福岡 コロナ 緊急 事態 宣言。 【新型コロナウイルス】福岡県も「緊急事態宣言」発令。なぜ福岡?福岡の対応内容は

【新型コロナウイルス】福岡県も「緊急事態宣言」発令。なぜ福岡?福岡の対応内容は

福岡 コロナ 緊急 事態 宣言

緊急事態宣言を受け、福岡県の小川洋知事が会見。 福岡県の対応は 4月7日(火)、福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部長の小川洋知事は、国からの緊急事態宣言を受け、臨時記者会見を行った。 その模様は公式ホームページの動画で公開されている。 会見で小川知事は、4月7日(火)時点で、福岡県全体で23件の感染者が確認され、累計199人(内、退院9人、死亡1人)と福岡県の状況について説明。 「4月8日(水)から5月6日(水)までの1ヶ月間、今までの7つの事項に加え、新たに5つの取組みをお願いしたい」と協力を要請した。 宣言を受けた県の新たな措置は、(1)平日、週末、昼夜を問わず、生活維持のために必要な場合を除いて、外出を自粛すること、(2)職場への出勤は、外出自粛の要請対象とはならないが、在宅勤務、時差出勤、自転車通勤等、人とのまじわりを軽減するようにすること、(3)不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは避けること、(4)感染拡大の恐れのあるイベント開催は控えること、(5)生活必需品の買い占めを行わないこと、とした。 また、「法的な根拠、裏付けのある要請となるため、受け取っていただく県民の皆様の受け取り方も変わってくる。 今まで以上に取り組みが強化されることを期待しています」と強く訴えた。 福岡県からの具体的な要請内容まとめ (1)生活の維持に必要な場合を除き、外出を控えること。 (2)職場への出勤は、外出自粛の要請の対象としないが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など人との交わりを低減すること。 (3)不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは、まん延防止の観点から、極力避けること。 なお、都市封鎖(ロックダウン)とは異なる。 (4)換気の悪い「密閉空間」、多数が集まる「密集場所」、間近で会話や発声をする「密接場面」、これらの集団感染のリスクを高める3条件が同時に重なることを回避すること。 (5)感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)開催を控えること。 (6)手洗いの励行や咳エチケットに努めること。 (7)飲食料品や生活必需品の小売店等生活に必要な事業は継続されるため、食料・医薬品や生活必需品の買い占め等をしないこと (8)新型コロナウイルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談すること。 (9)発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談すること。 (10)海外の渡航について、外務省の勧告・指示に従うこと。 福岡市の高島市長、福岡市の私立学校の臨時休業や保育園の運営に言及 4月7日(火)、福岡市の高島宗一郎市長も臨時記者会見を行った。 その様子は、自身のオフィシャルブログで公開されている。 高島市長は、17日(金)までとしていた市立小中高校の臨時休校を5月6日(水)まで延長すると発表。 休校中は、各家庭のネット環境などに合わせて、オンライン学習とプリント学習、学校などでのサポートをベストミックスで行っていくべく検討を進めていくという。 また、福岡市立西陵高校については、13日(月)以降、始業式や全校集会も含めて、全ての授業をオンラインで行う方針で準備を進めている。 さらに特別支援学校については、現状デイケア対応をお願いしているが、逆に学校を再開するほうが3つの密をより避けることができると判断し、再開に向けて検討していると発表。 一方、休むことができない人(医療、介護の関係者や、保育園や留守家庭子ども会のスタッフ)も存在するという事に触れ、「警察や医療・介護関係者、保育施設勤務など、仕事上こどもを預けざるを得ない保護者の方以外は、緊急事態宣言の期間中、できる限り自宅で保育をするようにお願いしたいです」と要請。 休校延長期間中は春休みなどと同様に学童保育「留守家庭子ども会」を実施するが、保育所と同じくできる限り自宅などで過ごさせるよう協力を訴えた。 なお、これを後押しするために、緊急事態宣言の期間中、保育園を休んでも退園扱いにはせず、さらに休んだ日数は、日割りで保育料を割引きをすると支援についても語った。 また、高島市長は会見の中で、「緊急事態宣言の期間中、毎週金曜日の正午にぜひみんなで『Friday Ovation』医療・介護関係者に感謝の拍手を」と提案。 「これから1ヶ月、長い戦いになってきます。 市民の皆様の冷静な行動力と、団結力もって、困難を一緒に乗り越えていきましょう」と訴えた。 市立高等学校 2020年4月6日(月)から5月6日(水)まで。 ・対象 福岡市内の認可保育所、認定こども園(保育部分)、小規模保育事業所等を利用する保護者のうち、家庭での保育が可能な方。 留守家庭子ども会を利用する保護者のうち、家庭での保育が可能な方。 ・保育料の対応 家庭での保育をお願いした期間において、施設を利用しなかった日数について、月額の保育料を軽減(日割り)する。 保育料の軽減は、翌月以降の保育料での調整を原則とする。 ・保育料の手続き 施設を利用しなかった日数については、施設から各区に報告。 保護者の方での手続きはなし。 なぜ福岡が選ばれたのか 安倍晋三首相は、4月7日(水)の会見で福岡県を対象地域に加えた理由として、感染者数が倍増する期間が全国で最も短いことや、感染経路が不明の割合が高いことを指摘。 福岡県の小川知事においても、その内容に触れ、「2月20日に最初の感染者が出て、40日間で29人まで増加、3月31日から4月6日までの7日間で、5倍を超える147人が感染しています。 行動経路をたどっていくと、感染源がわからない方が4割を超えています。 」と強く訴え、福岡県が選ばれた理由を語った。

次の

緊急事態宣言、福岡の都心閑散 「テレワークできない」ランチ難民も|【西日本新聞ニュース】

福岡 コロナ 緊急 事態 宣言

【緊急事態宣言解除(福岡県)】新型コロナウイルス 福岡県では新型コロナウイルス感染症対策における 緊急事態宣言の解除を発表。 福岡県内では百貨店などの商業施設で、全面的な営業再開などの動きが出ています。 北九州市小倉北区の小倉井筒屋は4月9日から食品売り場を除いて休業しておりましたが5月16日より全館で営業を再開しました。 店内には人と人との間隔をあけるための目安を示し、人の密度を一定以下に保つよう、入店を制限するという。 その他北九州市では、アミュプラザ小倉(小倉北区)は19日午前11時、チャチャタウン小倉(同)は20日午前10時、全館で営業を再開予定。 一方、福岡市天神の岩田屋でも、およそ1カ月ぶりに全館で営業が再開されました。 また福岡県名物の屋台街では、緊急事態宣言が解除されたことを受け、福岡市では一部の屋台が営業を再開しました。 客同士の間隔を空けて調味料を客に手渡す時には毎回、除菌をするなど細心の注意を払いながら営業するとしています。 各地域でも感染の「第2波」に警戒しながら、店の営業や学校の再開といった日常を、徐々に取り戻そうという動きが出ています。 少しずつですが、新しい 生活様式を取り入れつつ、経済活動が再開しつつあります。 一日でも早く、いつもの福岡県の日常に戻って欲しいと思います。

次の

緊急事態宣言39県で解除、愛知・福岡など学校再開へ

福岡 コロナ 緊急 事態 宣言

クラスター(感染者集団)が発生する恐れがある繁華街の接客を伴う飲食店などに対しては、休業要請を継続する。 県民に対しては引き続き、県境をまたぐ不要不急の移動などの外出自粛を求める。 臨時休校中の県立学校は、25日から全面再開させる。 (九州総局 小沢慶太) 14日夜に県の対策本部会議を開き、緊急事態宣言解除後の対応を決定した。 県内の新規感染者が13日までの直近1週間で6人と、感染状況が落ち着いていることなどから、社会経済活動を段階的に再開させていく必要がある一方、全面解除は早計と判断した。 小川洋知事は記者会見で「状況は大きく改善してきているが、闘いは長丁場になる。 新型コロナと向き合いながら社会経済活動のレベルを上げていく」と述べた。 また、県は、感染が拡大傾向に転じた際、再び対策を強化する県独自の指標も公表した。 県は緊急事態宣言発出後の4月14日から、県内の遊興施設や商業施設など7区分の業種に対して今月31日まで休業を要請していた。 居酒屋を含む飲食店に対しては、午前5時から午後8時までの営業と、酒類の提供を午後7時までにすることを求めていた。 PR これについて、県は15日から、感染防止対策の徹底を求めた上で要請を解除する。 ただ、「3密」(密閉・密集・密接)になりやすく、クラスターの発生が懸念される施設に対しては新型コロナ対策の特別措置法24条に基づく休業への「協力の要請」を31日まで継続する。 具体的な施設はキャバレー、ナイトクラブ、カラオケボックス、ライブハウス、スポーツジムなど。 さらに、県民に対して緊急事態宣言が続く都道府県への移動や「3密」となる場所への外出自粛、集団感染のリスクが高い大規模なイベントについては中止や延期などを求める。 小川氏は「感染の第2波が襲った例もある。 一層気を引き締め、家族や社会を守る行動が必要だ」と強調した。 31日まで臨時休校としていた県立学校については、21日をめどに始める予定だった分散登校を18日からに前倒しし、25日から全面再開する方針だ。

次の