吐き気 体の向き。 逆流性食道炎になったときの正しい寝方!右と左を間違えると大変です!

あなたは右向き?左向き? 寝るときの体の向きで、健康になれるかも!?

吐き気 体の向き

自宅で家族の介護をしている方にとって、家族の急な体調の変化はとても恐ろしいものです。 今回は、自宅で家族が吐いてしまった場合どのように対処すればいいのか、嘔吐の原因と一緒にご紹介いたします。 高齢者の嘔吐の原因 高齢になると食道や胃の機能が低下することに加え、前傾姿勢状態が続くことで胃が圧迫され嘔吐を繰り返してしまうことがあります。 また便秘が続くことで嘔吐しやすくなるので、便秘を予防することも大切です。 寝たきりの高齢者の場合、吐いたものが気管や肺に入り込んでしまい、呼吸困難に陥ってしまう場合があります。 吐いた後も、しっかりと家族が見守ることが大切です。 吐いてしまった時の対処法 では、実際に嘔吐してしまった場合、どのように対処すれば良いのがご紹介いたします。 対処法を覚えておけば、急に吐いてしまったときでも慌てず対処することができます。 1)横向き、またはうつぶせに寝かせる 仰向けの姿勢で吐いてしまうと、むせたり嘔吐物が気管に入って詰まる可能性があります。 なるべく横向きに寝かせ、タオルを顔の周りに広げて敷いておきましょう。 タオルの代わりにフラットタイプのおむつを敷けば、嘔吐物の水分を吸収しすばやく処理することができます。 また、そのまま嘔吐物を覆うことで感染拡大を防止することができます。 横を向いて寝る時は、 左を下にして寝るようにしましょう。 消化を促す為に食後は右向きに寝るのが良いといわれていますが、胃の機能が弱っている時は左向きで寝る方が良いそうです。 右向きで寝ると胃の入り口も下を向いてしまう為、食道に胃の内容物が逆流しやすくなります。 逆流性胃腸炎を患っている方は、胃液が上がらないように左向きで寝るよう指導されるそうです。 どちらにせよ、本人が一番楽な姿勢をとってあげることが大切です。 うつ伏せにする場合は、顔だけ横に向け呼吸ができるよう十分注意してあげましょう。 2)口の中に残った嘔吐物を取り除く 口の中に嘔吐物が残っていると、さらに吐き気を催す場合があります。 気管に入り込むのを防ぐ為にも、口の中に残った嘔吐物を手で出してあげましょう。 このとき、 深く手を入れないよう優しく行って下さい。 またレモン汁や食塩が少し入った水でうがいをすることで残った嘔吐物を綺麗に洗い流し、口の中をすっきりさせることができます。 うがいができない場合は水で濡らしたガーゼで口の中を綺麗にしましょう。 この時、可能なら入れ歯を外してあげて下さい。 3)無理に吐かせない、我慢させない 指を喉に入れて吐かせるのは、喉を傷つけたり胃に負担をかけることになるのでやめましょう。 吐きたいときに我慢せず吐けるように洗面器やタオルなどを近くに置いておきましょう。 嘔吐物のにおいで気分が再び悪くならないように、嘔吐物の処理がしやすいよう工夫することも大切です。 4)吐き気が治まったら水分を補給する 脱水症状にならないよう、すぐにでも水分を補給しなければならないと思われがちですが、 吐き気が治まるまでは無理に飲ませないようにしましょう。 吐いてしまった後も、胃の逆流運動は続いています。 その状態で、胃の中にものが入ってくると再び吐き気に襲われてしまいます。 目安としては30分から1時間程度は何も飲まない方が良いでしょう。 吐き気が落ち着いてから、水分を補給します。 何度も吐いていると水分と一緒に塩分も不足します。 できれば 経口補水液をティースプーン1杯ずつ飲みましょう。 5分おきにゆっくりと、ペースと量を調整しながら100cc程度補給したら胃を休めるようにしましょう。 チェックするポイント 医師の診察を受けるとき以下のポイントを聞かれる場合がありますので、忘れないようチェックしておきましょう。 吐いた物に血が混じっていないか• 頭をぶつけていないか• 頭痛やひどいめまいはないか• 腹痛がないか。 ある場合はどのあたりが痛むか• 呼吸が止まったり、不自然にゆっくりになっていないか• 意識はしっかりしているか• いつもと違う薬を服用していなかったか• 生ものを食べていなかったか 意識が混濁している、激しい腹痛を訴える、お腹が膨らんでいるなどに当てはまる場合は、すぐに病院で診察を受けましょう。 嘔吐で考えられる病気 吐き気や嘔吐はよくある症状ですが、重大な病気が隠れている場合があります。 嘔吐、吐き気と共に下記症状を訴えていないか確認しましょう。 (腹痛がある場合) 腹痛が伴う場合は、主に胃の病気が疑われます。 嘔吐のほかに吐血がないか確認しましょう。 軽度の痛みが続き、何度も嘔吐する場合は胃がんが疑われます。 また、熱があり鈍い痛みや全身の倦怠感がある場合は急性肝炎や膵炎の可能性があります。 みぞおちの辺りの痛み…急性胃炎、胃がん、十二指腸潰瘍など• 上腹部の痛み…胆石、急性膵炎、急性肝炎など• 下腹部の痛み…腸炎、食中毒、虫垂炎など• 腹痛と腰や背中の痛み…腎盂腎炎など (頭痛がある場合) 頭痛が伴う場合は、脳血管障害が疑われます。 吐き気と頭痛のほかに、意識障害がないか確認しましょう。 意識が朦朧としている…脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など• 目の痛みがある…急性緑内障など• めまいがする・・・メニエール病、突発性難聴など 5. 背中をさすったり、声をかけたりして不安な気持ちを和らげましょう。 様々な疾患が原因で起こる嘔吐(吐き気)。 吐いてしまったときは、慌てず冷静に行動しましょう。

次の

体を動かすとぐるぐる目が回る!~良性発作性頭位めまい症について~|ニュー琴海病院|長崎

吐き気 体の向き

中でも近年注意したいのが首コリです。 首というのは普段から意識して 生活をすることはありませんが、 頭を支える重要な存在となっています。 この首に大きな負担が かかったままの状態が続くと、 脳に流れていく血液が 滞ってしまうことや酸素が 少なくなってしまうこともあります。 そのため常に血行を 促進した状態を維持するとともに、 できる限り首のコリを 取り除いてあげなければなりません。 首コリによって吐き気や 頭痛が出てしまう事も多く、 このような状態が続くと お仕事をするにも集中力が なくなってしまうようなことがあります。 また車の運転をするにも 悪影響を及ぼしますので、 改善していかなければなりませんね。 しばらくの間は下を向いて 何か作業をしていると、 その後正面を見たいと 思ったときに首に激痛が はしってしまう事や、 めまいがしてしまうことはありませんか? また、下を向いた状態が 続くと頭が痛くなってくることもあります。 このように頭痛が生じると、 次の段階としては気分が 悪くなってきてしまい 吐き気につながるという ケースがほとんどです。 そのため、下を向きながら 長時間作業をすることは 避けなければなりません。 どうしても仕事などで このような体制を取るときでも、 定期的に首を上げてぐるぐると 頭を回すなど、 首の血行が滞らないようにしましょう。 また、大きく深呼吸を してあげる事も大切です。 深呼吸をすることによって 脳内には沢山の血液や 酸素が送られるため、 吐き気や頭痛を 予防することにつながります。 首コリによる頭痛や吐き気の 全ての原因が眼精疲労という ケースも珍しくないのです。 眼精疲労は目の裏にある 毛細血管をはじめとして、 脳に繋がっている血管などを 収縮させてしまうことがあります。 また眼精疲労が生じることによって 平衡感覚が乱れてしまう事や、 自律神経、さらにはホルモンバランスにまで 乱れが生じてしまうことがあるのです。 ですから、パソコン作業や、 その他にも細かな作業を 長時間続けるときには 必ず適度に休憩をしてください。 そうすることによって 眼精疲労を防ぎ、 これに伴う首こり肩こり頭痛 吐き気といった症状を予防します。 また、今まではこれが原因だった という方であっても 改善につながっていくでしょう。 前述したような原因から首コリによる吐き気や 頭痛が引き起こされるのですが、 あまりにも強い吐き気が出ている時は 単純な首コリではなく、 頚椎ヘルニアによって神経が 圧迫されている可能性があります。 また頚椎ヘルニアの主な症状としては 頭痛や強い吐き気だけでなく、 腕のしびれなどもありますので、 このような症状が少しでも 現れた時には必ず受診してください。 頚椎ヘルニアは 耐え難い痛みを伴ってしまい、 その上で頭痛や吐き気なども 生じてくるのでお仕事を 始めとする日常生活にも支障をきたします。 早い段階で対処を行わなければ 症状はどんどん酷くなる一方ですので、 正しい治療を受けなければなりません。 スポンサードリンク - , , ,.

次の

風邪じゃない!?吐き気や微熱の症状が続く原因はいったい何?

吐き気 体の向き

逆流性食道炎は体を横にすると、胃酸が逆流してしまうから、寝方が大切なは知っているけど、実際にどんな寝方が正しいか知っていますか? 仰向けになる寝方、右側を下にする寝方、左側を下にする寝方、うつ伏せになる寝方、主に4つの寝方があり、この中に正しい寝方があるんです。 正しい寝方をすれば、逆流性食道炎の症状が出る心配は少ないけど、寝方を間違えてしまうと、寝ているときに症状が悪化してしまうかも。 寝ている時間は、6時間から8時間くらいで、長い時間ずっと同じ状態で寝ていることはないど、何時間もダメな寝方をするのは危険。 そこで、逆流性食道炎の人が寝る際に、症状を悪化させないための正しい寝方をご紹介するので、しっかり覚えて今夜から試してください。 実際にボクがしていた寝方! ボクが逆流性食道炎になってすぐの頃、体を横にすると胃酸が逆流をして胸焼けを起こしたから、とてもツラかったです。 特に、仰向けになっているときに、胃酸が逆流している感じがするので、寝るのがちょっと怖くなってしまいました。 短時間抗不安薬を処方してもらったので、寝るのが不安なときにはこの薬を飲むと大丈夫だから安心だけど、ずっと薬に頼る訳にはいきません。 そこでいろいろなサイトから、逆流性食道炎の寝方を調べると、寝るときには体を横にするのが良いと分かりました。 でも、右側を下にする方が良いと言う人もいれば、左側を下にする方が良いと言う人もいて、右側と左側のどちらを上にした方が良いのか分かりません。 寝ているときに寝返りを打つのは仕方がないし、腰痛を持っているボクの場合は、ずっと同じ姿勢ではいられないのが問題です。 右側を下にする寝方、左側を下にする寝方、どちらも試したけど、実際にどちらが良いのかハッキリしないままなので、正し寝方を早く決めたい。 そこで思い出したのが病院へ行って検査した日のことで、胃カメラを飲んだときの寝方をすれば、逆流性食道炎の症状を防げそうだと分かったんです。 胃カメラの検査をしたときの寝方! 胃カメラの検査をするとき、マウスピースをつけて体を横にさせたでしょうが、そのとき左側を下にする寝方をしませんでしたか? 検査の際に胃酸が逆流したら大変だから、体の左側を下にする寝方をさせたと思うので、正しい寝方は左側を下にすることだと思います。 いろいろなサイトで調べても、胃の構造から右側を下にする寝方は、胃酸が逆流しやすくなるらしいので、正しい寝方は左が下にする方です。 ただし、人によっては右側を下にする寝方の方が、寝やすい場合があるらしいので、まずは自分にあった寝方を探した方が良いかもしれません。 ボクの場合も、左側を下にする寝方をしていても、ときどき胃の辺りから「ギュルギュル」と音がするので、正しいのが左側を下なのか不安でした。 症状が治まって来ると、左側を下にする寝方、右を下にする寝方、どちらにしても特に問題ないので、症状が出ているときだけ気を付ければ大丈夫。 とりあえず、正しい寝方の左をする方法を試して、自分の体に合っていたらそのままにして、違和感を感じたら右をする寝方を試してください。 もし、これからカメラの検査をする人がいたら、右側と左側のどちらを下にするのが正しい寝方なのか、念のため聞いてください。 仰向けの寝方にはちょっと工夫が必要! 体を横にする際の正しい寝方は、左側を下にすることだと分かりましたが、仰向けになる寝方の場合は、特に問題がないのでしょうか? 実はボクの場合、仰向けになる寝方との相性が非常に悪く、おなかの辺りがギュルギュルと鳴り出して、胃酸が逆流するような感覚に陥ります。 そこで胃酸を逆流させないように、おなかより上の部分を少し高くした寝方をすれば、ちょっと寝づらいけど問題がないことが分かりました。 ポイントとしては、座布団をやタオルなどで傾斜を付けてから、仰向けになる寝方をするのがおすすめです。 ただし、この寝方が誰にでも通用する方法ではないらしく、逆流性食道炎を患っている義理の兄に聞いたら、全く効果がないと言っていました。 必ずしも仰向けの寝方をする際、おなかの上の部分に傾斜を付けて寝れば、胃酸が逆流してこない訳ではないらしいので、効果は人それぞれらしいです。 そう言われてみると、胃酸が逆流する症状のときは体が起きていても出るので、傾斜を付けた程度では胃酸の逆流を抑えられないのかもしれません。 うつ伏せ寝方だけは、絶対にやってはダメなので、ここだけは守って寝ましょう。 どうしてもうつ伏せで寝たい場合は、自己責任でお願いします。 まとめ 基本的には、うつ伏せはダメ、仰向けはお腹の上の部分を高くする、体の左側を下にする寝方がベスト、体の右側を下にする寝方がベター、これが正しそうです。 人によっては右側を下にする寝方がベストの場合もあるので、胃酸が逆流するような感覚の有無を確認して、自分に合う寝方をしましょう。 ただし、起きているときでも胃酸が逆流してくるので、どんな寝方をしても効果がない場合がありますので、その点は注意してください。 逆流性食道炎が原因で、睡眠不足になってしまうと、日常生活にも支障が出るので、どうしても眠れない場合は、短時間抗不安薬(睡眠導入剤)を処方してもらいましょう。 ボクの場合、一度寝てしまえば胃酸が逆流している感覚がないので、眠くなるギリギリまで体を起こした状態にして、睡魔に襲われたらすぐ寝るようにしています。

次の