木村拓哉 教場。 木村拓哉主演『教場』キャスト発表、小日向文世「今まで見たことのない木村君」

木村拓哉主演『教場』キャスト発表、小日向文世「今まで見たことのない木村君」

木村拓哉 教場

木村拓哉さん主演ドラマ『BG~身辺警護人~ 第2章』(テレビ朝日系 木曜21時)が2ヶ月遅れで18日からスタートし、現時点で今期の民放ドラマでトップとなる 初回平均世帯視聴率は17. 0%(個人視聴率9. 4%)を記録、25日放送の 第2話も平均14. 8%(同7. 9%)と好視聴率をキープしています。 2018年に放送された前作に続き、続編も視聴者の間で評判が良いようで、前作は初回15. 7%、最終回は17. 3%で、全9話の期間平均視聴率は15. 2%でしたが、これを上回る可能性もありそうです。 木村拓哉さんはかつて、ドラマや映画で続編モノはやらない主義とも言われていましたが、『HERO』シリーズ(フジテレビ系)で解禁されたようで、『BG』の続編もスタートしました。 これに加えて、今年の正月に放送され反響を呼んだスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)、昨年1月公開の映画『マスカレード・ホテル』の続編制作が決定したとの情報を複数のメディアが報じています。 『教場』は今年1月に2夜連続で前後編が放送され、第1夜が平均15. 3%、第2夜は15. 0%と好視聴率を記録し、木村拓哉さんが髪を白く染め、冷徹無比な鬼教官役を演じきり、生徒役の演技も良かったことで放送終了後から続編を希望する声が多く上がっていました。 後編の終わりには、新たな生徒役として三浦貴大さん、伊藤健太郎さん、上白石萌歌さん、佐久間由衣さんが登場し、続編があることを感じさせるラストになっていたのですが、週刊誌『女性自身』は、 今年夏から秋にかけて『教場2』の撮影が内定していると伝えています。 『日刊大衆』や『週刊文春』は、 『教場2』の放送日は来年の正月を予定しているとしています。 『日刊大衆』によれば、 『マスカレード・ホテル』の続編は来年1~2月にクランクインすることが決まっているといい、 「新型コロナウイルスの影響で多少時期はズレる可能性もありますが、2022年の正月映画として公開されることになるのではないでしょうか。 」と、映画製作会社関係者が推測しています。 『マスカレード・ホテル』の続編話は1月にも『週刊女性』が報じており、ヒロインの長澤まさみさんのスケジュール調整ができ次第、制作に入る予定としていました。 このように複数のメディアが報じていることから、『教場』と『マスカレード・ホテル』の続編制作はほぼ確定とみられ、木村拓哉さんのメディア露出は今後も続きそうです。 木村拓哉さんの演技に対しては現在も厳しい声がありますが、『教場』などの作品で新境地に挑戦し演技の幅を広げており、それによって評価も徐々に上がってきている様子で、俳優としてのさらなる活躍に期待したいですね。

次の

木村拓哉『教場』“義眼”カリスマ教官新ビジュアル公開

木村拓哉 教場

木村拓哉主演で、1月4・5日に放送された新春SPドラマ「教場」(フジテレビ系)が、前編が15. 3%、後編が15. 0%と、ともに高視聴率をマークした。 昨秋のクールの主演連ドラ「グランメゾン東京」(TBS系)での最高視聴率は最終回で16. 4%と大躍進したものの、全11話を通しての平均視聴率は10%~14%台だっただけに「教場」の数字は、「平成の視聴率男」復活の勢いを感じさせる結果だった。 「『教場』は一貫して硬派なドラマで、ネット上では《正月に家族で観るのには、少し重い内容ではないか》と不安視されていましたが、お笑いやバラエティ番組に飽きているタイミングで視聴者たちに、うまく刺さった。 《キムタクはラブストーリーよりこういうドラマのが合ってるかも》といった声も見られました」(芸能ライター) 劇中では、木村演じる警察学校の教官・風間公親は、白髪で、義眼のため色眼鏡をかけている、という設定の容貌だったが、この木村の姿には〈新境地の開拓のための苦肉の策では?〉などの声もあがるなど、事前の評判は決して良いものばかりではなかった。 そのため、むしろ風間の生徒役たちの個性が個々に光るものになり、ドラマ全体にも鬼気迫るような迫力が出た印象です」(前出・芸能ライター) 生徒役では、大島優子、葵わかな、そして、好意を持っている風間を誘惑するほど容姿には自信を持っているという設定の菱沼羽津希を演じた川口春奈と、アイドル的な容姿の女性陣が顔をそろえ好演。 実家の都合で警察官の夢をあきらめる時の嗚咽、警察学校をひとりで去る際の止まらない大粒の涙。 川口扮する菱沼に武術の訓練で見せた厳しい表情から一転、劇中ラストに見せた、実家の家業である旅館の女将として見せた落ち着き、さらに飛び切りの笑顔と着物姿には、そこはかとなく色香さえありました。 少々ぽっちゃり体型で、容姿でファンを引き込むタイプではないが、きっと今後のドラマ界で頭角を現していくはずですよ」(前出・芸能ライター) いずれにせよ、今後の木村は、TBS系とテレビ朝日系で隔年ごとに連ドラの主演が決まっているという話も伝わっている。 しかし、フジ系で放送されたこの「教場」も連ドラ化するのでは?との見方も出るほど、大きなインパクトを視聴者に残せたことは間違いないようだ。 (島花鈴).

次の

木村 拓哉さんインタビュー | フジテレビ開局60周年特別企画 教場

木村拓哉 教場

「娘さんたちが作ってくれる手料理の量が思いのほか多いんだそうです(笑)。 でも『BG』に備えて体形は維持しないといけない。 自宅のトレーニングルームで筋肉がつきすぎない程度にトレーニングをする日々だったといいます」 テレビ局関係者がそう語るのは、木村拓哉(47)の自粛生活の様子。 「今年1月に放送された木村さんのドラマ『教場』を担当したフジテレビの男性プロデューサーが急死したんです。 43歳という若さでした。 自宅で過ごしていた木村さんは、知らせを聞いて言葉を失ったそうです」(フジテレビ関係者) 『教場』は年始に2夜連続で放送されたスペシャルドラマだ。 「冷徹で鬼のような警察学校のカリスマ教官を、木村さんが白髪に義眼というビジュアルで熱演。 視聴率も15%台をマークしています」(テレビ誌ライター) 本作の現場は「待ち時間に椅子の背もたれを使う出演者がいなくなった」と、木村自身が話すほどの緊張感だったという。 「クランクイン前に警察学校の生徒役キャストが集められた訓練では、木村さんが『(警察)ごっこじゃねーんだよ!』と活を入れるなど、役さながらに心を鬼にして、厳しく振る舞ったこともありました。 一方で撮影中は、ふたまわりほど年下の出演者がたくさんいるなかで、分け隔てなくコミュニケーションをとっていました。 結束力のあるいい現場でした」(前出・フジテレビ関係者、以下同) その現場を率いた亡くなったプロデューサーは、福山雅治主演『ガリレオ』の演出も手掛けた人物だ。 「心不全だったそうです。 持病もなかったようですし、亡くなる前日もいつもと変わらない様子でした。 朝、亡くなっているのを奥さんが見つけて……。 物腰の柔らかい、人当たりのよい人でしたね」 コロナ禍のなか弔問客への影響も考慮され、葬儀・告別式は近親者のみで行われたという。 「木村さんも最期のお別れができなかった。 実は、今夏から秋にかけて『教場2』が撮影されることが内定しているという。 「プロデューサーが亡くなったことを、スタッフも出演者もみんな悲しんでいます。 「女性自身」2020年6月16日号 掲載.

次の