腰 が 痛い とき の 対処 法。 腰が痛い時の対処法はどうすればいい?腰痛対策まずはコレ!

腰をピキッと痛めたとき、してはいけない腰痛対処法 [腰痛] All About

腰 が 痛い とき の 対処 法

腰が痛くなるのには、いろいろな原因が考えられます。 本来は、腰痛の原因を確かめて、その上で対処法を考えなければなりません。 素人考えでストレッチやマッサージをすると、かえって症状を悪化させる場合もあります。 あなたの腰痛は、単に筋肉の血行が悪くなっているだけかも知れませんし、ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰の病気になってしまっているかも知れません。 腰には何の原因もなくて、内臓疾患で腰痛が起こる場合もあります。 高齢の女性なら、骨粗しょう症の可能性も考えられます。 心因性の腰痛というものもあるくらいですから、腰痛には本当にいろいろな原因が考えられるのですね。 ですから、腰が痛いというときには、まず原因を明らかにして、それに応じた対処法を考えるのが大切と言えるでしょう。 腰が痛いときのストレッチ 運藤不足や姿勢が悪いために腰が痛くなることはよくあります。 筋肉が凝って痛みが出ているので、ストレッチで筋肉をほぐし、血行をよくしてやると、腰の痛みが和らぎます。 どんなストレッチでも無理せず、腰が伸びて気持ちいい、痛気持ちいいくらいのところで止めます。 ストレッチ1 仰向けに寝て、両ひざを曲げて立てます。 両手を広げて、ひざをゆっくりと右側に倒し、5秒間静止します。 ひざを元にもどして、次はゆっくりと左に倒し、5秒間静止します。 肩は床から離れない方が望ましいのですが、無理のない範囲で行います。 ストレッチ2 仰向けに寝て、両ひざを曲げます。 両腕でひざをかかえて胸に引き寄せ、腰からお尻を伸ばし、5秒間静止します。 腰痛を改善には、腹筋と背筋を鍛える 腰が痛いときに体を動かすのは、腰痛の原因や症状を踏まえて、医師に相談しながら行うのが望ましいのですが、腰痛を改善させるために日々の軽い運動として、腹筋と背筋を鍛えるのは効果的だといわれています。 つまり、腰を安定させるためには筋力が必要で、それには腹筋と背筋を鍛えてやるのが良いというわけです。 まず腹筋ですが、腹筋を鍛えるためには、できるだけゆっくりと動くと効果的です。 ひざは曲げて、上半身は完全に起こす必要はありません。 完全に起き上がるよりも、むしろ少し起き上ったところで、3〜5秒静止する方が腹筋を鍛えられます。 次に背筋ですが、まずはうつ伏せの状態から、両手をついて上半身だけ起こすようにします。 お腹を床につけたまま、背中を伸ばして腰を反らし、20秒静止します。 腹筋も背筋も、勢いをつけずに、無理のない範囲でリラックスして行うのが大切です。 また、すこしづつでも毎日続けることが大切ですね。

次の

腰が痛い時の対処法はどうすればいい?腰痛対策まずはコレ!

腰 が 痛い とき の 対処 法

腰痛は症状であって、腰痛という病名はない。 腰痛を起こす原因によって、対処方法はさまざまだ。 身体の中にどんな異常があるときに腰痛は起こるのだろうか。 腰痛の種類や疾患別に、症状や治療法を見てみよう。 腰痛の原因になりやすい身体の部位は? 腰痛は、背骨(脊柱)とその周辺の筋肉などが原因で起こることが多い。 しかし、たとえば「椎間板ヘルニア」と言われて、椎間板がどこにあるのか、すぐにわかるだろうか。 腰痛の原因を理解するために、脊柱の構造を把握しておこう。 脊柱は椎骨(ついこつ)が上下につながってできている。 上の方から頚椎、胸椎、腰椎、仙椎(仙骨)、尾椎(尾骨)に分類されていて、 腰痛の原因になるのは、主に腰の部分にある5個の腰椎だ。 椎骨は円柱形の椎体と、椎体からアーチ状に伸びた椎弓からできている。 椎体の後面と椎弓の前面に囲まれたトンネル状の空間が脊柱管で、中に神経が通っている。 枝分かれした神経は椎骨と椎骨の隙間から脊柱管を出て左右対称に手足や体の様々な場所に伸びていく。 椎体と椎体の間には椎間板があってクッションの役目をはたし、椎弓と椎弓は椎間関節という関節でつながっている。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

腰をピキッと痛めたとき、してはいけない腰痛対処法 [腰痛] All About

腰 が 痛い とき の 対処 法

ぎっくり腰とは? ではぎっくり腰とは、一体どういったものなのでしょうか。 ぎっくり腰とは、重い物を持ったりかがんだりした際に、腰に強烈な痛みを引き起こすもので、症状の特徴から欧米では魔女の一撃とも呼ばれています。 腰がギクッとしたからとか、突然痛みが出るのでびっくりしたの「びっくり」がなまってぎっくりになったなど諸説ありますが、医学的には急性腰痛といいます。 急性腰痛には二種類あって、筋肉の損傷によって起こるものを筋筋膜性腰痛、関節に問題が起きて痛みが出るものを椎間関節性腰痛といいます。 どちらもひどいと動けなくなってしまうほどの痛みを引き起こしますが、問題が筋肉や関節周辺に起きますので、病院のレントゲン検査などではほとんど異常が見つかりません。 ぎっくり腰の手前にはどんな症状が現れるの? ぎっくり腰には、実際に痛みが出てしまう前に、前兆のような症状が出ている場合があります。 前兆症状は、自分がどのような状態にあるかの指標にもなりますので、まずはこれらを一つ一つ確認していきましょう。 参照: 人によっては腰がガクッとするとか、抜けるような感覚を感じている人もいれば、具体的な症状はないけど、漠然と不安を感じる方もいます。 実際強い症状が出ていないと対応しづらい部分もあるのですが、前兆が出ているなら何らかの問題は起きていますので、早めの対処が必要です。 ぎっくり腰手前になった時の対処法 それでは、ここから対処法を見ていきたいと思います。 ぎっくり腰手前の状態は、実際に 痛みなどの症状が出ている場合と、「悪くなりそうで怖い」という不安の問題に分けられます。 痛みなどの症状が出ている場合 腰に痛みや引っかかり感、反れないなどの症状を抱えている方は、すでに構造的な問題が起きている状態ですので、すぐに施術を受けたほうが良いと思います。 具体的には、関節を見ることができる所へ行く事オススメしますが、なるべくなら腰だけを見るよりも、全身を見てくれる所の方が、体にとっては良いと思います。 その理由としては、すでに前兆のような症状が出ている時は、体が大きくバランスを崩していたり、たまたま重い症状が出ていなかっただけの可能性があるからなのです。 そんな時に、体の一部だけ緩めてしまうと、さらにバランスを崩してしまう恐れもありますので、なるべくでしたら、全身を見てくれる所をオススメします。 また、軽い症状でしたら、自己ケアで何とかなる場合もありますので、こちらのページも合わせて参考にしてみてください。 参照: 自分でのケアに不安があったり、症状が強い場合は、プロに相談した方がよいと思いますので、お気軽にご連絡いただければと思います。 症状が強くて全く動けなかったり、反ったりできない状態になっている方は、体が相当悪くなっている可能性もありますので、応急処置的な対応として、こちらも参考にしてみてください。 参照: 症状はないけど悪くなりそうで不安な場合 今症状は出ていないけど、悪くなりそうで怖かったり、不安を感じる場合は、こちらを参考にしてみてください。 まずは 構造的な問題が起きているのか、単に不安を感じているだけなのかをわけて考える必要がありますので、自分が不安に思っている動作を、実際に行ってみてください。 反るのが怖い方は反る動作を。 歩くのが怖い方は歩く動作を、それぞれ行ってみてください。 「自分一人では怖くてできない」という方は、一人でやると不安だと思いますので、鍼灸院や整体院などに行って、施術者と一緒に体の状態を確認してみてください。 実際に行ってみて、症状が出ないのであれば、目先の大きい問題はないと思いますので、まずは安心して良いと思います。 実際体を動かした時に、痛みはハリ感、引っ掛かりなど、具体的な症状が現れた方は、体の問題を解決する必要がありますので、上記の項目を参考にしてみてください。 腰の不安を克服するには? 上記で、腰に具体的な症状が出ていないのであれば「安心していいですよ」と言いましたが、安心していいと言われても、気持ちが追いついてこない事もあると思います。 そんな時は自分が今できる範囲でいいので、体を動かすようにしてみてください。 歩ける方は歩く事でもいいですし、ちょっと腰を反ったり回すような動きでも良いと思います。 体を動かしていると、次第に「あっ。 結構大丈夫なんだ」という自信が出てきますので、自然と不安や心配も薄れ、気持ちが楽になってくるはずです。 最初は不安かもしれませんが、体を動かす事が不安を乗り越える第一歩ですので、動かしても症状が出ないのであれば、積極的に体を動かしていってください。 ぎっくり腰手前の状態を改善させるには? ここまでで、自分が構造的な問題を抱えているとわかった方は、実際に腰の状態を改善させて行きましょう。 改善に必要な事は、適切な施術と自己ケアです。 施術を受けに行こう 体に何か症状が出ている場合は、やはり専門家に体を見てもらう事をオススメします。 軽い症状の方であれば、適切なケアで何とかなる場合も多いですが、今このページを見ているということは、体の問題以外にも、やはり「不安」を抱えてる部分も大きいと思います。 上記で構造的な問題と心理問題を分ける方法を解説しましたが、そう簡単に不安感は拭えない場合もありますので、現在の状態に不安を抱えている方は、一度プロに体を見てもらってください。 施術面に関しては、基本的に腰痛とやる事は同じですので、原因の把握から問題解決までの流れを、「」にまとめてありますので、参考にしてみてください。 安静にしすぎないように気をつけよう 腰に不安を抱えていると、ぎっくり腰にならないようにじっとしている方もいるかもしれませんが、実はこのじっとしているという行動が、腰の状態を悪化させます。 動かなければ動かないほど体はひどくなっていきますので、痛みでどうしょうもない方以外は、適度に歩くなどして、体を動かす事も大切です。 また、仕事でデスクワークをしている方は、座り過ぎにも気をつけてください。 座っている状態が長く続けば、腰には大きな負担となりますので、症状を悪化させないためにも、こま目に立って体を動かすようにしてください。

次の