クローム エクスポート。 [FAQ番号:036246]Microsoft Edge : 「お気に入り」のエクスポートとインポート方法|FAQ Search|エプソンダイレクト

Google Chromeブックマークをエクスポート・インポートして移す方法

クローム エクスポート

Webブラウザにはよく閲覧するページを保存しておく機能があります。 ブックマークしておくことで検索する手間が省けるので非常に便利です。 もちろんGoogle Chromeにもブックマーク機能があるのでご紹介していきたいと思います。 Google Chromeのブックマークをエクスポートしてインポート エクスポートしてインポートとは何かというと、移行元のパソコンからデータを出力(エクスポート)して、移行先のパソコンに入力(インポート)することを指します。 つまり元のパソコンで使っていたブックマークを他のパソコンでも利用できるというわけです。 ブックマークをエクスポートする方法 Chromeの画面を開いて、以下のように順に操作を進める。 するとブックマークの一覧が表示された画面になる。 右上にあるメニューアイコンをクリック。 メニューが表示されるので、「ブックマークをエクスポート」をクリック。 保存する場所を選択して「保存」をクリック。 以上でエクスポートは完了です。 ブックマークをインポートする方法 操作はエクスポートとほとんど同じで最後だけが異なります。 下の図までエクスポートと操作は変わりません。 「ブックマークをインポート」をクリック。 先ほどエクスポートしたファイルを開く。 すると、先ほどエクスポートしたブックマークが追加されている。

次の

Google Chromeブックマークをエクスポート・インポートして移す方法

クローム エクスポート

Google Chrome のブックマーク(お気に入り)を HTMLファイルにエクスポート・インポートする方法を紹介します。 ブラウザーをずーっと使っていると徐々に多くなってくるのがブックマークですね。 増えてきたブックマークが整理されていない状態が気持ち悪いので、ブックマークを一旦全削除し、必要なものとちょこちょこ追加していこう! と一念発起しました。 ブックマークの一括削除方法はこちらをご覧ください。 ただ本当に必要なブックマークが見つからなくなるのはちょっと怖いので、バックアップのためにブックマークをエクスポートしておいた方がいいですね。 ということで、ここではブックマークをエクスポートする方法とエクスポートしたブックマークをインポートする方法をみていきます。 これです。 すると、メニューが表示されるので、マウスアイコンを「ブックマーク」にもっていきます。 サブメニューが表示されるので、「ブックマーク マネージャ」をクリックします。 ブックマークマネージャです。 この画面を使って、ブックマークのエクスポート・インポートを行います。 このようにメニューが表示されるので、一番下の「HTMLファイルにブックマークをエクスポート」をクリックします。 エクスポートするHTMLファイルの保存場所を選択し、「保存」をクリックします。 これで、HTMLファイルのエクスポート完了です。 HTMLファイルの中身はこんなんです。 次はインポート方法をみてみましょう。 ブックマークのインポート ブックマーク マネージャの「管理」をクリックすると、 このようにメニューが表示されるので、「HTMLファイルにブックマークをインポート」をクリックします。 エクスポートしたブックマークのHTMLファイルを選択し、「開く」をクリックします。 すると、このようにブックマークがインポートされます。 Google Chrome の使い方と設定はこちらをご覧ください。

次の

Chromeのお気に入り(ブックマーク)をEdgeにインポートする方法

クローム エクスポート

Google Chromeブラウザーのブックマークや保存したID、パスワード情報を、オフラインで別なPCに移行する方法です。 最近はChromeブラウザーを常用している方も増え、パソコンの買い換え時や、リカバリー前のバックアップ時にChromeのデータ移行を実施するケースが増えています。 今回は、Chromeバージョン60で実施した内容です。 最近のバージョンでは、データフォルダーをコピーするだけでは保存パスワードだけが移行されません。 パスワードだけは別にエクスポートしてインポートする必要ありです。 現行バージョン69では少し方法が変わっているので、新しい記事にしています。 スポンサーリンク Googleアカウントで同期したくない場合 そもそもな話ですが、GoogleアカウントでChromeにログインしている場合、このあと説明する方法を使うまでもなく、クラウドを通じて同じアカウントでログインしているChromeブラウザーとすべてのデータが同期されます。 ログインしていて、同期が オン-すべて同期 になっていれば、これ以上何もする必要なしです。 Chromeにログインしていない場合でも、新規Googleアカウントを作成して同期させれば良いわけです。 (たとえ既存のGoogleアカウントがあったとしても、別な端末のデータと合わさってしまう可能性があるので、新規アカウントの方が安全です。 )同期完了後に、Chromeからアカウントをログオフさせても同期したデータはPCに残るので、こちらの方が簡単です。 それでも、クラウドにデータを預けるのが不安な方や、会社の規則でクラウド利用不可の場合などに、オフラインでChromeのデータを丸ごと移行する方法が必要です。 Chromeデータのバックアップ まずは、Chromeに保存されているIDとパスワード情報をCSVファイルにエクスポートします。 Chromeの 試験運用機能から、パスワード情報のエクスポート機能を有効にします。 同時に、Chromeバージョン53以降から有効になっているマテリアルデザインを無効にしないとエクスポートボタンが出てこないので無効に設定します。 その後、Chromeのユーザーデータフォルダーをバックアップします。 ここで一旦Chromeブラウザーを 再起動させます。 ユーザーデータ フォルダーをバックアップ ブックマークや履歴、設定などが保存されているユーザーデータ フォルダーをバックアップします。 Windowsのエクスプローラーでフォルダーを辿っていく場合は、 Appdata フォルダーは隠しフォルダーになっているため、フォルダーの表示オプションで隠しフォルダーを表示する設定にする必要があります。 復元 復元方法は、バックアップと同じ要領で戻していきます。 試験運用機能をデフォルトに戻す 最後に 試験運用機能の設定をデフォルトに戻して移行作業完了です。 最近のコメント• に msv2gundam より• に necノート より• に Suima より• に より アーカイブ• カテゴリー• 125•

次の