アーキテクチャ。 Oracle DatabaseとMySQLは「何」が違うのか 「アーキテクチャの違い」を理解する (1/3):実践 OSSデータベース移行プロジェクト(2)

アーキテクチャとは?本来の意味とIT用語をわかりやすく説明

アーキテクチャ

これから、の中で architectus(アルキテクトゥス)というを使った。 この語は「architectura」(アルキテクトゥーラ)と変化し、これからおそらくはを経由し、英語の architecture(アーキテクチャ)になった。 建築 [ ] でアーキテクチュアとは建築の様式のこと。 建築物のや設計法工法を含めた全体を意味する用語であるが、や等もarchitectureで、にarchitectureを造家学、neder architectureを造船学、やlandscape gardeningを、と和訳していた。 の『』は世界初の建築の専門的理論書であるとされ、その思想性は現代においてもたびたび参照されている建築原典である。 このことからアーキテクチュアという言葉に思想性、または設計思想といった意味の含みがもたらされたとされる。 コンピュータ [ ] 詳細は「」を参照 分野では、がでこの用語を使用し、以後は広く使用されるようになった(詳細は)。 具体的には、等の仕様、の、命令であるへのコマンドが、一般購入も可能なとして出版された。 その後、コンピュータに関する構造や設計全般に「アーキテクチャ」の語が使われるようになり、また歴史を遡り「アーキテクチャ」や「アーキテクチャ」などにも使われているが、これらは当初からシリーズ化や上位互換を意図して標準化・文書化されたものではなく、のなどは特定の実装を含んでいる。 日本語では「設計思想」などと意訳されることもある。 更には実装を含んだ意味、特定のコンピュータまたはコンピュータシリーズの共通仕様、あるいは企業や組織における採用技術標準化などの意味でも使用されており、代表的な用語には以下がある。 自動車 [ ] 自動車産業では1970年代から始まった『複数車両で共有される構成部品のセット』という考え方をとよび、より技術的な側面からはこれを『車両アーキテクチャ』ともよんでいる。 社会思想 [ ] 人間の行為を制約したりある方向へ誘導したりするようなウェブサイトやウェブコミュニティの構造、あるいは実際の社会の構造もアーキテクチャと呼ぶ。 は著書『マクドナルド化する社会』において、アーキテクチャの具体例としての硬いイスをあげている。 客を長居させず、それによって回転率を上げるような設計になっている。 取締りと刑罰によって行動を制約する(法律)、道徳を社会の全員に教え込んで行動を制約する(規範)、課税や補助金などで価格を上下させて行動を誘導する(市場)といった手法のほかに人間の行動を制約する手法として、社会の設計を変えることで社会環境の物理的・生物的・社会的条件を操作し人間の行動を誘導するという、「アーキテクチャによる制約」が考えられる。 社会の仕組みを変え、ある選択肢を選びやすくする・ある行動を採ることが不快になるようにするといった環境に変えることにより、社会の成員が自発的に一定の行動を選ぶように誘導し、取り締まりを行ったり子供たちに規範を教育するよりも安いコストで社会を管理することができる。 経済学 [ ] の分野で、「選択アーキテクチャー」という言葉が使われている。 経営戦略 [ ] 最新のの分野では、アーキテクチャ を産業連関のビジネスモデル、構成、仕組み、構造、構築という意味で使われている。 システムより上位概念である。 昨今のネットワーク化した社会においてのも、アーキテクチャである。 アーキテクチャの視点で経営戦略を構築する必要が出てきた。 アーキテクチャは、ビジネスアーキテクチャとテクノロジーアーキテクチャからなっている。 ビジネスアーキテクチャは顧客のプロセスやバリューチェーンを意味する。 テクノロジーアーキテクチャは、データ、ソフトウェア、ハードウェアを指す。 脚注 [ ] [].

次の

エンタープライズアーキテクチャ(EA)とは

アーキテクチャ

概要 ソフトウェアのアーキテクチャの種類について調べようとすると、アーキテクチャパターンという用語に遭遇する。 似た表現としてデザインパターン、アーキテクチャスタイルなどがあるため、混乱してしまう人もいるだろう。 本記事ではソフトウェアにおけるアーキテクチャパターンという言葉の定義を検証してみる。 なお、アーキテクチャスタイルについてはで検証している。 パターン pattern とは 語源はラテン語のpatronus。 patronの綴りがpatarne,patternなどと変わっていき、最終的にpatronとpatternが独立した2語になった。 ソフトウェアのアーキテクチャパターンとは によると、アーキテクチャパターンとは「ソフトウェアアーキテクチャで発生する問題の解決策」と説明されている。 ソフトウェアのアーキテクチャパターンの例 やには下記が挙げられている。 - 階層化 - パイプアンドフィルター - ブラックボード - キャッシュサーバー - MVC Model-View-Controller - PAC person-abstract-controll - マイクロカーネル - リフレクション - webプレゼンテーション - ドメインロジック デザインパターンとの違い ソフトウェアの世界ではアーキテクチャパターンと似たデザインパターンという用語もよく利用される。 よってソフトウェア開発においては、デザインパターンもアーキテクチャパターンも同じ意味を表す用語として捉えて良いと思われる。 建築のアーキテクチャパターンとの比較 建築ではアーキテクチャパターン、もしくはArchitectural Patternではなく、という言葉で定義されている。 wikipediaによると、建築におけるPatternとは「建築設計のアイデアを典型的かつ再利用可能な記述として取り込む考え方である。 」と説明されている。 結論 アーキテクチャパターンと似た表現であるアーキテクチャスタイルという言葉の定義についてはで検証している。 結論としては、アーキテクチャパターンもアーキテクチャスタイルも言葉の意味するものはほとんど変わらないと思われる。 ただし、インターネット検索や出版されている書籍を調べると、アーキテクチャスタイルよりもアーキテクチャパターンという表現の方が多く利用されている印象がある。 これを考慮すれば、アーキテクチャスタイルもパターンも一纏めにしてアーキテクチャパターンで表現しても問題ないように思われる。

次の

ネットワークインフラエンジニアから見た5Gシステム:第3回 3GPP SA2における標準化 - 5Gコアネットワーク・アーキテクチャ -|伊藤忠テクノソリューションズ

アーキテクチャ

チックタック戦略 「チックタック(Tick-Tock)戦略」とは、Intelの基本開発方針を指す言葉です。 CPUやGPU、メモリなどの半導体は、非常に細い線で繋がれて回路が作られますが、この線の幅のことをといいます。 プロセスルールが微細化されることによりチップが小型化されたり、逆にサイズが同じなら回路の規模を大きくしたりすることが可能になりますので、性能アップに繋がるのです。 一般的には、性能というよりは機能の追加という意味で、タックの方がより大きな変化になります。 ただし、微細化が困難になってきたことなどもあって、現在は「最適化」と呼ばれる「改良型」のステージが追加されて、「チック、タック、最適化」の「3ステージ」による開発方針に変わっています。 他にも「Pentium(ペンティアム)」や「Celeron(セレロン)」といったブランドが存在しますが、世代(アーキテクチャ)はCoreブランドを中心としていますので、世代が改まる度にCoreブランドの世代の数字を1つ進めるという形を取っています。 さて、前項の「チック、タック、最適化」の概念に合わせると、各アーキテクチャの関係は上記の表のようになります。 「ベースアーキテクチャ」とありますが、これは正式な名称ではなく、タック世代によるアーキテクチャの刷新があるまでは、基本的な設計は大きくは変わらないことを表しています。 つまり、チック世代と最適化世代は、タック世代のアーキテクチャの改良版であることを示している訳です。 純粋なチックタック戦略が用いられていたのは、「Broadwell世代」までです。 また、「Skylake世代」までは「1世代1アーキテクチャ」でしたが、「Kaby Lakeアーキテクチャ」からは「複数の世代」にまたがるようになりました。 正確にいうと、「第8世代Core」の「Kaby Lake」は「Kaby Lake Refresh」、「第9世代Core」の「Coffee Lake」は「Coffee Lake Refresh」という名前の改良型アーキテクチャです。 いずれにせよ、Skylakeアーキテクチャは、何と「(ベースとして)5世代」に渡って使われるという息の長いアーキテクチャになっているのです。 そういった事情もあって、性能面から見ると「1コア当たりの性能」は、近年はずっとわずかな伸びに留まっています。 しかし、「コア数」は増加されたため、トータル性能ではそれなりに大きな向上を見せています。 そして、最新の「第10世代Core」に関してですが、これは大まかにいって2つの系統に分かれています。 1つは旧来の「Skylakeアーキテクチャベース」となる「Comet Lake」で、前世代の「Coffee Lake」と大きな違いはありません。 もう1つはSkylakeを刷新する新アーキテクチャ、「Sunny Cove(サニーコーヴ)アーキテクチャベース」の「Ice Lake」で、Comet Lakeとは異なるコンセプトを持っています。 Ice Lakeは「AIやマルチメディア向け」で、「CPU性能をやや抑え、GPU性能に振ったアーキテクチャ」なのです。 これらが全てのアーキテクチャという訳ではありませんが、大枠では以上がIntelの近年のCPUアーキテクチャになります。 アーキテクチャ 世代 開発コードネーム コンセプト Skylake 第6世代 Skylake-X ハイエンド デスクトップ向け Skylake-S デスクトップ向け Skylake-H 高TDPノート向け Skylake-U 低TDPノート向け Skylake-Y 超低TDPノート向け Kaby Lake 第7, 8世代 Kaby Lake-X ハイエンド デスクトップ向け Kaby Lake-S デスクトップ向け Kaby Lake-H 高TDPノート向け Kaby Lake-U 低TDPノート向け Kaby Lake-R 低TDPノート向け 第8世代 Kaby Lake-Y 超低TDPノート向け Kaby Lake-G Radeon RX Vega M Graphics 搭載ノート向け Coffee Lake 第8, 9世代 Coffee Lake-S デスクトップ向け Coffee Lake-S Refresh デスクトップ向け 第9世代 Coffee Lake-H 高TDPノート向け Coffee Lake-U 低TDPノート向け Coffee Lake-H Refresh 高TDPノート向け 第9世代 Comet Lake 第10世代 Comet Lake-S デスクトップ向け Comet Lake-H 高TDPノート向け Comet Lake-U 低TDPノート向け Comet Lake-Y 超低TDPノート向け Ice Lake 第10世代 Ice Lake-U 低TDPノート向け この表に全ての開発コードネームが載っているとは限りませんので、ご了承下さい。 特に、「Kaby Lake世代」以降は、区分が細かくなりましたので、参考程度に留めておくのが良いかもしれません。 かつてはコンセプトごとに独立した名前を付けていた開発コードネームですが、近年の命名規則は非常に合理的になっています。 まず、コンセプトの最大の違いである「デスクトップ向け」と「ノート向け」に分けられます。 そして、それぞれをさらに細かく区切るのですが、基本的にコードネームは「アーキテクチャ名」と「-(ハイフン)」の後ろに「アルファベット1文字」が付くという形になっています。 デスクトップ向けについては、末尾に「-X」が付く「ハイエンド版」と「-S」が付く「通常版」の2種類のみとなっています。 ノート向けについては、TDPによって分けられているのですが、コードネームの末尾は「プロセッサナンバーのサフィックス」に一致していますので、非常にわかりやすくなっています。 しかし、真ん中に相当する「-U」は、「28W」のタイプと「15W」のタイプの2種類が存在するのですが、これは数世代変わっていないため• 高TDPノート H ・・・TDPが「28Wより高い」• 低TDPノート U ・・・TDPが「15Wか28W」• 超低TDPノート Y ・・・TDPが「15Wより低い」 という解釈で良いかと思われます。 3 125W UHD 630 Core i9-10900KF - Core i9-10900 2. 2 65W UHD 630 Core i9-10900F - Core i9-10900T 1. 1 125W UHD 630 Core i7-10700KF - Core i7-10700 2. 8 65W UHD 630 Core i7-10700F - Core i7-10700T 2. 8 125W UHD 630 Core i5-10600KF - Core i5-10600 3. 8 65W UHD 630 Core i5-10600T 2. 0 35W Core i5-10500 3. 5 65W Core i5-10500T 2. 8 35W Core i5-10400 2. 3 65W Core i5-10400F - Core i5-10400T 2. 6 65W UHD 630 Core i3-10300 3. 4 Core i3-10300T 3. 9 35W Core i3-10100 3. 3 65W Core i3-10100T 3. 3 45W UHD Core i9-10885H 2. 1 Core i7-10750H 2. 6 45W UHD Core i5-10300H 2. 4 15W UHD Core i5-10210U 1. 7 15W Iris Plus Core i5-1035G4 1. 7 Core i5-1035G1 1. 0 95W UHD 630 Core i9-9900KF - Core i9-9900 3. 0 65W UHD 630 Core i9-9900T 2. 9 95W UHD 630 Core i7-9700KF - Core i7-9700 3. 7 65W UHD 630 Core i7-9700F - Core i7-9700T 2. 6 95W UHD 630 Core i5-9600KF - Core i5-9600 3. 6 65W UHD 630 Core i5-9600T 2. 9 35W Core i5-9500 3. 4 65W Core i5-9500F - Core i5-9500T 2. 7 35W UHD 630 Core i5-9400 2. 1 65W Core i5-9400F - Core i5-9400T 1. 6 91W UHD 630 Core i3-9350KF - Core i3-9320 3. 4 62W UHD 630 Core i3-9300 3. 3 Core i3-9300T 3. 8 35W Core i3-9100 3. 2 65W Core i3-9100F - Core i3-9100T 3. 0 45W UHD 630 Core i9-9880H 2. 6 45W UHD 630 Core i7-9750H 2. 3 45W UHD 630 Core i5-9300H 2. 0 95W UHD 630 Core i7-8700K 3. 7 Core i7-8700 3. 6 65W Core i7-8700T 2. 3 95W Core i5-8600 3. 3 65W Core i5-8600T 2. 7 35W Core i5-8500 3. 1 65W Core i5-8500T 2. 5 35W Core i5-8400 2. 0 65W Core i5-8400T 1. 8 45W UHD 630 Core i7-8850H 2. 3 Core i7-8750H 2. 1 Core i7-8700B 3. 1 65W UHD 630 Core i5-8400B 2. 2 45W Core i5-8300H 2. 0 Core i5-8269U 2. 2 28W Iris Plus 655 Core i5-8259U 2. 2 15W UHD 620 Core i7-8550U 1. 0 Core i5-8350U 1. 6 Core i5-8250U 1. 6 15W UHD 620 Core i5-8265U 1. 9 Pentium Gold 5405U 2. 5 91W HD 630 Core i7-7700 3. 2 65W Core i7-7700T 2. 2 91W HD 630 Core i5-7600 3. 1 65W Core i5-7600T 2. 7 35W Core i5-7500 3. 8 65W Core i5-7500T 2. 3 35W Core i5-7400 3. 5 65W Core i5-7400T 2. 1 45W HD 630 Core i7-7820HQ 2. 9 Core i7-7820HK 2. 9 Core i7-7700HQ 2. 0 15W Iris Plus 640 Core i7-7600U 2. 9 HD 620 Core i7-7567U 3. 0 28W Iris Plus 650 Core i7-7560U 2. 8 15W Iris Plus 640 Core i7-7500U 2. 5 15W HD 620 Core i5-7287U 3. 7 28W Iris Plus 650 Core i5-7267U 3. 5 Core i5-7260U 2. 4 15W Iris Plus 640 Core i5-7200U 2. 1 HD 620 Core i3-7167U 2. 9 65W Iris Pro 580 Core i7-6700K 4. 2 91W HD 530 Core i7-6700 3. 0 65W Core i7-6700T 2. 8 65W Iris Pro 580 Core i5-6600K 3. 9 91W HD 530 Core i5-6600 3. 9 65W Core i5-6600T 2. 5 35W Core i5-6585R 2. 6 65W Iris Pro 580 Core i5-6500 3. 6 HD 530 Core i5-6500T 2. 1 35W Core i5-6402P 2. 4 65W HD 510 Core i5-6400 2. 3 HD 530 Core i5-6400T 2. 7 45W Iris Pro 580 Core i7-6920HQ 2. 8 HD 530 Core i7-6870HQ 2. 6 Iris Pro 580 Core i7-6820HQ 2. 6 HD 530 Core i7-6820HK 2. 6 Core i7-6770HQ 2. 5 Iris Pro 580 Core i7-6700HQ 2. 4 15W Iris 540 Core i7-6650U 2. 4 Core i7-6600U 2. 4 HD 520 Core i7-6567U 3. 6 28W Iris 550 Core i7-6560U 2. 2 15W Iris 540 Core i7-6500U 2. 2 45W Iris Pro 580 Core i5-6300HQ 2. 0 15W HD 520 Core i5-6287U 3. 5 28W Iris 550 Core i5-6267U 2. 3 Core i5-6260U 1. 9 15W Iris 540 Core i5-6200U 2. 8 HD 520 Core i3-6167U 2.

次の