簡単なうさぎの書き方。 うさぎのイラストの簡単な書き方

暑中見舞いを先生に送る時の書き方を簡単に解りやすく紹介

簡単なうさぎの書き方

Aは耳の先端、アゴの先端をむしゅぶ三角形と、頬とアゴのレベルでちゅくる2ちゅの三角形でバランシュをとるようにしましゅ。 Bはクチで、ウサギの重要な特徴でしゅ。 ウサギはホホがはりだしゅているので、クチは前からしゅか見えじゅ、かならじゅ"へ"の字に見え、また鼻が逆"へ"の字なので、、これらの特徴が、ウサギがいちゅも、ビックリしゅているような表情に見せているわけでしゅ。 Cはほほ、これはしっかり張り出しましょう、でしゅ。 ウサギの顔は洋梨形なのでしゅ。 Dは小動物の足はむじゅかしい部分でしゅ、毛足でゴマかしゅた方がいいでしゅ。 Eは耳でしゅが長しゃよりも角度を正確に描きましょう、先端に黒いポイントを入れるとウサギらしゅくなりましゅ。 Fは目でしゅが、ウサギの目は完全なアニメキャラの目でしゅ。 黒目に白い反射を入れるとかわいいウサギになりましゅ。 G鼻のまわり、クチのまわりはかならじゅ、白くヌキましゅ。 これもウサギ独特の特徴でしゅ。 Hウサギが前かがみに名っている時は胸の肉がダブダブあまりましゅ。 私はちょいリアルが好みでよく描きます。 裁縫のお店(?)に行くと、リアルうさぎの絵柄の生地が売ってるんですよ~。 生首ですが結構かわいい生地ですよ、生地が売っているお店に行かれたらぜひチェックしてみて下さい^^あと「和」の物がよく売っているお店(のれんとか浴衣とか手ぬぐいとかが売っているお店です)に、すぐに描けそうなかわいい「和うさぎ」グッズが売っているのでそれも参考にされるのもいいかと思います^0^.

次の

[2020年の最高] ディズニー キャラクター 簡単 書き方

簡単なうさぎの書き方

可愛い仔猫の絵をイラスト初心者でもかんたんに3ステップで書く方法をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描けるよ… 可愛いコアラの絵をイラスト初心者でもかんたんに3ステップで書く方法をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描ける… 可愛い仔犬の絵をイラスト初心者でもかんたんに3ステップで書く方法をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描けるよ… 可愛いきりんさんの絵をイラスト初心者でもかんたんに書く方法をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描けるようにな… 3ステップで誰でもカンタンに描ける、蛙(かえる)のイラストの書き方をご紹介します。 とっても簡単なので、小学校低学年のお子さんや、幼稚園児・保育園児の小さな… 可愛いパンダの絵をイラスト初心者でもかんたんに書く方法をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描けるようにな… かわいい猪(いのしし)のイラストを書く方法をご紹介。 これを見て描けば、お子さんや絵が苦手な方でも簡単に描けちゃいます。 今回は、「正面から見たイノシシの… 誰でもカンタンに描ける、かわいいペンギンのイラストの書き方をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描けるよう… 可愛いおうまさんの絵をイラスト初心者でもかんたんに書く方法をご紹介します。 少し練習すれば小学生はもちろん、幼稚園児や保育園児の小さなお子さんでも描けるようにな… 羊(ヒツジ)の絵をイラスト初心者でもカンタンに描く方法をご紹介します。

次の

うさぎのイラストの描き方!簡単にかわいく!メイキングで解説|お絵かき図鑑

簡単なうさぎの書き方

こんにちは、ももやまです。 引用元: (解答は2の例題2の解説に書いています。 ) 今回は 一筆書きができるかどうかの判定方法をメインにまとめていきたいと思います。 (一筆書きの判定法は2章にまとめています。 ) また、グラフ理論で習うオイラーグラフ・ハミルトングラフとはどんなグラフか、どうやったら判定ができるかについてもまとめています。 前回のグラフ理論の記事(第9羽)はこちら! (グラフ理論における基本用語のまとめです。 ) 1.オイラーグラフ 1 オイラー回路・オイラーグラフとは あるグラフにおいて一筆書き(すべての辺を1度だけ通るようなたどり方)ができてかつ書き始めの点と書き終わりの点が同じ回路(経路のこと)のことを オイラー回路と呼びます。 また、オイラー回路を持つようなグラフ、つまり 一筆書きができてかつ書き始めの点に戻ってこれるようなグラフのことを オイラーグラフと呼びます。 まずは実際にオイラーグラフかどうかを地道にたどりながら確認していきましょう。 解答1 経路をたどってみましょう。 なのでオイラー回路とはいえませんね。 2 オイラーグラフかどうかの簡単な判別法 オイラーグラフの判定は簡単に行うことができます。 先程例題で出した3つのグラフの次数(つながっている辺の数)を確認してみましょう。 実はこれは偶然ではなく、オイラーグラフの条件となっているのです。 つまり、あるグラフがオイラーグラフ(一筆書きして元に戻ってこれるようなグラフ)であるための条件は、 すべての頂点の次数が偶数であることと言い換えることができますね。 [簡単な理由(証明ほどではない)] 始点(終点)の点とそれ以外の点に場合分けを考えます。 なので 始点以外の点は必ず次数が偶数となりますね。 よって、すべての頂点の次数が偶数であれば必ずオイラーグラフとなるのです! オイラーグラフの(一筆書き+始点に戻れる)条件 グラフ の次数が すべて偶数であれば、グラフ は必ずオイラーグラフである。 3 有向グラフの場合 有向グラフの場合もやっておきましょう。 例えば、下のようなグラフは一筆書きできてかつ始点に戻ることができますね。 (経路は省略します…) 有向グラフの一筆書きができてかつ書き始めの点と書き終わりの点が同じ回路(たどり方こと)のことを 有向オイラー回路と呼びます。 有向グラフの場合、 有向オイラー回路を持つことがオイラーグラフの条件となります。 有向グラフの場合もオイラーグラフであるかどうかは次数を確認することで判定ができます。 しかし、有向グラフの次数は入次数と出次数の2つにわかれていましたね。 ここで少し復習しておきましょう。 ある点に入ってくる辺の数を表す 入次数、ある点から出ていく辺の数を表す 出次数と呼ぶのでしたね。 入次数、出次数などグラフ理論の基本用語についてはこちらにまとめているので今までに出た基本用語の中でわからないようなものがあればこちらで確認しましょう。 無向グラフと同じように始点(終点)の点とそれ以外の点に場合分けを考えます。 なのでオイラーグラフの場合、入次数と出次数は常に同じになりますね。 これが有向グラフの場合のオイラーグラフの条件となります。 有向グラフVer. のオイラーグラフの(一筆書き+始点に戻れる)条件 有向グラフ の 入次数と出次数が等しければ有向グラフ は必ずオイラーグラフである。 2.一筆書きができるグラフ(半オイラーグラフ) 1 オイラーグラフかどうかの簡単な判別法 いよいよ本題です。 半オイラーグラフは 一筆書きはできるものの、始点に戻ってくることができないようなグラフを表します。 つまり、一筆書きができるグラフは始点に戻れる「オイラーグラフ」と一筆書きができない「半オイラーグラフ」の2つにわかれます。 「半オイラーグラフ」の場合もオイラーグラフのときと同様に それぞれの頂点における次数を確認するだけで半オイラーグラフかどうかを確認することができます。 つまり、 次数が奇数の点(奇点)が2つであれば半オイラーグラフとなるのです! あるグラフが一筆書きできるかどうかを判定するときは、それぞれのグラフの次数が奇数の点(奇点)を数えればよい。 半オイラーグラフに相当) 一筆書きの条件 では、最初に出したあの一筆書き問題を解説していきましょう。 また、その2つが「オイラーグラフ」・「半オイラーグラフ」のどちらであるかを答えなさい。 (オレンジ色の線は一筆書きのたどり方を表します。 ) 3.ハミルトングラフ 1 ハミルトングラフとは すべての点を1度だけたどって元に戻れるようなたどり方があるようなグラフのことを ハミルトングラフと呼びます。 (すべての点を1度だけ通って元に戻れるようなたどり方のことを ハミルトン閉路と呼びます。 つまり、ハミルトングラフは ハミルトン閉路を持つようなグラフを表します。 ) 例題1で用意した3つのグラフを例に説明しましょう。 この3つのグラフは、下のようにたどることでそれぞれの点を1度だけたどることができますね。 なので3つともハミルトングラフとなります! 1つハミルトングラフかどうかを確認する問題を出しましょう。 2 ハミルトングラフかどうかの判別法 オイラーグラフの場合は次数に注目することで簡単にオイラーグラフかどうかを判定することができましたね。 しかし、あるグラフがハミルトングラフかどうかを確実に判定する方法は 今のところないのです。 もちろんハミルトングラフかどうかを確実にかつ短時間で判定するようなアルゴリズムも現在は存在しません。 しかし、確実にハミルトングラフと断言できるための条件は2つあります。 ディラック Dirac の定理 ディラックの定理は、 すべての点における次数が(頂点数の半分)以上であるグラフはハミルトングラフであるという定理です。 (あるグラフの 最小次数を2倍にしたものが頂点数以上であればハミルトングラフ) 例えば、下の2つのグラフはディラックの定理が成立するので必ずハミルトングラフであると言うことができます。 ディラック Dirac の定理あるグラフ の中の最小次数を2倍にしたものが頂点数以上であれば必ずハミルトングラフとなる。 (ディラックの定理を満たさなくてもハミルトングラフとなるグラフはあるので注意) オーレ Ore の定理 ディラックの定理の条件を少しゆるくしたのがオーレの定理です。 俺の定理じゃないですよ。 オーレの定理は、 隣接していない任意の2点の次数の合計が頂点数以上であるようなグラフは必ずハミルトングラフとなるという定理です。 実際に定理を適用する際には 、隣接していない2点の次数の合計の最小が頂点数以上であるかどうかを確認すればOKです。 例えば、下のグラフは最小次数は2(2倍すると4)に対し、頂点数は5となってしまうのでディラックの定理は使えません。 しかしオーレの定理を使うと、隣接していない2点の次数の和の最小は5に対し、頂点数も5となるのでハミルトングラフであることを示すことができます。 ちなみに ディラックの定理を満たすようなグラフは、必ずオーレの定理も満たします。 (理由) ディラックの定理を満たすということは、どのグラフも頂点数の半分以上の次数を持っているので、どの2点の次数の和も必ず頂点数以上となる。 よって隣接していない2点の次数の和も当然頂点数以上になるのでオーレの定理も必ず満たす。 4.練習問題 では2問ほど練習してみましょう。 練習1 つぎの 1 , 2 の条件を満たすようなグラフを1つ書きなさい。 6.さいごに 今回は一筆書きが可能かの判定方法、およびグラフ理論におけるオイラーグラフ・ハミルトングラフについて解説をしました。 これで一筆書きができるかどうかの判定をゴリ押しせずにすることができますね。 次回はグラフ理論における木構造について解説していきたいとおもいます。 : すべての頂点が偶点であること、と参考書には書いてあることがあります。 : 少しむずかしい言い方をすると、ハミルトングラフかどうかを判定する問題はNP完全問題という世の中にある問題の中でも大変むずかしい部類にあてられています。 NP完全問題について知りたいよって人はこちらの記事をご覧ください。 : チェック方法としては、• 2点の次数の合計の最小を求める• 2点が隣接していないか確認 (隣接している場合はつぎに2点の次数の合計が小さい組み合わせでチェック)• 2点の合計の最小が頂点数以上かチェック (頂点数以上ならハミルトングラフ) とチェックすればOKです。 momoyama1192.

次の