ミーティ。 結婚相談所Meetie(ミーティ)|登録者数63000人の中から出会える本気の婚活

福井県小浜市美容室 mitis(ミーティス)

ミーティ

「 あこがれは、止められねえんだ」 概要 ふわふわでもふもふである。 かわいい。 「んなぁー」とよく鳴く(?) かわいい。 とてもいい匂いがするらしい。 かわいい よく赤面する。 とてもかわいい。 詳しい概要 CV: 3巻から登場。 第四層『巨人の杯』へ降り立ったが、凶悪な獣『タマウガチ』の毒と逃げる際の上昇負荷で絶体絶命のピンチに陥った時、レグの前に現れた幼い見た目の。 第四層の負荷が弱い端の方に家を作って住んでおり、というと暮らしている。 『友人』のを助ける過程で習得した知識と第四層を渡り歩く知恵を持ち、見た目の幼さ(可愛さ)とは真逆の、現実的で大人びた冷静な性格をしているが、自身の秘密が広まる危険を顧みずリコ達を助ける人情味も持っている。 その性格は、孤児にして壮絶な過去を持つことに起因している。 達に出会うまでは生ゴミやそれに準ずるものしか食べていなかったためやや味覚が鈍く、それに比して料理も下手。 ただ、と出会ってからは「と会った時にうまいものを食わせてやりたい」と精進している。 けなげかわいい。 生まれは雪の降る極寒の土地・セレニ。 その頃は他の孤児のように盗みや芸をすることもできず拾い物で生活していたが、拾った本を読んでいたため知識量は当時から豊富で、実は絵も上手い。 の勧誘を受けアビスに降り立ち、その道中で人間だった頃のミーティと知り合い無二の親友となるもボンドルドの所業のため今の姿となった。 その後はボンドルドのもとで研究を手伝わされていたが、ミーティへの扱いに耐えかねて彼女を連れて出奔し四層で暮らしていた。 のような耳の生えたの姿をしていることと年少なこと、そして現在(25話時点)作品中明確に触れていないため性別は現状は不明。 実年齢も見た目よりいくらか上の可能性はあるが正確には不明。 自分のことを「オイラ」と呼び口調が男言葉である「~だぜ」という言い方や、肝が座った度胸を持つことから少年とも取れるのだが、の全裸や3巻カバー裏のイラストでの裸を見ても赤面していないこと、人間だった頃に長い髪の少女のような容姿をしていたこと、少年であるには近寄るだけで照れるのに対し、が近寄ってもあまり照れず、そこを指摘されると「 お前の触り方がいやらしいからだろぉー!!」と激高(かわいい)するなどの可能性もある。 ただし、作者のらくがきに「 ナナチ〇コ」との文字とモノのイラストがあったらしく、 登場するやいなや達の気持ちをぐっと掴んだのかpixivで多数の作品が投稿される。 5巻以降ではかわいさがさらに増しており、ファンからはとしての株を着実に上昇させているとも言われている。 ……え?はって? とはいえ、レグからナナチを恋愛的に意識していると見られるシーンはなく、ナナチは作品の的なポジションにいると言える。 リコの介護と治療を一段落つけ、ミーティを見送ってからはレグとリコに同行することになった。 なお、ナナチのデザイン上のモデルはではないか?との噂が一部ファンの間で囁かれている。 (ただし全然似ていないため、何故言われているのかは不明) 関連画像.

次の

【開店】まだまだ国タピ!旭通りにある『楽茶』の真っ正面にタピオカドリンク専門店『ミーティ(MEETEA)国立店』つくってる。11月オープン

ミーティ

未見の方は注意してご覧下さい。 メイドインアビスを8巻まで読んだ。 原作を全巻買うきっかけとなったのはTVシリーズの続編である『メイドインアビス 深き魂の黎明』を見たからだ。 メイドインアビスという作品に対する関心はTVシリーズを見ただけに終わっていたが映画がきっかけで原作まで買ってしまった。 続きが気になる。 映画の公開前にやっていたTVシリーズの総集編も録画していたので見た。 TVシリーズを見た時も思ったがタマウガチ遭遇〜ナナチのパーティ入りまでの流れが凄まじく心をえぐられる。 特にナナチとレグがミーティを送り出すシーンは特にヤバい。 ナナチの声は基本的にはコミカルというか、特徴的な声をしているのだが、レグがミーティに対して火葬砲を撃つ寸前の「待って!」という叫びは痛々しく、生々しい、と思った。 久しぶりに声優すげーと思った。 ミーティは六層の上昇負荷により成れ果てと化し知性と人間性を喪失するとともに不死性を獲得した 本人の意思とは無関係に。 ナナチは自分が死んだあと、ミーティが成れ果ての身体のまま永遠に苦しみながら生き続けることを危惧した。 ナナチ曰く「オイラもそのうちどうにかなって死ぬ そしたらよ ミーティは永遠にひとりぼっちだ」「ミーティはさ 物を食わないし死ぬこともない けど刺されりゃ痛がるし涙だって流すんだ」「それがただの反応だったとしても永遠に苦しみ続けなきゃならねえ 悲鳴すらあげることもできず 魂を囚われたまま 永遠にだ」 そこからナナチはタマウガチの毒を使うなどしてミーティを殺そうとするが失敗する リコに使ったタマウガチ毒の薬はこの副産物であると思われる。 余談だが、この辺のシーンを見るたびにジョジョの虹村形兆を思い出す。 彼の父親も知性と人間性の喪失と不死性の獲得をしており、形兆は父親を殺すためにスタンド使いを増やしていた 形兆はナナチだった…?。 閑話休題。 レグとの出会いをきっかけにナナチは成れ果てと化したミーティの魂を解き放つことに成功した。 が、しかしである。 リコとレグの旅に同行したナナチは、六層・成れ果て村にて複製されたミーティ 以下、複製されたミーティを「つぼミーティ」とする と出会う。 マジカジャ曰く「ナナチがハク たからもの を見る目になって」ナナチはつぼミーティの所有者であるべラフと契約し自身の身体を売り渡してつぼミーティを手に入れた。 そこで一つの疑問が生まれる。 ミーティを殺そうと画策したはずのナナチは、何故つぼミーティを欲しがったのか? この疑問を解き明かすために、『メイドインアビス3巻 ハローアビス24 魂の解放』を見てみよう。 ナナチはミーティを殺したあと自分も死のうとしていた節がある。 レグの、ミーティを殺したあと自ら命を絶つなという言葉に対してナナチは「残酷だなあ…」と言う。 ナナチはミーティと共に生きられない人生を嫌がったのである。 そう、ナナチの本心はミーティを殺したくなんてない、ミーティと共に生き続けたい、という気持ちだったと思われるのだ。 冒頭の話とも繋がるが、レグがミーティを火葬砲で弔う寸前のナナチの言葉がその全ての表れである。 しかし本心としては当然ミーティとは別れたくないし、殺すなんて尚更拒否したいことなのである。 その気持ちをグッと堪えた上でナナチは「レグ やってくれ」と言った この言葉の重みが凄まじいのはそういうわけである…。 このシーンはナナチの本心と理性的判断の葛藤を表現したものであると考えられる。 もうお分かりだろうがナナチはミーティとの別れを後悔していたのである。 それはリコとレグとの旅を放棄してつぼミーティと生きることを選ぶくらいには後悔した。 ミーティへの想いや後悔、再開による混乱や驚き、感情、様々なことが折り重なって正常な判断ができなくなったナナチは自身の身体を売り渡しつぼミーティと生きていくことを選んだ。 これが「ミーティを殺そうと画策したはずのナナチは何故つぼミーティを欲しがったのか?」という疑問に対する解答である。 これで本稿は以上である。 これからの展開が気になりすぎる。 ファプタの片手 と耳? でナナチは買えるのだろうか?買えた場合これからナナチはつぼミーティと旅を続けるのだろうか?ファプタの約束とはレグとともに成れ果て村とその連中を滅ぼすことなのではないか?あとどうでもいいけどつぼミーティは可愛い いくらべラフの演出の効果があるとしても。

次の

ミーティ (みーてぃ)とは【ピクシブ百科事典】

ミーティ

未見の方は注意してご覧下さい。 メイドインアビスを8巻まで読んだ。 原作を全巻買うきっかけとなったのはTVシリーズの続編である『メイドインアビス 深き魂の黎明』を見たからだ。 メイドインアビスという作品に対する関心はTVシリーズを見ただけに終わっていたが映画がきっかけで原作まで買ってしまった。 続きが気になる。 映画の公開前にやっていたTVシリーズの総集編も録画していたので見た。 TVシリーズを見た時も思ったがタマウガチ遭遇〜ナナチのパーティ入りまでの流れが凄まじく心をえぐられる。 特にナナチとレグがミーティを送り出すシーンは特にヤバい。 ナナチの声は基本的にはコミカルというか、特徴的な声をしているのだが、レグがミーティに対して火葬砲を撃つ寸前の「待って!」という叫びは痛々しく、生々しい、と思った。 久しぶりに声優すげーと思った。 ミーティは六層の上昇負荷により成れ果てと化し知性と人間性を喪失するとともに不死性を獲得した 本人の意思とは無関係に。 ナナチは自分が死んだあと、ミーティが成れ果ての身体のまま永遠に苦しみながら生き続けることを危惧した。 ナナチ曰く「オイラもそのうちどうにかなって死ぬ そしたらよ ミーティは永遠にひとりぼっちだ」「ミーティはさ 物を食わないし死ぬこともない けど刺されりゃ痛がるし涙だって流すんだ」「それがただの反応だったとしても永遠に苦しみ続けなきゃならねえ 悲鳴すらあげることもできず 魂を囚われたまま 永遠にだ」 そこからナナチはタマウガチの毒を使うなどしてミーティを殺そうとするが失敗する リコに使ったタマウガチ毒の薬はこの副産物であると思われる。 余談だが、この辺のシーンを見るたびにジョジョの虹村形兆を思い出す。 彼の父親も知性と人間性の喪失と不死性の獲得をしており、形兆は父親を殺すためにスタンド使いを増やしていた 形兆はナナチだった…?。 閑話休題。 レグとの出会いをきっかけにナナチは成れ果てと化したミーティの魂を解き放つことに成功した。 が、しかしである。 リコとレグの旅に同行したナナチは、六層・成れ果て村にて複製されたミーティ 以下、複製されたミーティを「つぼミーティ」とする と出会う。 マジカジャ曰く「ナナチがハク たからもの を見る目になって」ナナチはつぼミーティの所有者であるべラフと契約し自身の身体を売り渡してつぼミーティを手に入れた。 そこで一つの疑問が生まれる。 ミーティを殺そうと画策したはずのナナチは、何故つぼミーティを欲しがったのか? この疑問を解き明かすために、『メイドインアビス3巻 ハローアビス24 魂の解放』を見てみよう。 ナナチはミーティを殺したあと自分も死のうとしていた節がある。 レグの、ミーティを殺したあと自ら命を絶つなという言葉に対してナナチは「残酷だなあ…」と言う。 ナナチはミーティと共に生きられない人生を嫌がったのである。 そう、ナナチの本心はミーティを殺したくなんてない、ミーティと共に生き続けたい、という気持ちだったと思われるのだ。 冒頭の話とも繋がるが、レグがミーティを火葬砲で弔う寸前のナナチの言葉がその全ての表れである。 しかし本心としては当然ミーティとは別れたくないし、殺すなんて尚更拒否したいことなのである。 その気持ちをグッと堪えた上でナナチは「レグ やってくれ」と言った この言葉の重みが凄まじいのはそういうわけである…。 このシーンはナナチの本心と理性的判断の葛藤を表現したものであると考えられる。 もうお分かりだろうがナナチはミーティとの別れを後悔していたのである。 それはリコとレグとの旅を放棄してつぼミーティと生きることを選ぶくらいには後悔した。 ミーティへの想いや後悔、再開による混乱や驚き、感情、様々なことが折り重なって正常な判断ができなくなったナナチは自身の身体を売り渡しつぼミーティと生きていくことを選んだ。 これが「ミーティを殺そうと画策したはずのナナチは何故つぼミーティを欲しがったのか?」という疑問に対する解答である。 これで本稿は以上である。 これからの展開が気になりすぎる。 ファプタの片手 と耳? でナナチは買えるのだろうか?買えた場合これからナナチはつぼミーティと旅を続けるのだろうか?ファプタの約束とはレグとともに成れ果て村とその連中を滅ぼすことなのではないか?あとどうでもいいけどつぼミーティは可愛い いくらべラフの演出の効果があるとしても。

次の