アンダー ヘア 脱毛 セルフ。 家でもできるセルフVIO脱毛いろいろ。自分でやってみる?

《画像付き》VIO脱毛で人気の形BEST3!男ウケするアンダーヘアの形は?

アンダー ヘア 脱毛 セルフ

もくじ• デリケートゾーンの脱毛はどうやってするの? サロンやクリニックに通わず、自分でデリケートゾーンの毛を処理するには、• 除毛(肌の表面に出ている毛を取り除く)• 脱毛(毛を毛根から取り除く) どちらかの方法を選択することになります。 それぞれについて、オススメの方法と注意点をお伝えしていきます。 セルフ除毛の種類とやり方 除毛とは、表面に出ている毛を取り除くこと。 具体的には、カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きで1本1本抜いたり、除毛クリームなどを使って処理することを言います。 カミソリや毛抜きは肌への負担が大きい 除毛 脱毛 クリームのデメリット• 独特のニオイがある• 肌に合わないことがある• 永久脱毛ではないので処理し続けなければならない クリームを使ったセルフケアの仕方を説明していきます。 オススメの除毛クリーム 脱毛クリーム ランキング 第1位:つるすべ石鹸Jomoly お風呂場で使うボディソープをコレに変えるだけで、なめらかスベスベ素肌になれると評判の「つるすべ石鹸Jomoly ジョモリー 」。 除毛効果はもちろん、使う前よりツルツル肌になれると評判です。 パパイヤやパインナップル、大豆、樫の木といった天然由来成分でできているから、お肌にやさしく、キレイな素肌へ導くことができます。 初回30日分が実質無料で試せるキャンペーンで、まずは1ヶ月試してみてください。 1を誇る除脱毛ブランドのヴィート。 その中でも、バスタイムに使えて、敏感肌用に保湿成分が配合された除毛クリームを2位に選びました。 使用後に洗い流す必要がある除毛クリームですが、意外と水に弱い除毛クリームも多いんです。 この「Veet バスタイム専用 除毛クリーム」は水に強いから、バスタイムに使っても、除毛効果がバッチリ。 さらに敏感肌用なので、保湿成分のアーモンドオイル・ビタミンEを配合していて、肌にも優しいのが嬉しいですね。 うぶ毛はもちろん、硬くて太い毛までしっかりキレイに取れると評判です。 7種類の天然ハーブエキスが配合されているから、肌への刺激が抑えられていて、さらに美肌にしてくれる効果もあります。 30日以内全額返金保証もあるので、気軽に試せるのもポイントです。 脱毛専門店ならば、専門の熟練スタッフが施術してくれるので、自分は寝ているだけでOK! さらに、セルフ脱毛だとなかなか処理しきれない部分 Oゾーンなど もキレイにすることができます。 デリケートな部分だから、無理して自己処理して傷つけてしまったら大変です。 脱毛専門店のデメリットとしては「お金がかかる」と言われていますが、ブラジリアンワックスを購入し続けることや、家庭用脱毛器のカートリッジを買い替えるなどのランニングコストと比較すると、 脱毛サロンは決して高くはありません。 脱毛専門店でVIO脱毛をしようか迷っている方の中には「デリケートゾーンを人に見られるなんて恥ずかしい.. 」と思っている方もいるかもしれません。 しかし、脱毛サロンや医療クリニックでVラインやIライン、Oラインの施術を担当しているスタッフは、熟練した経験を持っています。 もう何人ものお客様のデリケートゾーンを脱毛してきたプロですから、VIOに見慣れていていますし、恥ずかしさを感じることはありません。 施術の際にも、お客様が恥ずかしさを感じないよう、紙の使い捨てショーツやタオルで隠してくれて、ずらしながら施術をしてくれます。 また、声を掛けながら、恥ずかしさを感じないようケアしてくれるので、安心して施術を受けることができます^^ デリケートゾーンの脱毛は痛いって本当?どのくらい痛いの? 答え:痛いのは本当ですが、感じ方には個人差があります。 脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛は、熱を与えて毛根を弱らせる仕組み上、痛みを伴うことがあります。 さらにデリケートゾーンの脱毛は、ほかの部位よりも「痛かった!」という声を聞くことが多い箇所です。 しかし、痛みの感じ方は人によって千差万別です。 「心配していたよりも痛くなかった」という人もいれば、「我慢できない痛みだった」という人もいます。 施術スタッフはプロなので、痛みに合わせて照射レベルを調節してくれます。 痛みを感じた場合は、我慢せずにスタッフに相談してみてください。 また、どうしても痛いのは無理という方には、痛みゼロを謡っている脱毛サロン「」を選択したり、医療クリニックで麻酔を使ってもらう 料金は別途かかります など、方法があるので、お店に相談してみましょう。 男でもデリケートゾーン脱毛できるクリニックがあるって本当? 答え:あります! 男性でもVIO脱毛できるサロン・クリニックはあります。 このところ、男性需要も増えているようですね。 たとえば、湘南美容外科クリニックなら、男性脱毛の実績は累積で18万件以上 2017年時点 ! 男性は女性と毛質が違うので、女性が使う脱毛器と異なるマシンを使って施術します。 詳しく知りたい方は、のページもチェックしてみてください!.

次の

【自分でVIO脱毛】アンダーヘア(VIO)を自宅でセルフ脱毛する方法7つ

アンダー ヘア 脱毛 セルフ

アンダーヘアの形には、ナチュラル、トライアングル、トライアングルミニが一般的に多いと言われています。 海外の方と交際している女性のなかには、トライアングルミニなどでアンダーヘアの形を楽しんでいる人も少なくありません。 なお、もっともポピュラーなのがナチュラルです。 この中で、最も長さが短いのがトライアングルミニです。 長さは、まさにナチュラルの2分の一ほどで、極小ビキニの方にオススメです。 また、アンダーヘアを処理する女性の中にはハート型、スクエア型など、個性的な形に揃えている女性も少なくないようです。 ただ、彼氏が日本人の場合は少し特殊なアンダーヘアの形となるため「もしかして遊んでるのでは?」と勘違いされる可能性があります。 もしトライアングルミニ、ハート型など個性的な形に揃えたいのであれば、事前に彼に相談するか、または少し交際を続けてからにしましょう。 \男ウケするアンダーヘア! 毛の質と匂いのケア方法も/ 一般的に、男性は遊んでいるイメージの女性を嫌がるため、あまり凝った形のアンダーヘアを好みません。 できれば、ショーツの裾からはみ出るヘアを処理する程度にとどめておきましょう。 これから水着が着たい人やセクシー&キュートな下着を使用したい女性であれば、ショーツからはみ出る股の両サイドを処理しておきましょう。 また、男性が意外に気になっているのは、アンダーヘアの形よりも毛の質とニオイです。 消臭効果のあるデリケートゾーン用の石鹸を使用したり、毛の質がやわらかくなるアンダーヘア用のトリートメントを使ってアンダーヘアの毛質を柔らかく整えておきましょう。 実は筆者自身も、過去に何度か彼氏に「アソコのニオイが気になる」と言われたことがあります。 いくらアンダーヘア処理はしているとはいえ、もともと剛毛で蒸れやすいからなのかもしれません。 やはり、女性たるものニオイを指摘されるのは辛いものですよね? 筆者も、何度も枕を濡らしたものです。 みなさんも、アンダーヘア用の石鹸やトリートメントを使ったり、自己処理をしてニオイケアにも気をつけて下さいね。

次の

VIO(ブラジリアンワックス)のセルフ脱毛は難しい

アンダー ヘア 脱毛 セルフ

さっと読める目次• VIOのセルフケア方法とは? 夏場に露出度の高いファッションを楽しむために、「VIOラインのムダ毛を自己処理したい!」と思う方は多いと思います。 でも、VIOラインって自分では見えにくい部分なので処理が難しそうですよね。 そんな、VIOラインのセルフケアの方法を知りたいと思っていらっしゃる方のために、以下に Vライン Iライン Oライン の順にそれぞれの セルフケアの方法をご紹介させて頂きますね。 Vラインのセルフケア方法 VラインはVIOラインの中でも自分で見えやすい位置にありますので、T字カミソリでシェービングしたり、ワックスで脱毛したり、脱毛クリームを使用して自己処理しやすい部分であると言えます。 この Vラインを自己処理する方法は以下の通りです。 ですから、自分で Iラインの自己処理を行う場合は、 粘膜の部分まで処理するのは控えるようにしましょう。 Iラインは繊細な部分なので自己処理を行うと肌トラブルの心配があるのですが、Iラインを処理すると、露出度の高いTバックのランジェリーや水着を楽しめる上に、 生理の時の蒸れやかぶれなどのトラブルを防げるという メリットがあるので、露出度の高いおしゃれを楽しみたい方や、生理中の蒸れやかぶれが気になる方はIラインの処理をおすすめします。 除毛クリームを使用して自己処理を行う場合は、 デリケートゾーンにクリームがつかないように気をつけて自己処理しましょう。 また、Iラインをワックスで除毛する場合は、 剥がすときの刺激が強いので、お肌がデリケートな方はワックスを使用して除毛しないようにしましょうね。 Oラインのセルフケア方法 Oラインは直接見ながらケアすることが難しい部分ですが、ここをきれいに処理すると、露出度の高いランジェリーや水着を、ムダ毛を気にすることなく着用することができます。 Oラインのムダ毛のシェーバーによる自己処理方法は、以下の通りです。 以上がVIOラインのセルフケアによる脱毛方法でした。 VIOラインは腕や足のように自分で脱毛処理することはできますが、 やり方や脱毛後のケアを間違ったりサボったりすると、肌荒れや黒ずみの原因になります。 次にVIOラインのセルフケアのデメリットを説明します。 VIOラインのセルフケアのデメリット 上記でご紹介しましたように、 VIOラインのムダ毛のセルフケアは可能なのですが、 自己処理することによるデメリットもあります! そんな、VIOラインをセルフケアした場合に生じるデメリットを以下にいくつかご紹介させて頂きますね。 毛が皮膚の下に埋まってしまう埋没毛になる可能性がある VIOラインのVラインは自分で目視して処理できる部分ですが、毛抜きなどを使用して無理に毛を引き抜いたり、カミソリによる処理を誤ったりすると、毛穴がふさがり、ムダ毛が皮膚の下に埋まってしまう 埋没毛になってしまう場合があります。 他の部分も処理を誤ると埋没毛になる場合があります。 皮膚の乾燥による肌荒れを引き起こす場合がある VIOラインは、とてもデリケートな部分なので、自己処理の仕方によっては お肌の角質にダメージを与えることとなります。 それが原因でお肌のバリア機能が低下し、VIOラインの皮膚が 乾燥することにより肌荒れを引き起こす場合があります。 毛嚢炎になる場合がある VIOラインの自己処理の際に使用するT字カミソリやシェーバーなどは常に 清潔な状態にキープ しておく必要があります。 もし、不衛生な環境や不正性な器具を使用してVIOラインの自己処理を行った場合は、 皮膚や毛穴から雑菌が入り、毛嚢炎を引き起こす場合があります。 脱毛サロンに依頼した際、効果が薄くなる 実は、自己処理を繰り返し行って、色素沈着してしまったVIOラインをサロンで脱毛してもらう場合、脱毛機器がムダ毛だけでなくお肌にも反応してしまうため、 脱毛効果が出にくくなります。 VIOラインの黒ずみが進行してしまう サロンでVIOラインの永久脱毛をしてもらった場合は繰り返し処理をする必要がないので、VIOラインの肌が黒ずむことはありません。 しかし 自分で処理をする場合は、何度も繰り返し処理をしなくてはいけないため、お肌のメラニン細胞が活性化され、デリケートゾーンであるVIOラインの 黒ずみが進行してしまう場合があります。 一度お肌が黒ずんでしまうと綺麗な状態に戻るまでかなり時間を要するので、VIOラインを自己処理する際は、注意が必要です。 そのためVIOラインの自己処理後は以下のようなデリケートゾーン専用の美白クリームでケアすることをおすすめします。 以上5つがVIOライン脱毛の自己処理によるデメリットです。 VIOラインに限らず脱毛の自己処理は後のケアをきっちりしないと 肌荒れしたり 黒ずんだり など皮膚トラブルを起こしがちです。 そのため脱毛後綺麗な仕上がりを求めるなら、脱毛サロンに行くことをおすすめします。 VIOラインを脱毛するなら脱毛サロン安全でおすすめ! VIOラインは、脇や腕、足などと異なり、デリケートな部分なので、最大の注意を払って自己処理を行った場合であっても、お肌に雑菌が入り炎症をおこしたり、化膿したりするなどの 肌トラブルを引き起こしてしまう 場合があります。 さらに、上記でもご紹介しましたが自己処理の場合、ムダ毛が生えてくるたびに繰り返し脱毛しなくてはいけなくなりますので、 デリケートゾーンが黒ずんでしまうというデメリットもあります。 でも、脱毛サロンで施術をしてもらえば、安全に脱毛できるうえに、生えてくるたびに繰り返し自己処理する必要がありませんので、脱毛後のVIOラインの美肌をキープすることができます。 自己処理によるお肌のトラブルや黒ずみを防ぐためにも、生えてくるたびに処理をしなければいけない手間を省くためにも、 VIOラインは脱毛サロンか専門のクリニックでお手入れすること をおすすめします。 脱毛サロンが初めて、という方にはミュゼがおすすめ。 なんといっても初回100円が嬉しいですね。 このキャンペーンもいつまで続くかわかりませんので、検討中の方はお早めに! 今いちばん注目の医療脱毛クリニック まとめ いかがでしたか? VIOラインは上記でもご紹介しましたように 自己処理することは可能なのですが、デリケートな部分なので、気をつけて処理を行っても埋没毛になったり、毛嚢炎を引き起こしたり、お肌が荒れたり、お肌が黒ずんだりするなどの 肌トラブルを引き起こす 場合があります。 そんなトラブルを回避しつつ、露出度の高いファッションを楽しみたいのであれば、 VIOラインは自己処理せず、安全・確実に施術してもらえる 脱毛サロンで施術 してもらいましょうね。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の