ダイエットレシピ 豆腐。 【低糖質レシピ】簡単豆腐ハンバーグ!ダイエットにおすすめ!

夜ご飯ダイエットメニューおすすめ15選!簡単時短レシピで気楽にダイエット!

ダイエットレシピ 豆腐

作り方• ポーチドエッグを作る。 まずラップを広げ、中心に少量の油を塗る。 汁椀などにラップを置き、その上に生卵を割り入れる。 生卵をラップで茶巾絞りのように包んで輪ゴムで止める。 小鍋に水を入れて沸騰させ、3を入れて中火で5分茹でる。 ラップを外してポーチドエッグの完成。 次に、食べやすく切ったサラダほうれん草、くずした豆腐をお皿に盛り付ける。 ポーチドエッグをのせ、ドレッシングをかけてサラダの完成。 豆腐を低糖質ダイエットに活かそう! 日本人が昔から食べてきた豆腐は、糖質制限をしている方にも人気の食材です。 豆腐はカロリーが低くダイエット向きというイメージが強いですが、豆腐にはタンパク質やカルシウムなど、様々な栄養素も含まれています。 そこで今回は、豆腐に含まれる栄養や、豆腐を使った糖質制限レシピについて紹介します。 定番の味噌汁や冷奴もおいしいですが、豆腐を使ったボリュームおかずや、夜食や朝食に使えるアレンジメニューなども加えると、毎日の食事がもっと楽しいものになります。 豆腐は低糖質&高タンパク質 大豆からできた豆腐は、低糖質でタンパク質を豊富に含んでいます。 6gのタンパク質を補うことができます。 糖質制限中にもしっかり摂りたいタンパク質が手軽に補えるのは嬉しいですね。 豆腐は栄養が豊富! 豆腐にはタンパク質だけでなく、ビタミンB群や、カルシウム、鉄分、マグネシウム、大豆イソフラボンなども含まれています。 豆腐は、ダイエット中に不足しやすい栄養素や、美容を意識する女性が注目している栄養素を補うのにも役立ちます。 豆腐はアレンジがしやすい! もうひとつの豆腐の魅力は、調理が簡単でアレンジがしやすい点です。 豆腐は味噌汁などの定番料理以外にも、ご飯の代わりに豆腐ライスとして使ったり、揚げ物やサラダ、グラタンなどに使ったりもできます。 メニューがワンパターンになりやすい糖質制限中でも、豆腐を使って色々な料理を楽しむことができます。 木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いや栄養は? なめらかな絹ごし豆腐と、少し硬めの木綿豆腐は、食感以外にどんな違いがあるのでしょうか?それぞれの製造方法や栄養素についてまとめました。 2つの種類の製造方法の違いは? 木綿豆腐は、豆乳に「にがり」などの凝固剤を加えて固めたものを崩し、水分を絞ってもう一度固めて作ったものです。 絹ごし豆腐は、濃い豆乳に凝固剤を加えてそのまま固めて作ったものです。 木綿豆腐の成分・カロリーは? 木綿豆腐のカロリー・成分は以下の通りです。 2g ・タンパク質 6. 6g ・脂質 4. 2g 絹ごし豆腐の成分・カロリーは? 絹ごし豆腐のカロリーなどの成分は以下の通りです。 7g ・タンパク質 4. 9g ・脂質 3. ) メニューや好みで使い分けよう! 炒め物や煮物などの調理に使いやすいのは硬めの木綿豆腐で、なめらかな食感をそのまま楽しみたい時は絹ごし豆腐がおすすめです。 成分では、木綿豆腐の方が絹ごし豆腐よりもタンパク質を多く含んでいます。 豆腐を選ぶ時は調理のしやすさや好みなどに合わせて使い分けをしましょう。 肉や魚も食事に取り入れよう! 豆腐が色々な料理に使えるとはいえ、豆腐ばかりに偏る食事をしていては、やはり栄養も偏ってしまいます。 豆腐の他に低糖質・高タンパクな食材としては、肉や魚、卵、チーズなどがあります。 また、野菜やきのこ、雑穀類などを取り入れると食物繊維も摂ることができます。 色々な食材を取り入れて、栄養バランスを整えるようにしましょう。 肉を使った低糖質レシピについては、こちらで紹介しています。 豆腐がメイン料理の宅配弁当 豆腐を使った料理を作る手間を省きたい場合は、電子レンジで温めるだけですぐに食べられる冷凍弁当を利用するのがおすすめ! 豆腐がメインの冷凍宅配弁当はナッシュやベルーナグルメなどが充実しているので各メニューのレビューを参考にしてみてください! まとめ 豆腐の基礎知識や、豆腐を使った低糖質レシピについてご紹介しました。 豆腐は低糖質で栄養価が高いだけでなく、リーズナブルで調理も簡単なため、食卓に取り入れやすい食材です。 豆腐を色々な食材と組み合わせたり、食感を変えたりすれば、マンネリになりがちな糖質制限中の食事メニューを飽きずに楽しむことができそうですね。 糖質制限中の食事をより手軽に楽しむには、低糖質専門の宅配サービス「ナッシュ」もおすすめです。 肉や魚、たっぷりの野菜を使ったおかずメニューも豊富に揃っています。 noshのメニューや価格はこちらのページで特集しているので参考にしてみてください!.

次の

【激痩せ】豆腐を主食にする置き換えダイエット効果 腹持ちいい木綿豆腐で毎日痩せる!

ダイエットレシピ 豆腐

ダイエットレシピなら肉やお菓子を食べても1週間で痩せる? 食べる量は決して多いわけではないのになぜか痩せられない。 そのような悩みを抱えている人は、まずは自分が一日で食べたものを全て書き出してみましょう。 なぜなら、自分ではそれほど食べていないと思っていても、「つい口寂しくて・・」とか「何となく目についたから」などの理由で、空腹時以外にあれこれと食べてしまっている可能性があるからです。 そして、食べたものを書いたら、そこからカロリー計算をしてみましょう。 カロリー計算は、食べ物のカロリーを表示しているインターネットサイトを利用したり、スマホのアプリなどで簡単に調べることができますが、多少の誤差にこだわる必要はありません。 この段階では、あくまでもおおよその摂取カロリーを知ることが大切です。 そうすると、量は食べていなくても、摂取カロリーが高いことがわかると思います。 中には、カロリーが低いと思っていたものが思っていた以上に高カロリーだった、という場合もあります。 ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーですから、食べる量が少ないにも関わらず痩せられない時は、食べているもののカロリーが高いと考えられますが、そのような時に役に立つのがダイエットレシピです。 ダイエットレシピは低カロリーであることが絶対条件ですから、それさえ食べていれば痩せられるでしょう。 しかし、ダイエット=低カロリーと安易に考えてしまうと、体に必要な栄養素が足りず、体調不良になったりストレスが溜まるなどの原因になりかねません。 また、いくらダイエットに効果があるとしても、高価なものであれば毎日食べ続けることは困難になりますよね。 そこでここでは、節約しながら一週間で効果が期待できる、おすすめのダイエットレシピをご紹介したいと思います。 ダイエットによいと言われている食材は数多くありますが、その中でも今回は豆腐とささみにスポットをあててみました。 さらに、作り置きしておけば、いつでもすぐに食べることができるスープのレシピも併せて掲載していますので、これからダイエットを始めようと思っている方は、ぜひ一度ご覧頂けたらと思います。 ダイエット中におすすめの食品とは? ダイエットによい食品は、低カロリーであることが絶対条件と言えます。 しかし、このカロリーという言葉、当たり前のように聞きますが、どのような意味なのかしっかり理解しているという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。 カロリーは、人が生きていくためのエネルギーとなるもの。 電化製品は電気をエネルギーにして動きますよね? また、車はガソリンがなければ走れないように(最近は電気自動車もありますが・・)、人も呼吸をしたり、立ったり歩いたり話したりするためにはエネルギーが必要となります。 そして、そのエネルギーは食べ物から摂取します。 摂取した食べ物に含まれるカロリー(エネルギー)は、日常生活や運動などによって消費されますが、この時、摂取したカロリーよりも消費カロリーが下回れば、体内にはカロリーが残った状態になりますよね。 そこにさらに食事よってカロリーが追加され、カロリーがどんどんと蓄積されていくと、これが脂肪になってしまいます。 つまり、脂肪は消費されなかったカロリーの塊ということになります。 このようなことから、ダイエット方法として最も理想的なのは、食べた以上に運動することと言えます。 しかし、毎日忙しい中で運動をする時間をなかなか作れない場合や、運動そのものが苦手と言う人もいますよね。 それならば、消費できるカロリーに制限があるなら、摂取カロリーを抑えようというわけです。 いかがでしたか? どうしてダイエットに低カロリーの食品がよいのか、その理由がよくおわかり頂けたのではないでしょうか。 1週間で痩せられる? ダイエットを始める時、多くの方は「1ヶ月で痩せたい」「1週間で痩せたい」のように、期限を設けるのではないかと思います。 でも、そんな短期間で本当に痩せることはできるのでしょうか。 理論上、脂肪1gを燃やすのに必要なエネルギーは1㎉と言われており、1kg痩せるには9,000㎉の消費が必要となります。 ただし、脂肪1kgのうち脂質は8割程度で、残りの2割は水分などで構成されていることがわかっているため、1kg痩せるには7,200㎉の消費が目安となるそうです。 これを1週間に当てはめてみると、約1,029㎉となります。 日本の成人男女の摂取カロリーの平均は、1,800~2,200㎉と言われているため、一日1,000~1,200㎉で食事を行うようにすると、1週間でも1kg痩せることは可能となります。 豆腐を使った節約のダイエットレシピ5選 ダイエットに低カロリーの食品は欠かせませんが、ただやみくもに低カロリーのものばかりを食べていると、栄養不足になりかねません。 特に、カロリーの低い食品を摂るようになると、不足しがちになるのがたんぱく質。 たんぱく質は、三大栄養素の一つに数えられ、摂取量が足りなくなると心身に様々な影響を及ぼすと言われています。 中でもダイエットに関係してくるのが筋肉量の低下に伴う代謝の減少です。 筋肉が減ると基礎代謝が落ち、返って太りやすくなるため、ダイエット中はカロリーが低いものを意識して食べながら、同時にたんぱく質不足にならないように注意しなければなりません。 そのような場合にとてもおすすめなのが、豆腐です。 豆腐は低カロリーでありながら、高たんぱく質(植物性たんぱく質)の食品なので、ダイエット中にはぜひ摂りたい食品の一つ。 そこでここでは、豆腐を使ったダイエットレシピをご紹介したいと思います。 豆腐を使ったダイエットメニューとして定番のサラダですが、このレシピはクックパッドでつくれぽ580人超えの大人気レシピ。 簡単ながら味に定評があるレシピなので、ぜひ作ってみて下さいね。 参考URL: 豆腐とキャベツのお好み焼き風 耐熱皿に入れレンジで加熱した豆腐の粗熱をとり、刻んだキャベツ、卵、薄力粉、顆粒だし、塩コショウと合わせてよく混ぜたら、油をひいたフライパンに流し入れ、両面をかりっとするまで焼いて、最後に刻んだねぎをトッピングして完成です。 豆腐を入れることで薄力粉の量を減らすことができ、また食べる時はたっぷりとポン酢を掛けるので、ソースやマヨネーズで食べる通常のお好み焼きよりもカロリーダウンが期待できます。 こちらもつくれぽ1,800件超えの大人気レシピとなっています。 参考URL: 糖質控えめ!ふわふわ豆腐ハンバーグ ボールに鶏ひき肉とナツメグを入れ、粘りが出るまでよく混ぜたら、そこにみじん切りした玉ねぎ(食感を残したい人はそのまま、やわらかく仕上げたい場合はレンジで加熱)、豆腐、卵を入れさらによく混ぜ合わせます。 種が完成したら冷蔵庫で少し冷やし、小判型に成形して、オリーブオイルをひいたフライパンで焼きます。 完成したハンバーグに大葉、大根おろしを乗せ、ポン酢を掛けて頂きます。 このレシピでは繋ぎに炭水化物を使っていないため、糖質制限をしたい方にもおすすめです。 ボールに潰して滑らかになるまでかき混ぜた豆腐、卵を入れて混ぜ、そこに炒めたベーコンを入れて、塩をブラックペッパーで味を整えます。 茹でたパスタとお好みの野菜を入れ、とろけるチーズを加えたら、ブラックペッパーでもう一度味を調えて完成です。 生クリームや粉チーズを使用しない分、カロリーを抑えつつも、濃厚な味わいはしっかりと楽しめる仕上がりになっています。 加熱したら、きな粉とお好みのドライフルーツをトッピングして完成です。 ダイエット中でもデザートが食べたいという時は、低カロリーの豆腐を使ったこんなレシピはいかがでしょうか。 豆腐は、絹豆腐を使うよりも充填豆腐を使用した方が水分が出にくく、口当たりもよくなるのでおすすめです。 参考URL: ささみを使った簡単なダイエットレシピ5選 低カロリー高たんぱく質の食品としてよく知られている鶏のささみ肉。 ダイエットにおいて、カロリーを抑えつつ、筋肉に必要なたんぱく質をしっかりと補えるため、理想的な食品と言えるでしょう。 しかし、鶏のもも肉のように脂肪分が少ないため、調理してもぱさつきが気になったり、味が淡泊すぎて美味しく感じない・・。 ささみに対して、このようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 いくらダイエットに効果があると言っても、美味しくなければなかなか続けることができませんよね。 そこでここでは、ささみを使った簡単で美味しいレシピをご紹介したいと思います。 鶏ササミ肉の甘辛レモン炒め 一口大に削ぎ切りしたササミ肉に、酢、塩コショウを振って馴染ませ、そのまま15分ほど置いておきます。 小麦粉をまぶしたササミ肉を、サラダ油を熱したフライパンに並べ、片面を軽く焦げ目がつくまで焼いたらひっくり返して蒸し焼きにします。 そこに、酒、しょうゆ、みりん、レモン汁、砂糖で作ったタレを加えて煮絡めて、白ゴマを振って完成です。 輪切りにしたオクラを電子レンジで加熱し、千切りにした長いもとささみ、だし醤油、白だし、かつお節、粗く擦った白ゴマ、一味唐辛子と混ぜ合わせて完成です。 オクラと長いものネバネバ食感がプラスされることで、ささみのパサつきが抑えて美味しく頂けます。 ささみ肉を適当に割き、5㎝ほどにカットした三つ葉、塩コショウ、ごま油、粉末だし、醤油、ごまと和えて完成です。 ささみは粗熱をとって冷ましてもよいですが、熱い状態で調理すると三つ葉がしんなりして、味の馴染みがよくなります。 参考URL: ささみで納豆ダイエット 筋をとったささみを耐熱皿に入れ、さらに酒と水を入れてラップをふわっとかけたら電子レンジで加熱します。 水を捨て、粗熱をとったささみを手で割いたら、そこにマスタード、白だし、ごま油、納豆、ねぎを入れ混ぜ合わせましょう。 納豆に着いている付属のたれも一緒に入れて下さいね。 このレシピを食べて、徐々にダイエット効果を感じている人もいるようですので、ぜひダイエットメニューに取り入れてみましょう。 参考URL: ウチの鉄板!鶏ささみのカリカリ唐揚げ 筋にそって縦半分に切ったささみを、醤油、酒、すりおろしたにんにく、しょうがのたれに入れ、しばらく浸しておきます。 たれから取り出したささみに天ぷら粉をまぶし、たれに水、てんぷら粉、パン粉を混ぜて、ささみをくぐらせ、油で揚げて完成です。 ダイエット中でも揚げ物が食べたくなる時がありますが、そんな時は低カロリーのささみを利用してみてはどうでしょうか。 唐揚げは脂身がないと満足できないという方でも、カリカリの食感が癖になり、つい手が止まらなくなりますよ。 参考URL: ダイエットに人気のスープレシピ5選 最初に大量に作っておけば、後は食べたい量だけを取り出して温めるだけで食べられるスープは、忙しい人の強い味方になるダイエットフードです。 野菜が苦手という人も、スープに入れてしまえば案外食べられる、という場合も多いのではないでしょうか。 また、スープにはたっぷりと水分があるため、具だくさんにすれば、これだけで一食分になるというほどボリュームもあり満足できる一品になります。 とは言え、材料を選ばないと知らず知らずのうちにカロリーを摂り過ぎてしまうこともあるため、ここではダイエットにおすすめのスープレシピをご紹介したいと思います。 脂肪燃焼!ミラクルダイエットスープ たまねぎ、ピーマン、セロリの茎、キャベツを適当な大きさにカットしたら、ホールトマト、コンソメ、水、を鍋に入れ煮込みます。 ウィンナーを入れる時は輪切りにし、軽く煮込む程度にしましょう。 塩コショウで味を調えたら完成ですが、食べ飽きしないように、食べる時にカレーパウダーやチリパウダーなどを振りかけてもOKです。 このスープは、脂肪燃焼スープダイエットとして、日本でもブームになったダイエット方法のレシピです。 元は、手術を行う前の肥満患者が短期間で体重を落とすために考案されたレシピとなっており、決められたルールにのっとって行うダイエット方法ですが、食べるだけで代謝がアップし脂肪燃焼効果が期待できると言われています。 コンソメ、醤油、酒、コショウを加えて味を調え、仕上げにゴマ油を入れて完成です。 きのこは食物繊維が多いため、腸内環境を整え、お通じの改善効果が期待できる食品です。 また、きのこ類はどれでも低カロリーのため、お好みのものを入れてもOKですし、たくさん食べても摂取カロリーが低いので満腹感を得やすくスープとなっています。 そこに、適当な大きさにカットしたキャベツ、にんじん、舞茸、エリンギを入れ、水を入れて煮込み、コンソメ、白だし、だし醤油、しょうがチューブを入れ、塩で味を調えたら、ブラックペッパーと刻んだねぎを散らして完成です。 お肉の量を減らせば、家族と一緒に楽しめるダイエットスープになります。 参考URL: 節約and時短!もやしと卵のスープ 水、もやし、ダシダを鍋に入れ火にかけたら、塩で味を調え、溶き卵を流し入れ、すぐに火を止めます。 最後にごま油を回し入れたら完成です。 ボリューム満点ながら低カロリーなので、ダイエット中におすすめです。 参考URL: 魔法瓶で作る小豆スープでダイエット 乾燥小豆を軽く水洗いして水を切ったら、魔法瓶に小豆、コンソメ(ウェイパーでも可)、塩を入れ、さらに熱湯を注ぎます。 上下左右に振って混ぜたら、横倒しにした状態で7~8時間ほど放置します。 食事の前にこの小豆スープを飲むと、血糖値が上がりにくくなると言われています。 参考URL: 食べても太らない!お肉を使ったレシピ5選 ダイエット中はお肉を食べるのを控える方も多いと思いますが、お肉には動物性たんぱく質が多く含まれることから、適度に摂取することで筋肉量を減らすことなく、代謝を活発にして痩せやすい体を作ってくれます。 とは言え、脂質の摂り過ぎは肥満の原因になることから、ここではダイエットにおすすめのレシピをご紹介したいと思います。 ほっとけばできる鶏ハム 鶏むね肉の皮を外し、砂糖、塩の順番ですりこんだら、袋に入れて密封し半日から一日おきます。 次に、ボールに鶏むね肉を入れ、水を注いで砂糖と塩抜きをします。 水に浸けておくのは30分程度がよいでしょう。 塩抜きした鶏むね肉をラップして、キャンディー状に形を整えたら、沸騰した鍋に入れ、もう一度沸騰したら火を止め、お湯が完全に冷めるまで放置します。 後はお湯から引き揚げ、好みの厚さにカットしたら完成です。 低カロリーの鶏むね肉で作るハムは、そのまま食べても、サラダに入れても美味しく頂けます。 参考URL: 白菜と豚肉のミルフィーユ 洗った白菜に豚肉の薄切りを敷き、それを交互になるように7段ほど重ねたら、適当な大きさにカットして鍋にし敷き詰めていきます。 塩コショウ、だしの素、酒を入れて蓋をし、蒸しにして完成です。 豚肉の薄切りはなるべく脂のないものを使うようにしましょう。 参考URL: 牛肉のトマト煮 牛肉(赤身)は一口大にして塩コショウをし、にんじんは乱切り、ブロッコリーは食べやすい大きさに、たまねぎはみじん切りにして、にんじんとブロッコリーはあらかじめ茹でておきます。 鍋にバターを入れ、スライスしたにんにくを炒めたら、玉ねぎを入れて炒め、さらに牛肉を入れて炒め、そこに赤ワインを入れてアルコールを飛ばし、トマト缶、ウスターソース、ケチャップ、水、砂糖を入れて煮込みます。 にんじんを入れてさらに煮込んだら、ブロッコリーを飾って完成です。 牛肉は赤身を使うと脂身がないのでヘルシーながら、ミネラルがしっかりと摂れておすすめです。 参考URL: 塩だれ焼き鳥 鶏肉を一口大にカットし、酒をまぶして30分ほどおいておきます。 お肉を食べる時は、大きさやある程度の硬さがある方が、食べ応えがあるだけではなくよく噛むようになるので、満足しやすいと言われています。 参考URL: ダイエット中でもOKなおいしいお菓子のレシピ5選 ダイエットを無理なく続けるコツは、我慢しすぎないこと。 我慢しすぎるとストレスが溜まり、暴飲暴食の原因になることもあるため、適度に食べたいものを食べることも時には必要です。 とは言え、市販のものは糖質の量が多く含まれているため、せっかく頑張ってきたダイエットが水の泡になってしまうことも・・。 そのような時には、ダイエット中でも食べてOKのお菓子を手作りしてみましょう。 ここではダイエット中におすすめのお菓子のレシピをご紹介したいと思います。 ダイエットに簡単!チョコプリン 水でゼラチンをふやかし、鍋に低脂肪乳、無糖ココア、甘味料、ふやかしたゼラチンを入れて火にかけ、型に流し入れて冷やし固めたら完成です。 甘味は、砂糖ではなく他の甘味料(オリゴ糖)などを使うとよいでしょう。 参考URL: ダイエット!豆乳おからヨーグルトケーキ 生おから、豆乳グルト、片栗粉、ラカント、レモン果汁をボールで混ぜ、クッキングシートを敷いた深めの耐熱皿に流し入れオーブンで焼き、一日冷蔵庫で冷やしたら完成です。 牛乳、卵、油、砂糖、小麦粉不使用のダイエットケーキです。 わらびもちの代わりにこんにゃくを使用することで、ヘルシーになります。 参考URL: 簡単ダイエットクッキー 豆乳、薄力粉、片栗粉、きなこ、砂糖をボールに入れてまとめたら、2㎜ほどの厚さに伸ばし、適当な大きさにカットしてオーブンで焼いて完成です。 豆乳を牛乳や水に変えると、さらにカロリーダウンできます。 参考URL: ダイエットに!香ばしい打ち豆のお菓子 フライパンで打ち豆を乾煎りし、一旦取り出して、フライパンに水と砂糖を入れて煮立たせそこに再度打ち豆を入れて、パラパラになるまで炒めたら、黒豆きなこを入れて混ぜ合わせて完成です。 ヨーグルトにトッピングしたり、牛乳をかけてシリアルようにしても美味しく食べられます。 参考URL: その他ダイエットにおすすめの簡単で節約のレシピ5選 上記以外の食品を使って、安くて簡単に作れるダイエットレシピをご紹介します。 所要時間5分でできる、超スピードダイエットメニューです。 参考URL: 蒟蒻と大根の煮物 5㎜角にカットした大根と蒟蒻を下茹でし、ごま油、本だし、酒、醤油、みりんを入れて鍋で煮込み、その後冷ましながら味を染み込ませて完成です。 作り置きでき、ヘルシーなのでダイエットにもOKです。 冷めたら適当な大きさに切り、ポン酢を掛けて完成です。 安い鶏胸肉と消化酵素たっぷりの大根を組み合わせたヘルシーかつ節約メニューです。 参考URL: ヘルシーこんにゃくステーキ 塩もみしたこんにゃく「に格子状の切り込みを入れ、醤油、みりん、酒に浸した後、フライパンにオリーブオイルをひいてスライスにんにくを焼いたら、こんにゃくも焼いて、にんにくとねぎをトッピングして完成です。 参考URL: 超簡単節約キャベツのマリネ キャベツ、玉ねぎ、にんじんをカットし塩もみをして絞ったら、手で割いたかにかまと砂糖、醤油、サラダ油、こしょうを合わせて半日から一日冷蔵庫で置いて完成です。 冷蔵庫で一週間ほど日持ちするため、たくさん作って食事の時にとるようにしましょう。 参考URL: ダイエット中でも満腹になるまで食べていいの? 大好物な食べ物は、お腹がパンパンになるまで詰め込んで食べたい!と思ってしまいますよね。 また、友達や仲間との食事は楽しくてつい、食べ過ぎてしまうということもよくあると思います。 満腹になるまで食べると、「太るかも・・」という自己嫌悪に陥ってしまいますが、食べている時はこの上ない幸福感があるもの。 しかし、実は満腹になるまで食べるのは、体にとても負担が掛かってしまう行為なのです。 また、パンパンに詰め込まれた状態では胃のぜん動運動が阻害されるため、消化活動をするために胃は余計に働かなくてはいけなくなるので、疲労しやすくなります。 さらに、胃腸での消化が遅くなると、体の各所へ届けられるはずだったカロリーが蓄積し、脂肪になりやすくなってしまいます。 血行不良は、細胞への酸素や栄養素の運搬が鈍くなるだけではなく、老廃物の排出も滞ってしまうため、代謝が落ちたり冷えの原因に繋がります。 免疫力が下がれば、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなりますし、さらにはガンなどの重病の発症にも繋がってしまうことも。 私達の体の免疫力は空腹時に活発になると言われているので、日頃から腹7~8分目の食生活を心掛けることがとても大切と言えます。 ダイエットレシピのおすすめアプリ3選 ダイエットレシピを簡単に検索するなら、アプリを利用するのがよいでしょう。 そこでここでは、おすすめのダイエットレシピアプリをご紹介します。 また、ダイエットだけではなく美肌に役立つレシピも掲載しています。 体脂肪計タニタの社員食堂 あのタニタが監修しているレシピアプリです。 社員食堂のメニューが作れるのはもちろんですが、500㎉以内の定食をオリジナルで作れるため、メインや副菜などを自分好みにできるのが嬉しいところです。 健康献立レシピ提案オーガニック 一人一人に合った献立を考えてくれるレシピアプリ。 献立を決めたら買い物メモを自動作成して、買い忘れを防いでくれる機能もついています。 ダイエットレシピ【豆腐・ささみ・スープなど節約の献立】まとめ ただ漠然と、体によさそうなもの、低カロリーっぽいものを食べるのではなく、ダイエットの食品として役立つものをしっかりとチョイスすることが大切です。 今回ご紹介した豆腐やささみ、スープのレシピを上手に取り入れて、健康的で無理のないダイエットを始めてみましょう。

次の

【豆腐を使った低糖質レシピ9選】主食や夜食・朝食にも!

ダイエットレシピ 豆腐

【1】高野豆腐と普通の豆腐の違い 高野豆腐とは普通の豆腐を凍らせて水分を抜き、それを乾燥させたものをいいます。 凍結させることによって栄養素は凝縮・変化します。 高野豆腐のタンパク質は普通の豆腐の7倍もあります! また弾力も全然違います!高野豆腐はしっかり噛まないと飲み込めないため満腹中枢を存分に刺激してくれるので食べる量が自然に減らせます。 豆腐はあまり日持ちしないですが、高野豆腐は長期保存が可能で、意外とレシピもたくさんあるんです!とても便利な食材です。 【2】高野豆腐の特徴 脂肪燃焼効果 アミノ酸には脂肪を燃焼させる効果があります。 特に運動による脂肪燃焼を助ける効果があります。 筋肉増大効果 タンパク質は筋肉をつくる源で、筋肉量を増やすことで代謝が上がり痩せやすい身体をつくることができます。 コレステロール減少効果 コレステロールを排出・抑制してくれます。 血中のコレステロールが減れば血液の流れもよくなり新陳代謝が上がり痩せやすい身体になります。 脂肪除去効果 大豆サポニンには体内の酸化を抑えて代謝させる働きがあります。 血管にこびについている脂質を取り除いたり、中世脂肪を減らしてくれます。 腸内活性化効果 腸の働きを活性化し消化しやすい腸内環境を整えます。 また便秘を改善してくれます。 高野豆腐のダイエット効果が出るのはいつから? 早ければ2、3日で体重が落ちはじめます!個人差はありますが1週間毎日きちんと食べればだいたいの人に変化がみられます! 高野豆腐で何キロ痩せれる? 1週間で4キロ痩せた人もいれば1週間で1キロしか痩せなかったという人もいて結果はさまざまです。 継続さえすれば少しずつでも確実に体重は落ちます!全く変わらない、むしろ増えたというケースは稀なようです。 そして全く無理のないダイエットなのでリバウンドすることはほぼありません! スポンサードリンク 【3】高野豆腐ダイエットの正しいやり方 高野豆腐ダイエットは、高野豆腐を1日30g食べるだけで食事制限はありません。 あくまでも食事に取り入れるというやり方であって、高野豆腐のみを食べるというダイエットではありません。 食べる時間はいつでもいいのですが、筋肉は寝ているときにつくられるため、夜ごはんの時にたくさん食べたほうが良いです。 また基礎代謝は眠っているときに活発になるので、夜食べるとエネルギーが燃えやすくなります。 一気に食べるのが難しければ、分けて食べても構いません。 ポイントは食事の中で最初に食べる、または食事の15分ほど前に先に食べておけばかなりお腹が膨れるので食べる量が減らせます。 注意してほしいのが、食べれば食べるだけやせるというわけではありません。 冷凍しておけばお弁当や小腹がすいたときもすぐ食べられます。 余ったら小さくして冷凍しておけば味噌汁やおやずにすぐに入れられて便利です。

次の