ぴこ 速報。 大阪ガス、家庭用ガス警報器にインターネット接続機能を搭載したツナガルde警報器「スマぴこ」を発売 :日本経済新聞

大阪ガス、家庭用ガス警報器にインターネット接続機能を搭載したツナガルde警報器「スマぴこ」を発売 :日本経済新聞

ぴこ 速報

年明けにサッカー元日本代表選手との〝ただならぬ関係〟がウワサされたが、今回はそれとは別。 仮にAとした場合、男性の特徴は「大手事務所所属」「男性グループ」「30代」「ミュージシャン」「ラップする」「俳優活動もしている」「イケメン」だ。 芸能関係者が声をひそめて明かす。 「この条件のほとんどを満たすのが、『嵐』の櫻井翔です。 ジャニーズという業界最大手事務所で嵐という男性グループ。 歌も演技もする。 これだけならば嵐の他のメンバーも当てはまりますが、櫻井が疑われる要素はラップ。 ラップのインパクトが強いから、疑惑の目が向けられるようになりました」と芸能プロ関係者。 あまりにもAの条件と櫻井が符合するため、一時は業界内でも本気で疑う人が続出したほど。 発端は16日放送の『news zero』(日本テレビ系)で東京女子医科大学病院に勤務する20代の女性看護師が語った内容。 同病院は、医師や看護師などの医療従事者への夏のボーナスを全額カットしたとして約400人の看護師が退職の意向を表明したことが報じられている。 自ら志願して「コロナ病棟」で働くことになったが、過酷な勤務状況にも関わらず給料は下がってしまったとし、「危険手当もでない、ボーナスもでないっていうのは看護師をバカにしてるとしか思えない」「命を削って働いたのに手取り14万円はひどいなと思った。 生活していけない」とショックを受けたという。 感染対策のため勤務形態が変わって夜勤手当などが減り、月の手取りは寮費を除いて14万円になったようで、以前の給料から約3万円減…といった内容が語られた。 女性によれば「本当につらい。 今すぐやめたい」と涙ながらに話す看護師は少なくないようだ。 これを受け、ツイッターで「手取り14万」がトレンドに浮上。 「やりがいだけで人は働けないということからいい加減目を逸らさないでくれって思う」「医療従事者がお金を貰えないなんておかしい」「14万円で生活なんてできる気がしない」といった同情や怒りの声が相次いでいる。 「脅迫論証」とは、パワハラ上司の決め台詞である「俺の言うことが聞けないんだったら辞めてもらうしかない」といった発言です。 この台詞のどこが卑劣かというと、冷静に考えれば指示に従わなくても社内規定に照らし合わせて辞める必要などないのに、あたかも「従うか辞めるかの2つしか選択肢がない」ように錯覚させ、相手を服従させようとする点にあります。 「ここで土下座しなかったら社長にクレームをつけるぞ」とか「私の診断に異論があるなら退院してもらって結構」といった発言も同様。 前者はカスハラ(カスタマーハラスメント)、後者はドクハラ(ドクターハラスメント)と呼ばれるものです。 この脅迫論証は、各種ハラスメントやヘイトスピーチと親和性が高く、とにかくマウンティングをしたがる人が頻繁に使用する傾向があります。

次の

ぱぴぷ速報

ぴこ 速報

年明けにサッカー元日本代表選手との〝ただならぬ関係〟がウワサされたが、今回はそれとは別。 仮にAとした場合、男性の特徴は「大手事務所所属」「男性グループ」「30代」「ミュージシャン」「ラップする」「俳優活動もしている」「イケメン」だ。 芸能関係者が声をひそめて明かす。 「この条件のほとんどを満たすのが、『嵐』の櫻井翔です。 ジャニーズという業界最大手事務所で嵐という男性グループ。 歌も演技もする。 これだけならば嵐の他のメンバーも当てはまりますが、櫻井が疑われる要素はラップ。 ラップのインパクトが強いから、疑惑の目が向けられるようになりました」と芸能プロ関係者。 あまりにもAの条件と櫻井が符合するため、一時は業界内でも本気で疑う人が続出したほど。 発端は16日放送の『news zero』(日本テレビ系)で東京女子医科大学病院に勤務する20代の女性看護師が語った内容。 同病院は、医師や看護師などの医療従事者への夏のボーナスを全額カットしたとして約400人の看護師が退職の意向を表明したことが報じられている。 自ら志願して「コロナ病棟」で働くことになったが、過酷な勤務状況にも関わらず給料は下がってしまったとし、「危険手当もでない、ボーナスもでないっていうのは看護師をバカにしてるとしか思えない」「命を削って働いたのに手取り14万円はひどいなと思った。 生活していけない」とショックを受けたという。 感染対策のため勤務形態が変わって夜勤手当などが減り、月の手取りは寮費を除いて14万円になったようで、以前の給料から約3万円減…といった内容が語られた。 女性によれば「本当につらい。 今すぐやめたい」と涙ながらに話す看護師は少なくないようだ。 これを受け、ツイッターで「手取り14万」がトレンドに浮上。 「やりがいだけで人は働けないということからいい加減目を逸らさないでくれって思う」「医療従事者がお金を貰えないなんておかしい」「14万円で生活なんてできる気がしない」といった同情や怒りの声が相次いでいる。 「脅迫論証」とは、パワハラ上司の決め台詞である「俺の言うことが聞けないんだったら辞めてもらうしかない」といった発言です。 この台詞のどこが卑劣かというと、冷静に考えれば指示に従わなくても社内規定に照らし合わせて辞める必要などないのに、あたかも「従うか辞めるかの2つしか選択肢がない」ように錯覚させ、相手を服従させようとする点にあります。 「ここで土下座しなかったら社長にクレームをつけるぞ」とか「私の診断に異論があるなら退院してもらって結構」といった発言も同様。 前者はカスハラ(カスタマーハラスメント)、後者はドクハラ(ドクターハラスメント)と呼ばれるものです。 この脅迫論証は、各種ハラスメントやヘイトスピーチと親和性が高く、とにかくマウンティングをしたがる人が頻繁に使用する傾向があります。

次の

大阪ガス、家庭用ガス警報器にインターネット接続機能を搭載したツナガルde警報器「スマぴこ」を発売 :日本経済新聞

ぴこ 速報

インターネット接続機能を搭載した都市ガス用の家庭用ガス警報器としては日本初になります。 また本日、大阪市(市長:松井一郎)と「災害情報等の提供に係る協定書」(以下「協定書」)、大阪府警察(生活安全部長:木久)と「防犯情報等の提供に係る協定書」(以下「協定書」)を締結しました。 協定書に基づき、日本で初めて災害や防犯の情報を警報器から発話させることで、お客さま宅の安心安全の向上に寄与していきたいと考えています。 家庭用ガス警報器は、万一のガス漏れや、不完全燃焼による一酸化炭素(以下CO)を検知し警報する商品です。 今回の新製品では、家庭用ガス警報器にインターネット接続機能を付加することで、様々な情報を音声やメールでお知らせすることが可能になりました。 例えば、昨今、防災ニーズが高まる中で、お住まいの地域に発信されている災害情報や気象警報を音声でお知らせすることで、お客さまの安心安全な生活に貢献します。 また、時間や曜日など、あらかじめ設定したタイミングで天気予報をお知らせしたり、「スマぴこ」に搭載された人感センサーが、家族の帰宅を感知してメール通知するサービスなどをご利用いただけます。 これらのサービスは、お客さま自身で選択することができます。 大阪府警察からは、防犯情報「安まちメール」を受信し、「スマぴこ」からその内容を発話いたします。 当社は大阪市、大阪府警察と災害や防犯の情報発信について連携し、お客さま宅の安心安全の向上に取り組むとともに、暮らしとビジネスの"さらなる進化"のお役に立つ企業グループを目指して、今後も商品やサービスの開発を行ってまいります。 *以下は添付リリースを参照 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。 添付リリース.

次の