の日」とは、お客様が当社の営業日・営業時間内に解除する旨をお申し出いただき、確認したときを基準とします。 ・取消料の対象となる旅行代金は追加代金を含めた代金です。 その場合は、前日から起算して14日前までに、旅行を中止する旨を通知します。 日帰り旅行は4日前までに通知します。 ご旅行に関するお問い合わせ お電話でのお申し込み問い合わせ先 TEL : 06-4709-1007 (国内旅行) TEL : 06-4709-1008 (バスの旅) TEL : 06-4709-1028 (宿泊プラン) 電話番号はおかけ間違いのないようにお願いいたします。 旅行契約等に関してご不明の点がある場合、最終的には取扱管理者が説明いたします。 【旅行企画・実施】 株式会社JTBメディアリテーリング 東京都文京区小日向4-6-15 茗荷谷駅MFビル3階 観光庁長官登録旅行業第1867号.

次の

JTB旅物語(国内旅行)の口コミ、評判、感想|旅行会社研究所

旅 物語 国内

JTB旅物語(国内旅行)の口コミ、評判、感想 「JTB旅物語」を一言で表現すると、「 激安ツアーのJTB版」です。 店舗では扱わない通販商品で、ツアーの値段は格安。 阪急交通社トラピックスなどの激安ツアーのライバル商品と考えればよいでしょう。 設定されているのは定番コースが多いです。 国内版の旅物語は、日程がハードで「弾丸ツアー」の別名も。 海外と違って「安いなり」との声はあまり聞こえませんが、土産物屋に連れて行かれたり、中級以下のホテルに泊まったりする 庶民的なツアーです。 最少催行人員も30人以上の設定が多く、観光バスに定員近く詰め込まれて移動しますので、快適とはいえません。 もちろん、これは旅物語に限った話ではなく、安いツアーとはそういうものです。 日程がきついぶん、安くてもツアーの中身は「濃い」ですから、それはそれで満足できたりするものです。 旅物語は、「 他社の格安ツアーに比べると、ホテルがまとも」という肯定的な声もあります。 ホテル名もあらかじめ決まっているツアーが多く、格安ツアーながらJTB的なクオリティといえるでしょう。 ホテルの格はツアーによって違いますが、「ルートイン」「ハートン」などのチェーン系ビジネスホテルか、それと同レベルが標準的です。 ツアー内容は工夫がこらされていて、ドラマのロケ地に寄ったかと思えば廃線跡を歩くなど、バリエーションに富んでいます。 定番ルートも揃っていて、「企画力はさすがJTB」という感想も。 添乗員に関しては、「当たりはずれが多い」という声を聞きます。 これは推測ですが、安いツアーなので添乗員も経験の浅い人が多いのかもしれません。 ただ、添乗員がよかった、という声も結構多いので、経験が浅くてもがんばって いる添乗員にあたれば、旅は楽しくなりそうです。 コールセンターの評判はまちまちです。 「スムーズに申し込みできた」という人もいれば「できない、無理だの一点張りでうんざり」「態度が横柄すぎる」という声もありました。 ただ、最近はネット申込みが増えているからか、コールセンターに関する感想は減っています。 JTB旅物語(国内旅行)の評判まとめ 旅物語は、JTBが行っている格安ツアーです。 とはいうものの、国内ツアーは、いまや各社が設定する格安ツアーだらけなので、そのなかではJTBの格安ツアーは「上等」なほうに入るのかもしれません。 とくに企画内容のおもしろさならば、旅物語は他社から頭一つ抜けています。 企画力に頼らない定番観光地めぐりの場合は、高いツアーも安いツアーも似たようなものなので、エースJTBなど使わずに、旅物語で十分かも。 ただ、ホテルは普通のビジネスホテルが多いですから、情緒はあまりないですね。 エースJTBのような、高級温泉旅館に泊まるプランはほとんどありません。 通販ですから店舗では扱っていませんし、クレジットカードも事実上使えません。 ですから旅物語に「JTB的なもの」を求めるのは妥当ではありません。 そのぶん安さは魅力ですから、観光バスにぎゅうぎゅうに詰められても気にならないなら、選んでみる価値はあります。 会社が倒産したりなどという心配をしなくてもいいのがJTBのいいところ。 そういう意味での安心感もあります。 格安の理由を理解して利用すれば、気分よく旅をすることができるでしょう。 主観が混じっていますので、ご了承下さい。

次の

JTB旅物語 首都圏発|国内催行ニュース

旅 物語 国内

JTB旅物語(国内旅行)の口コミ、評判、感想 「JTB旅物語」を一言で表現すると、「 激安ツアーのJTB版」です。 店舗では扱わない通販商品で、ツアーの値段は格安。 阪急交通社トラピックスなどの激安ツアーのライバル商品と考えればよいでしょう。 設定されているのは定番コースが多いです。 国内版の旅物語は、日程がハードで「弾丸ツアー」の別名も。 海外と違って「安いなり」との声はあまり聞こえませんが、土産物屋に連れて行かれたり、中級以下のホテルに泊まったりする 庶民的なツアーです。 最少催行人員も30人以上の設定が多く、観光バスに定員近く詰め込まれて移動しますので、快適とはいえません。 もちろん、これは旅物語に限った話ではなく、安いツアーとはそういうものです。 日程がきついぶん、安くてもツアーの中身は「濃い」ですから、それはそれで満足できたりするものです。 旅物語は、「 他社の格安ツアーに比べると、ホテルがまとも」という肯定的な声もあります。 ホテル名もあらかじめ決まっているツアーが多く、格安ツアーながらJTB的なクオリティといえるでしょう。 ホテルの格はツアーによって違いますが、「ルートイン」「ハートン」などのチェーン系ビジネスホテルか、それと同レベルが標準的です。 ツアー内容は工夫がこらされていて、ドラマのロケ地に寄ったかと思えば廃線跡を歩くなど、バリエーションに富んでいます。 定番ルートも揃っていて、「企画力はさすがJTB」という感想も。 添乗員に関しては、「当たりはずれが多い」という声を聞きます。 これは推測ですが、安いツアーなので添乗員も経験の浅い人が多いのかもしれません。 ただ、添乗員がよかった、という声も結構多いので、経験が浅くてもがんばって いる添乗員にあたれば、旅は楽しくなりそうです。 コールセンターの評判はまちまちです。 「スムーズに申し込みできた」という人もいれば「できない、無理だの一点張りでうんざり」「態度が横柄すぎる」という声もありました。 ただ、最近はネット申込みが増えているからか、コールセンターに関する感想は減っています。 JTB旅物語(国内旅行)の評判まとめ 旅物語は、JTBが行っている格安ツアーです。 とはいうものの、国内ツアーは、いまや各社が設定する格安ツアーだらけなので、そのなかではJTBの格安ツアーは「上等」なほうに入るのかもしれません。 とくに企画内容のおもしろさならば、旅物語は他社から頭一つ抜けています。 企画力に頼らない定番観光地めぐりの場合は、高いツアーも安いツアーも似たようなものなので、エースJTBなど使わずに、旅物語で十分かも。 ただ、ホテルは普通のビジネスホテルが多いですから、情緒はあまりないですね。 エースJTBのような、高級温泉旅館に泊まるプランはほとんどありません。 通販ですから店舗では扱っていませんし、クレジットカードも事実上使えません。 ですから旅物語に「JTB的なもの」を求めるのは妥当ではありません。 そのぶん安さは魅力ですから、観光バスにぎゅうぎゅうに詰められても気にならないなら、選んでみる価値はあります。 会社が倒産したりなどという心配をしなくてもいいのがJTBのいいところ。 そういう意味での安心感もあります。 格安の理由を理解して利用すれば、気分よく旅をすることができるでしょう。 主観が混じっていますので、ご了承下さい。

次の