広陵町役場。 「広陵町役場」(バス停)の時刻表/アクセス/地点情報/地図

広陵町とは

広陵町役場

地理 [編集 ] の北に位置することから、河川に関しては同じように・が北流し、さらに町の東辺をが流れる。 町の東部では平坦な地形が広がるのに対して、西部は丘陵地帯となっているが、ここは隣接するに跨ってを形成している。 町の西部にはが広がる。 また、『』ゆかりの・が鎮座する。 町東部の葛城川と曽我川に挟まれた地域にはの集落があり、三重塔が残る。 町域 [編集 ]• 635-0825 安部(あべ)• 635-0831 馬見北1~9丁目(うまみきた)• 635-0832 馬見中1~5丁目(うまみなか)• 635-0833 馬見南1~6丁目(うまみみなみ)• 635-0834 大塚(おおつか)• 635-0803 大野(おおの)• 635-0801 大場(おおば)• 635-0821 笠(かさ)• 635-0805 萱野(かやの)• 635-0813 百済(くだら)• 635-0815 古寺(こでら)• 635-0804 沢(さわ)• 635-0817 寺戸(てらど)• 635-0816 中(なか)• 635-0814 南郷(なんごう)• 635-0824 疋相(ひきそ)• 635-0822 平尾(ひらお)• 635-0812 広瀬(ひろせ)• 635-0811 弁財天(べざいてん)• 635-0802 的場(まとば)• 635-0835 みささぎ台(みささぎだい)• 635-0823 三吉(みつよし)• 635-0818 南(みなみ) 西部(真美ヶ丘ニュータウン) [編集 ] 馬見丘陵の南縁に当たり、竹林と田畑が点在するであったが、(昭和55年)代前半からによって宅地造成がなされ、当町が住宅都市として発展するきっかけとなった。 区域内にはをはじめとした2~4車線道路が張り巡らされ、道路事情が芳しくない奈良県内において希有の景観を作り出している。 西部(域) [編集 ] 三吉地区から大塚地区にかけて、馬見丘陵東斜面に沿うように住宅が密集。 中心は平尾・疋相両地区であり、農協・銀行や商店が集中。 飲食店舗が靴下工場跡などに建設されている。 出店近年は西部、真美ヶ丘ニュータウンでの住宅開発が当地区にも及び、新興住宅が散見されるようになった。 一方、高田川より東側では広大な水田地帯であるものの、沿道で、郊外型飲食店が急増している。 (平成22年)には、町内のショッピングセンターで最大規模となる、広陵店が開業した。 秋には各村でだんじり祭りなどが開催される。 2010年10月第2土曜日には笠のだんじり祭りが開催される。 2012年9月に笠のだんじりが100年ぶりに淡路島の業者により修繕されて9月27日八島神社へ戻ってきた。 2012年10月13日に八島神社にてだんじり祭りが開催される。 1月第2土曜日には、各村で川辺でとんどなどが焚かれる。 笠は高田川で開催される。 中南部(旧域) [編集 ] 町役場が置かれるなど行政の中心地区であるが、住宅・商店の集積度は低く、長閑な田園地帯である。 南郷地区はが見られ、旧瀬南村の中心であった。 北部(旧域) [編集 ] 後に広陵町に編入された区域であり、教行寺を中心とする寺内町として発展。 (現在の近鉄田原本線)が開通し、箸尾駅が設置されるなど、奈良県内では比較的早い時期に町制を施行した。 新興住宅も増加傾向である。 また、この地区にはかつて箸尾町立箸尾中学校が存在していたが、(昭和33年)に広陵町立広陵中学校と合併された。 東部(旧域) [編集 ] ・に挟まれた田園地帯で、水田の中に住宅・集落が点在。 百済地区中心部にあるには三重塔がある。 75%増の33,055人であり、増減率は県内39市町村中5位。 データ出典 の調査による各年10月1日の人口。 (平成19年)現在 : 33,281人• (平成19年)現在もなお、高い増加率を維持している。 (平成18年)6月ごろに人口が田原本町を追い越し、奈良県においては一番人口が多い町となった。 歴史 [編集 ] 『』の山守(やまもり)郷、散吉(さぬき)郷、川辺(かわのへ)郷の地である。 広瀬の名は、今も町内の大字として残っている。 (昭和60年)頃より、町西部の丘陵地帯において大規模な宅地開発(・)が行われ、大阪市から直線距離で25Kmという立地条件も手伝って、として人口が急増。 増加率は香芝市や、上牧町とともに県内上位であり、一時は全国でも有数の数値を誇ったこともある。 町名は、広瀬郡の「広」と丘陵地帯の「陵」を用い「広陵」とした広陵中学校 旧馬見中学校 の校名に由来する。 真美ヶ丘ニュータウン内にある町清掃センターの操業問題がクローズアップされていたが、古寺地区への移転が決定。 新施設は(平成19年)3月に稼働した。 沿革 [編集 ]• (30年) - ・・が合併して発足。 (昭和31年) - を編入。 町域の変遷 [編集 ] 明治22年 明治29年 昭和2年 昭和28年 昭和30年 昭和31年 現在 奈良県 広瀬郡 北葛城郡 馬見村 馬見町 広陵町 広陵町 百済村 瀬南村 箸尾村 箸尾町 町のキャッチフレーズ [編集 ]• の町(国内トップクラスの生産量に由来。 全国生産量の約4割)• かぐや姫のまち(町内にあるにまつわる伝承に由来) 行政 [編集 ]• 町長:山村 吉由• 町議会議員:14名(無所属10、2、2)(2017年4月14日現在) 歴代町長選挙• 1982年5月23日投票、服部融当選• 1986年5月25日投票、服部融当選。 1990年5月27日投票、服部融当選。 1992年2月2日投票町長選挙には7名が立候補したが、に達せず当選人なし。 選挙後14日以内の期間 にが提起されたため 第34条 で定められた50日以内のが実施できなかった。 1993年8月8日投票、林田孝一当選。 林田は1992年2月2日選挙で1位だった。 1997年7月20日投票、林田孝一当選。 2001年7月1日投票、平岡仁当選。 2005年6月5日投票、平岡仁当選。 2009年6月14日投票、平岡仁当選。 2013年6月5日執行、山村吉由(やまむらよしゆき)無投票当選。 2017年6月25日執行、山村吉由無投票当選。 衆議院議員選挙区 「」。 奈良県議会議員選挙選挙区 「北葛城郡選挙区」(定数:3)。 経済 [編集 ] 産業 [編集 ] (平成7年)、近鉄プラザ真美ヶ丘店・ジョイフル朝日(現・ダイキ)真美ヶ丘店を 核テナントとするショッピングセンター「エコール・マミ」が開業した。 (売場はにまたがっており、広陵町域にあるのは北館である。 3月にリニューアルオープンした。 ) また、(平成22年)には、安部地区に広陵店が開業。 同店舗は型の店舗で、広陵町内においては最大の売り場面積を持つショッピングセンターである。 名産・特産 [編集 ]• 農業(いちご・なす)• 繊維(靴下・織布) 金融機関 [編集 ]• 馬見支店(平尾)、箸尾支店(南) 農業協同組合 [編集 ]• (JAならけん)• 広陵支店(平尾)• 広陵南支店・広陵農営経済センター(南郷)• 広陵東支店(百済)• 広陵北支店(南) 各支店にはJAバンクATMが設置されているほか、広陵町役場、エコールマミ、イズミヤスーパーセンター広陵店にもそれぞれJAバンクATMが設置されている(広陵町役場内のATMは土曜・休日は稼働しない)。 大阪支店 イズミヤスーパーセンター広陵店内出張所(安部)(ATMのみ、ホリデーサービス実施) その他簡易郵便局を除く各郵便局にATMが設置されており、広陵真美ケ丘南郵便局ではホリデーサービスを実施。 教育 [編集 ] 大学 [編集 ]• (馬見中)• (馬見中) 高等学校 [編集 ]• (的場) 中学校 [編集 ]• 広陵町立広陵中学校(三吉・笠(住所笠になる。 (馬見中) 小学校 [編集 ]• 広陵町立広陵東小学校(百済)• (平尾)• 広陵町立広陵北小学校(弁財天)• 広陵町立真美ヶ丘第一小学校(馬見南)• 広陵町立真美ヶ丘第二小学校(馬見北) 福祉施設 [編集 ]• 広陵町手をつなぐ育成会すみれ作業所(古寺)=広陵交通公園内にある。 さわやかホール(笠) 県の施設 [編集 ]• 第二浄化センター(萱野) 隣接する自治体 [編集 ]• 交通機関 [編集 ] 鉄道 [編集 ] (近鉄)• 地区によっては町外のや、またの・・大和高田駅・が最寄となる。 路線バス [編集 ]• 広陵町バス - 町内交通、鉄道駅・病院・公共施設・需要店舗へのアクセスのための町営である。 ・などの町外の拠点へもアクセス可能。 道路 [編集 ] [編集 ]• 奈良県道112号田原本広陵線のうち、広陵町役場前交叉点~広陵農協前交叉点と、それに連続する広陵農協前交叉点~馬見中4丁目までの町道「柳板大谷線」は、町出身の柔道家にちなみ、「金メダルロード」()という別名が制定されている。 その他 [編集 ]• 名所・旧跡・観光・祭事・催事 [編集 ] 神社 [編集 ]• 小北稲荷神社• 八坂神社• 櫛玉比女命神社• 八島神社 寺院 [編集 ]• 三重塔• 与楽寺• 正楽寺• 大福寺• 教行寺箸尾御坊 名所・旧跡 [編集 ]• 池田末則 編『奈良の地名由来辞典』、2008年 ISBN 978-4-490-10735-7• 広陵町• - 選挙コンサル• - 総務省• - 法庫 houko. com• - 広陵町選挙管理委員会• - 選挙ドットコム• の区割変更によりから変更となった• 奈良県選挙管理委員会• 産経ニュース. 2015年3月20日. 2017年12月25日閲覧。 広陵町. 2017年12月25日閲覧。 広陵町. 24 2015年10月. 2017年12月25日閲覧。 外部リンク [編集 ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Geoshapeリポジトリ• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 に関連する地理データ -•

次の

【築山駅】セブンイレブン 広陵町役場前店がオープン予定

広陵町役場

引越し時や大掃除、結婚や転勤など、一時的に多量のゴミが出る時にゴミを環境処理センターへ直接ゴミを持ち込みたい(自己搬入したい)と考えた事はありませんか? また、同じ市・区・町村でも居住する地区や、ゴミの種類によっても持ち込みできる施設が異なる場合がありますので、注意が必要です。 事前にご確認ください。 広陵町のごみの持ち込みはクリーンセンター広陵で受け付けます。 マナーを守って正しくごみを出してください。 年末年始は各家庭から出るごみの量が増えるため、普段と比べ、収集ルートや収集時間の変更が生じますので、 どのごみも必ず午前8時迄に出してください。 なお、産業廃棄物の持ち込みはお受け出来ませんのでご了承ください。 テレビ(薄型含む)・洗濯機・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機・パソコンは 粗大ごみとして収集できません。 お住まいの地域を担当するクリーンセンターの電話番号(かけ間違いにご注意) ごみの発生地域 担当施設 問合TEL (かけ間違いにご注意) 広陵町 クリーンセンター広陵 0745-57-2000 施設名称|クリーンセンター広陵 所在地 〒635-0814 奈良県北葛城郡広陵町大字古寺81番地 電話 0745-57-2000 FAX 0745-57-2005 受付時間 午前8時~正午・午後1時~3時 広陵町のクリーンセンターの周辺地図 クリーンセンター広陵 広陵町と町域について 奈良県北西部、北葛城(きたかつらぎ)郡にある町。 1955年(昭和30)馬見(うまみ)町と瀬南(せなみ)、百済(くだら)の2村が合併して成立。 東部の百済は百済人の渡来地と伝えられ、百済寺が残る。 百済寺の三重塔は国の重要文化財。 馬見丘陵には特別史跡巣山古墳、国史跡の牧野(ぼくや)古墳など多くの古墳がある。 town. koryo. nara. その後の自治体での分別方法や出し方の変更などにより、必ずしも最新・正確な情報であると保障致しません。 参考程度にお考え下さい。 また、個人の自己責任でご利用頂きます。 正しい最新の情報は広陵町役所ホームページ、及び担当部署にご確認をお願い致します。

次の

広陵町役場ホームページ案内/市役所一覧.com

広陵町役場

地理 [編集 ] の北に位置することから、河川に関しては同じように・が北流し、さらに町の東辺をが流れる。 町の東部では平坦な地形が広がるのに対して、西部は丘陵地帯となっているが、ここは隣接するに跨ってを形成している。 町の西部にはが広がる。 また、『』ゆかりの・が鎮座する。 町東部の葛城川と曽我川に挟まれた地域にはの集落があり、三重塔が残る。 町域 [編集 ]• 635-0825 安部(あべ)• 635-0831 馬見北1~9丁目(うまみきた)• 635-0832 馬見中1~5丁目(うまみなか)• 635-0833 馬見南1~6丁目(うまみみなみ)• 635-0834 大塚(おおつか)• 635-0803 大野(おおの)• 635-0801 大場(おおば)• 635-0821 笠(かさ)• 635-0805 萱野(かやの)• 635-0813 百済(くだら)• 635-0815 古寺(こでら)• 635-0804 沢(さわ)• 635-0817 寺戸(てらど)• 635-0816 中(なか)• 635-0814 南郷(なんごう)• 635-0824 疋相(ひきそ)• 635-0822 平尾(ひらお)• 635-0812 広瀬(ひろせ)• 635-0811 弁財天(べざいてん)• 635-0802 的場(まとば)• 635-0835 みささぎ台(みささぎだい)• 635-0823 三吉(みつよし)• 635-0818 南(みなみ) 西部(真美ヶ丘ニュータウン) [編集 ] 馬見丘陵の南縁に当たり、竹林と田畑が点在するであったが、(昭和55年)代前半からによって宅地造成がなされ、当町が住宅都市として発展するきっかけとなった。 区域内にはをはじめとした2~4車線道路が張り巡らされ、道路事情が芳しくない奈良県内において希有の景観を作り出している。 西部(域) [編集 ] 三吉地区から大塚地区にかけて、馬見丘陵東斜面に沿うように住宅が密集。 中心は平尾・疋相両地区であり、農協・銀行や商店が集中。 飲食店舗が靴下工場跡などに建設されている。 出店近年は西部、真美ヶ丘ニュータウンでの住宅開発が当地区にも及び、新興住宅が散見されるようになった。 一方、高田川より東側では広大な水田地帯であるものの、沿道で、郊外型飲食店が急増している。 (平成22年)には、町内のショッピングセンターで最大規模となる、広陵店が開業した。 秋には各村でだんじり祭りなどが開催される。 2010年10月第2土曜日には笠のだんじり祭りが開催される。 2012年9月に笠のだんじりが100年ぶりに淡路島の業者により修繕されて9月27日八島神社へ戻ってきた。 2012年10月13日に八島神社にてだんじり祭りが開催される。 1月第2土曜日には、各村で川辺でとんどなどが焚かれる。 笠は高田川で開催される。 中南部(旧域) [編集 ] 町役場が置かれるなど行政の中心地区であるが、住宅・商店の集積度は低く、長閑な田園地帯である。 南郷地区はが見られ、旧瀬南村の中心であった。 北部(旧域) [編集 ] 後に広陵町に編入された区域であり、教行寺を中心とする寺内町として発展。 (現在の近鉄田原本線)が開通し、箸尾駅が設置されるなど、奈良県内では比較的早い時期に町制を施行した。 新興住宅も増加傾向である。 また、この地区にはかつて箸尾町立箸尾中学校が存在していたが、(昭和33年)に広陵町立広陵中学校と合併された。 東部(旧域) [編集 ] ・に挟まれた田園地帯で、水田の中に住宅・集落が点在。 百済地区中心部にあるには三重塔がある。 75%増の33,055人であり、増減率は県内39市町村中5位。 データ出典 の調査による各年10月1日の人口。 (平成19年)現在 : 33,281人• (平成19年)現在もなお、高い増加率を維持している。 (平成18年)6月ごろに人口が田原本町を追い越し、奈良県においては一番人口が多い町となった。 歴史 [編集 ] 『』の山守(やまもり)郷、散吉(さぬき)郷、川辺(かわのへ)郷の地である。 広瀬の名は、今も町内の大字として残っている。 (昭和60年)頃より、町西部の丘陵地帯において大規模な宅地開発(・)が行われ、大阪市から直線距離で25Kmという立地条件も手伝って、として人口が急増。 増加率は香芝市や、上牧町とともに県内上位であり、一時は全国でも有数の数値を誇ったこともある。 町名は、広瀬郡の「広」と丘陵地帯の「陵」を用い「広陵」とした広陵中学校 旧馬見中学校 の校名に由来する。 真美ヶ丘ニュータウン内にある町清掃センターの操業問題がクローズアップされていたが、古寺地区への移転が決定。 新施設は(平成19年)3月に稼働した。 沿革 [編集 ]• (30年) - ・・が合併して発足。 (昭和31年) - を編入。 町域の変遷 [編集 ] 明治22年 明治29年 昭和2年 昭和28年 昭和30年 昭和31年 現在 奈良県 広瀬郡 北葛城郡 馬見村 馬見町 広陵町 広陵町 百済村 瀬南村 箸尾村 箸尾町 町のキャッチフレーズ [編集 ]• の町(国内トップクラスの生産量に由来。 全国生産量の約4割)• かぐや姫のまち(町内にあるにまつわる伝承に由来) 行政 [編集 ]• 町長:山村 吉由• 町議会議員:14名(無所属10、2、2)(2017年4月14日現在) 歴代町長選挙• 1982年5月23日投票、服部融当選• 1986年5月25日投票、服部融当選。 1990年5月27日投票、服部融当選。 1992年2月2日投票町長選挙には7名が立候補したが、に達せず当選人なし。 選挙後14日以内の期間 にが提起されたため 第34条 で定められた50日以内のが実施できなかった。 1993年8月8日投票、林田孝一当選。 林田は1992年2月2日選挙で1位だった。 1997年7月20日投票、林田孝一当選。 2001年7月1日投票、平岡仁当選。 2005年6月5日投票、平岡仁当選。 2009年6月14日投票、平岡仁当選。 2013年6月5日執行、山村吉由(やまむらよしゆき)無投票当選。 2017年6月25日執行、山村吉由無投票当選。 衆議院議員選挙区 「」。 奈良県議会議員選挙選挙区 「北葛城郡選挙区」(定数:3)。 経済 [編集 ] 産業 [編集 ] (平成7年)、近鉄プラザ真美ヶ丘店・ジョイフル朝日(現・ダイキ)真美ヶ丘店を 核テナントとするショッピングセンター「エコール・マミ」が開業した。 (売場はにまたがっており、広陵町域にあるのは北館である。 3月にリニューアルオープンした。 ) また、(平成22年)には、安部地区に広陵店が開業。 同店舗は型の店舗で、広陵町内においては最大の売り場面積を持つショッピングセンターである。 名産・特産 [編集 ]• 農業(いちご・なす)• 繊維(靴下・織布) 金融機関 [編集 ]• 馬見支店(平尾)、箸尾支店(南) 農業協同組合 [編集 ]• (JAならけん)• 広陵支店(平尾)• 広陵南支店・広陵農営経済センター(南郷)• 広陵東支店(百済)• 広陵北支店(南) 各支店にはJAバンクATMが設置されているほか、広陵町役場、エコールマミ、イズミヤスーパーセンター広陵店にもそれぞれJAバンクATMが設置されている(広陵町役場内のATMは土曜・休日は稼働しない)。 大阪支店 イズミヤスーパーセンター広陵店内出張所(安部)(ATMのみ、ホリデーサービス実施) その他簡易郵便局を除く各郵便局にATMが設置されており、広陵真美ケ丘南郵便局ではホリデーサービスを実施。 教育 [編集 ] 大学 [編集 ]• (馬見中)• (馬見中) 高等学校 [編集 ]• (的場) 中学校 [編集 ]• 広陵町立広陵中学校(三吉・笠(住所笠になる。 (馬見中) 小学校 [編集 ]• 広陵町立広陵東小学校(百済)• (平尾)• 広陵町立広陵北小学校(弁財天)• 広陵町立真美ヶ丘第一小学校(馬見南)• 広陵町立真美ヶ丘第二小学校(馬見北) 福祉施設 [編集 ]• 広陵町手をつなぐ育成会すみれ作業所(古寺)=広陵交通公園内にある。 さわやかホール(笠) 県の施設 [編集 ]• 第二浄化センター(萱野) 隣接する自治体 [編集 ]• 交通機関 [編集 ] 鉄道 [編集 ] (近鉄)• 地区によっては町外のや、またの・・大和高田駅・が最寄となる。 路線バス [編集 ]• 広陵町バス - 町内交通、鉄道駅・病院・公共施設・需要店舗へのアクセスのための町営である。 ・などの町外の拠点へもアクセス可能。 道路 [編集 ] [編集 ]• 奈良県道112号田原本広陵線のうち、広陵町役場前交叉点~広陵農協前交叉点と、それに連続する広陵農協前交叉点~馬見中4丁目までの町道「柳板大谷線」は、町出身の柔道家にちなみ、「金メダルロード」()という別名が制定されている。 その他 [編集 ]• 名所・旧跡・観光・祭事・催事 [編集 ] 神社 [編集 ]• 小北稲荷神社• 八坂神社• 櫛玉比女命神社• 八島神社 寺院 [編集 ]• 三重塔• 与楽寺• 正楽寺• 大福寺• 教行寺箸尾御坊 名所・旧跡 [編集 ]• 池田末則 編『奈良の地名由来辞典』、2008年 ISBN 978-4-490-10735-7• 広陵町• - 選挙コンサル• - 総務省• - 法庫 houko. com• - 広陵町選挙管理委員会• - 選挙ドットコム• の区割変更によりから変更となった• 奈良県選挙管理委員会• 産経ニュース. 2015年3月20日. 2017年12月25日閲覧。 広陵町. 2017年12月25日閲覧。 広陵町. 24 2015年10月. 2017年12月25日閲覧。 外部リンク [編集 ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Geoshapeリポジトリ• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 に関連する地理データ -•

次の