むかつく 類語。 むかつく

「胸糞が悪い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

むかつく 類語

「ちなみに」の意味 「ちなみに」は補足に使う言葉 「ちなみに」を漢字で書くと「因みに」という表記になります。 「ちなみに」を英語にすると 「ちなみに」を英語訳した場合、もっとも一般的な表現は、「by the way」です。 他にも、 oh, and (ああそうだ、そういえば~) in passing (ついでに、ちなみに~) for your information (ご参考までに〜) などがあります。 「ちなみに」は、様々な英訳が可能な言葉です。 文脈や、使う相手によっても変わりますので、上記を参考にしてみてください。 「ちなみに」の使い方は? 「ちなみに」は丁寧語・敬語ではない 「ちなみに」は、結婚式のスピーチなどのフォーマルな場所でも使用することができます。 しかし、あくまでも「だから」「つまり」などの接続詞や、「すぐに」「しっかりと」などの副詞と同じであり、丁寧語や敬語ではありません。 ビジネスでも使える 日常会話はもちろん、取引先や上司など、ビジネスシーンで使っても問題はありません。 うまく使うことで、文章や会話のテンポもよくなります。 ただしビジネスで使う場合には、「ちなみに」だけでは少し軽い表現に聞こえてしまうため、「ちなみに申しますと」など、謙譲語や敬語と合わせて使うことで、より丁寧な表現にすることができます。 使いすぎると読みにくい 「ちなみに」とは、あとから補足する事項があるという場合に使う言葉です。 便利な言葉ですが、何度も「ちなみに」を使ってしまうと、あとから追加する事項がたくさんあるということになってしまいます。 使いすぎると、文章としては分かりづらく、読みにくいものとなってしまいますので注意しましょう。 「ちなみに」を使った例文は? 「ちなみに、〇〇はありますよ。 」 相手の期待していたものが用意できていなかった場合に、代替可能そうなものをおすすめする時に使えます。 「本日特売の果物ですが、おかげさまでほとんど完売してしまいました。 ちなみに、リンゴはありますよ。 」 「資料は配布しきってしまいました。 ちなみに、原本でしたらありますよ。 」 「ちなみに、〇〇しておきました。 」 何かしらの連絡をし、少し情報を付け足すときに使います。 「午後の会議ですが、開始時間が早まりました。 ちなみに、書類は印刷しておきましたのでご確認ください。 」 「新商品のチラシが出来上がりました。 ちなみに、アルバイトの方達には展開してあります。 」 「ちなみに申し上げますと」 「ちなみに、〇〇しておきました。 」と似たような使い方をします。 何か情報提供をした後に、さらにお得な情報を追加したり、特別な情報を紹介するときに使うことが多いです。 「来週から当店ではセールを行います。 ちなみに申し上げますと、セール期間中はすべて30%オフにてご提供させていただきます。 」 「ちなみに申し上げますと、ポイントカードをお作りいただければさらに割引になりますが、いかがいたしましょうか?」 類語や言い換えた言い方は? 「ついでながら」 「ちなみに」はビジネスシーンでも使えると説明しましたが、より丁寧な表現に、「ついでながら」があります。 「ついでながら」も敬語ではありませんが、恐縮のニュアンスが含まれていますので、取引先や目上の方には「ついでながら」と言い換えることで、印象が良くなるでしょう。 「付け加えますと」 「ついでながら」と同様、「ちなみに」は「付け加えますと」という言葉に言い換えられます。 「ちなみに」と同じく、前の文章について補足を述べる時に使う言葉です。 より丁寧な印象を与えることができますので、シーンや相手によって、使い分けましょう。 「ところで」との違いは? 「ところで」は話題を変える言葉 「ちなみに」に似た接続詞で、「ところで」があります。 こちらは、一度言葉を切って、話題を変える時に使う言葉です。 「ちなみに」が、前の文章に関連した情報を付け加えるのに対して、「ところで」は、別の話題を出す際の、切り替えに使う言葉ですので、混同しないように注意しましょう。 間違った使い方 「ちなみに」とは、前の文章の補足として使うのが正しい使い方ですが、話の転換など、別の用法に使われる誤用が目立ちます。 誤用例)今日は良い天気ですね。 ちなみに、昨日なくした家の鍵はまだ見つかりません。 家の鍵が見つからないことは、前の文の天気と関連した話題ではありませんので、誤った使い方です。 また、後から質問文が続く場合にも、使わないようにします。 誤用例)素敵なワンピースですね。 ちなみに、どこで買ったの? 上記のどちらも、「ところで」などを用いるのが適切です。 まとめ 「ちなみに」という表現はとても便利で、ビジネスシーンでもかなり活躍します。 しかし、何度も繰り返し使用するなど使い方を誤ると、わかりづらくなるばかりか、自分や会社の印象までも下がってしまう恐れがあります。 情報を補足することで、会話をより広げることもできますので、言い換え表現を身につけて、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

次の

すっきりしない

むかつく 類語

「ピキる」の意味とは? 「ピキる」の語源や言い換え• 「ピキる」の使い方• 「ピキる」の例文• 「ピキる」の派生語 「ピキる」の意味とは? 「ピキる」の意味は、 「イラっとする」 「怒る」です。 ものすごく激怒したり、少しイラっとしたりするなど、怒りの程度は様々ですが、怒る感情がこみあげてくること。 これが 「ピキる」です。 例えば日常において、仕事中に隣で無駄口ばかり叩いている仕事仲間、自分より後から来た客なのに自分よりも料理が出てくる順番が早い、駅のホームで割込みしてくる人などにイラっとすることがあるでしょう。 それが 「ピキる」の感情です。 なぜ、イラっとして怒ることを 「ピキる」というと、 「ピキピキ怒る」からきている言葉だからです。 「ピキピキ」という怒りの擬態語から 「ピキる」という言葉が生まれています。 ちょっとしたことだけど腹が立つこと、何気なく言われた言葉にイラっとしたときなどに使用します。 「むかつく」 「ピキる」の類語として、 「むかつく」が挙げられます。 「むかつく」には、 「吐き気がする」という意味と、 「しゃくにさわって腹が立つ」という意味の2つがあります。 そして 「ピキる」の類語として挙げられるのは、後者の 「しゃくにさわって腹が立つ」という意味の方です。 そして、現在は、 「むかつく」という言葉は、どちらかといえば、 「腹が立つ」という意味で使われているのが主流です。 しかし、この 「むかつく」という言葉は、もともとは 「吐き気がする」 「胸やけがする」といった意味が主流でした。 1960年代までは、 「むかつく」といえば、 「胸やけでもしたのかな」などと思われていたものです。 しかし、時代が移りにつれ、 「むかつく」は徐々に 「しゃくにさわって腹が立つ」という意味が主流となっていきました。 今では、 「吐き気がする」 「胸やけがする」という、本来の意味を知らない人もいるかもしれません。 例文としては、 「あいつの態度、まじむかつくわ〜。 」 あいつの態度、本当に腹がたつ。 などが挙げられます。 「カチンとくる」 「カチンとくる」は、頭にきたときに使う言葉です。 何かをみてイラっとしたときに 「カチンとくる」などと使います。 「ピキる」もまたイラっとしたときに使う言葉なので、 「カチンとくる」も類語として挙げられるでしょう。 「カチンとくる」の 「カチン」は、映画の撮影に用いられている 「カチンコ」からきているそうです。 撮影の始まりを意味する 「カチン」という音が、何かをきっかけにして 「カチン」と怒る姿に重ねることができます。 「ピキる」は、怒りの表現を 「カチン」ではなく 「ピキピキ」と表現したものです。 イラっとしたとき 「カチン」ではなく 「ピキピキ」という表現にしただけ。 そのため、 「ピキる」と 「カチンとくる」は非常に似ている言葉だといえます。 例文としては、 「あいつの横柄な態度がカチンとくる」 あいつの横柄な態度が頭にくる などが挙げられます。 「胸糞が悪い」 むなくそがわるい 「胸糞が悪い」とは 「不愉快」 「我慢ができない」といった意味です。 これも人が何らかの出来事に出会い、頭にきたときに使う言葉です。 さて、 「胸糞が悪い」の 「胸糞」とは、一体、どのような意味なのでしょう。 「胸糞」には 「胸を卑しめて」という意味があります。 「胸を卑しめて」とは心の中で思っていることが下品なことを意味しており、卑しいことを考えていることを意味する言葉です。 つまり、胸糞とは、人の感情が下品な様子、下衆な様子を表現しています。 確かに、イラっとする感情は、寛大な心とは対照的で品のない感情だといえるのかもしれません。 そして、こういった表現に 「糞」 くそ という言葉を使うあたり、その下衆さ加減を見て取ることができます。 例文としては、 「あの人の顔をみると、嫌な記憶が思い出し、胸糞が悪くなる」 あの人の顔をみると、嫌な記憶が思い出し、不愉快になる。 などが挙げられます。 「ピキる」の使い方 「ピキる」の言葉は、誰かに怒りを覚えたとき、不愉快になったとき、嫌な目に遭った時などに使います。 その対象となる物に対し、何かしらの怒りがこみあげていることがポイントです。 怒りと非常ににた感情に 「イライラする」という感情があります。 渋滞にはまってイライラする、並んだレジの行列がなかなか前に進まずイライラする…などの経験は誰しもあるのではないでしょうか。 しかし、インターネットなどでよく見かける使い方は、この 「イライラ」の感情ではないようです。 あくまでも 「イライラ」ではなく、対象物などに対し、怒りがこみあげているときに使われています。 だから、 「渋滞にはまってイライラする」を 「状態にはまってピキる」は言いません。 ピキってる 「ピキる」の派生語に 「ピキってる」という言葉が挙げられます。 「ピキっている」とは、 「ピキる」の現在進行形バージョンです。 つまり、 「ピキっている」というと、まさに今、怒っている状態であることを意味しています。 怒りが落ち着いた様子がなく、今も怒っていることを表現する言葉です。 例文をいくつか挙げてみます。 「今、彼氏と喧嘩してピキってる。 」 今、彼氏と喧嘩して頭にきている。 「ピキってる奴といても、つまんないよ。 」 怒っている奴といても、つまんないよ。 「飲み会のメンバーに入れてもらえなくて、ピキってるから。 」 飲み会のメンバーに入れてもらえなくて、怒ってるから。 「あいつ、ピキってるから、喋らない方がいいと思うよ。 」 あいつ、怒っているから、喋らない方がいいと思うよ。 などが挙げられます。 どの例文も、現在進行形で怒りがこみあげている様子を確認することができます。 他にも、 「ピキってます」 「ピキってきた」 「ピキり」などの表現もあります。 それぞれ、 「口うるさい先生にピキってます」、 「先生が口うるさくピキってきた」、 「口うるさい先生のピキり」などと使っています。

次の

「胸糞が悪い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

むかつく 類語

公開日: 2018. 17 更新日: 2018. 17 「不敵な笑み」の意味と使い方、心理、例文、類語、英語表現 「不敵な笑み」という言葉をご存知でしょうか。 「不敵な笑みを浮かべる」「不敵な笑みをもらす」と使います。 「不敵な笑み」は小説や映画の中で見聞きすることがありますよね。 では、「不敵な笑み」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 そもそも「不敵」の意味を知っているでしょうか。 「不敵な笑み」と聞くと、あまり良いイメージは持ちませんよね。 実際「不敵な笑み」はどのように使えば良いか、気になります。 そこで今回は「不敵な笑み」の意味や使い方、類語、心理について解説していきます。 意味を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「不敵な笑み」の使い方と例文 「不敵」を用いた表現では「不敵の笑み」が多く使われています。 「不敵な笑み」とは「 自信満々の表情をしていること、恐れを知らない顔つきをしていること」です。 顔は笑っているものの、その裏には何か良くないことを考えている表情を表します。 ただの笑顔ではなく、「不敵な笑み」は度胸ある行動をした上で、浮かべる笑みを表す場合に使うのが適します。 例えば、勝負や試合に負けても落ち込んだり焦ることもなく、平気な様子で笑みを浮かべていることを「不敵の笑み」と表すことができます。 「不敵な笑み」は相手や物事を甘く見て笑うことなので、マイナスなイメージを伴って用います。 言い回しとしては、 ・不敵な笑み ・不敵の笑顔 ・不敵な笑みを浮かべる ・不敵な笑みをもらす ・ニヤリと不敵な笑み などとなります。 「 不適な笑み」は誤用なので注意してください。 「不適」は「ふさわしくないこと、適さないこと」を意味します。 例文 ・大事なセレモニーの最中でも不敵に笑っている彼のことを、他の参列者は冷たい目で見ていた。 ・彼は後輩からお金を奪うと、不敵な笑みを浮かべてその場から立ち去っていった。 ・彼女の不敵な笑みから、心に余裕があることが分かってしまった。 ・相手の選手は負けているにも関わらず、不敵な笑みを浮かべているので気味が悪かった。 ・流石の彼も今回の件に関しては落ち込むだろうと思っていたが、ニヤリと不敵な笑みを浮かべていた。 ・捕まった犯人は罪を認めるどころか、終始不敵な笑みをもらして何も語らなかった。 ・試合が始まる前から、彼は自分が勝つことが分かっているかのような不敵な笑みをもらしていた。 ・彼が悪事を企んでいそうな不敵な笑みを浮かべていたので、注意を払っておく必要がある。 「不敵な笑み」の類語 異様な笑い (意味:行動が普通ではないこと) 「捕まった犯人は異様な笑みを浮かべていた」 不気味な笑い (意味:不快感があって気味が悪い笑顔) 「不審者は不気味に笑っていた」 薄気味悪い笑み (意味:何となく不快になるような笑み) 「彼が薄気味悪い笑みを浮かべていたので、ゾッとした」 奇妙な笑い (意味:普通ではない笑い) 「奇妙な笑いをしている人には近づかない」 ふてぶてしい笑顔 (意味:物怖じしない笑顔) 「彼のふてぶてしい笑顔には心底腹がたつ」 むかつく笑顔 (意味:不愉快になる笑顔) 「彼は反省するどころか、むかつく笑顔をしていた」 鼻で笑う (意味:相手を軽んじるように笑うこと) 「鼻で笑われたが、いちいち気に留めない」 せせら笑う (意味:相手を馬鹿にするような笑い) 「せせら笑いが至る所から聞こえた」 ニヤニヤする (意味:度胸がある表情をすること) 「彼女はニヤニヤしてばかりで何もしていない」 あざ笑う (意味:人を見下すような笑い) 「私がミスしたことを彼女はあざ笑っていた」 冷笑 (意味:見下すように笑うこと) 「冷笑されたことに、腹が立ってしまう」.

次の