ひるおび 打ち切り。 『バイキング』打ち切りか…ウエンツ瑛士にブチギレ「ガチで腹が立ってきた!お前、何様なの?」

坂上忍がバイキング打ち切りでマジギレ!フジテレビにとうとうケンカを仕掛けた!【速報】芸能裏スクープTV

ひるおび 打ち切り

坂上忍 フジテレビが昼の情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)を9月いっぱいで打ち切り、坂上忍がMCを務める後番組『バイキング』の枠を3時間に拡大することを、フジサンケイグループの「サンケイスポーツ」を含む複数のスポーツ紙が報じた。 しかし、視聴者からは「逆に『バイキング』を終わらせてほしかった」「もう坂上忍を見たくない」「フジは坂上に弱みを握られてるの?」などと否定的な声が続出。 朗報であるはずが、むしろ坂上の不評っぷりが露呈することになってしまった。 『バイキング』といえば、6月16日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が9月末に終了するという説を報じていたばかりだったが……。 「あの話は、業界内では完全なるガセだと評判でした。 記事では、坂上の機嫌次第でリハーサルでやった内容がひっくり返され、スタッフがせっかく用意した動画もボツになるというワンマンぶりが伝えられていたのですが、そもそも昼の情報番組は時間帯的に緊急ニュースが入りやすいので、リハーサルなんてあってないようなもの。 「坂上は、本番の饒舌なキャラとは違って、普段はとても寡黙でおとなしく、異常に神経質で、台本を隅から隅まで頭に入れておかないと気が済まないタイプ。 なので、少しでも納得のいかないところがあると、スタッフに詰め寄って議論をすることも多いんです。 坂上に悪気はないかも知れませんが、こういった行動がパワハラと捉えられても仕方はありません」(前出の民放関係者) そんな坂上の仕事に対する姿勢は、やはり空回りしているようだ。 「同時間帯では、TBSの『ひるおび!』が視聴率トップを独走していますし、日本テレビの『ヒルナンデス』も完全にバラエティ路線を確立させています。 そんな中、ワイドショー路線の『バイキング』は、視聴率こそ5%~8%をキープしていますが、坂上の発言がネットで炎上しまくることくらいしか特徴がなく、視聴者からの好感度も最悪です。 そんな中で、なんとか特色を出そうとした坂上でしたが、新型コロナウイルスの報道合戦がピークを迎えていた頃、制作側が独自取材やゲストを招かないことにイラ立ちを露わにしていたそう。 そういった焦りをスタッフに直接ぶつけて来るので、煙たがられているのは事実です」(同) さらに、共演者からも悲鳴が上がっているとか。 「進行を務める榎並大二郎アナは、番組内で『筋肉バカ』という立ち位置でキャラ付けされ、毎日のように坂上にイジられています。 しかし、彼は真面目な性格なので本人はバラエティ向きではないと考えていて、番組を降りたいと漏らしているそう。 坂上のパワハラ疑惑もそうですが、こういう内部のゴタゴタをきちんと交通整理しない限りは、いくら番組をリニューアルさせてもうまくいくとは思えないのですが……」(同) 今秋の放送枠の拡大と同時に、よりニュース性の高い内容に生まれ変わるという新生『バイキング』。 坂上の司会者としての力量も試される時なのだろう。

次の

バイキング終了はいつ?新番組は決まっている?番組での不祥事や世間の反応も紹介

ひるおび 打ち切り

TBS『ひるおび!』公式サイトより お昼の番組の視聴率争いにおいて、昨年まで6年連続で同時間帯の視聴率首位を守ってきた、TBS系の情報番組『ひるおび!』(月~金曜、10時25分~13時55分)の立場が危うくなってきた。 同番組はホンジャマカ・恵俊彰と江藤愛アナが司会を務め、国際弁護士の八代英輝がメインパーソナリティーとして出演。 ワイドショーにはありがちな芸能ニュース偏重ではなく、天気について深く伝えたり、社会問題を中心に取り上げるなど、やや硬派な路線だ。 この方針が功を奏し、昨年の年間(1月~12月)平均視聴率は、午後の部(午前11時55分~午後1時55分)が7. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、6年連続同時間帯のトップ。 午前の部(11時~11時54分)と午後の部を合わせた平均視聴率も6. 3%で、こちらも6年連続で同時間帯トップを取っている、 また、昨年度(4月~今年3月)の平均視聴率においても、午後の部が7. 1%で6年連続首位。 午前の部と午後の部を合わせた平均も6. しかし、その『ひるおび!』帝国に崩壊の危機が迫ってきたのだ。 敵は、同番組のライバルだったはずの日本テレビ系『ヒルナンデス!』(月~金曜、11時55分~13時55分)ではなく、フジテレビ系『バイキング』(月~金曜、11時55分~13時50分)なのだ。 『バイキング』は、6月第2週(同11~15日)の週間平均視聴率が5. 9%、同第3週(同18~22日)の平均が6. 2%をマーク。 2週連続で、『ひるおび!』を抜いて、民放横並びトップに輝いたのだ。 1週だけなら、「たまたま企画がよかったから」ともいえそうだが、2週連続となると、その力もホンモノだ。 6%の高視聴率を獲得。 そのほか、6月第2・3週で、18日・19・22日も、民放の同時間帯トップに立った。 「『バイキング』は、言うまでもなく、長寿番組『笑っていいとも!』の後を受け、14年4月1日にスタートしました。 しかし、1年後に月曜MCだった坂上忍が全曜日のMCに就任してから、流れが変わり始めました。 16年から、坂上と出演者が、社会問題、芸能ニュースなどについて、生激論を展開するようになり、視聴率も上がっていき、昨年あたりから『ヒルナンデス!』を上回る日も増えました。 そして、2週とはいえ、ついに王者の『ひるおび!』を抜いたのですから、大いに評価すべきです。 この先、常時、横並びトップとなる可能性も秘めています」(テレビ誌関係者) ドン・ファンの55歳年下妻に対し、世間の関心は極めて高いはずだが、その素性について、ほかの局の情報番組は探ろうともしない。 そんな中、内容はともかく、インタビューを試みた『バイキング』の企画力が、視聴率上昇に結びついたのは確かのようだ。 「サッカーW杯が始まってから、『ひるおび!』は、TBSで1次リーグの日本戦の中継予定もないのに、毎日ほとんどサッカー一色。 さすがに、これではサッカーに興味のない視聴者は、チャンネルを替えてしまいます。 特に帯番組は、視聴習慣に多分に左右されます、この機に、『バイキング』を見て、『おもしろい』と思った人は、もう『ひるおび!』に戻らないかもしれません」(同) 『ひるおび!』の制作スタッフは、2週続けて『バイキング』に負けたことを厳粛に受け止めるべきだろう。 そうでなければ、6年間キープしてきた視聴率トップの座から、滑り落ちかねない。 (文=田中七男).

次の

ひるおび!

ひるおび 打ち切り

弁護士・(53)が17日の『』(TBS系)で、MCの(52)に「そういうことは打ち合わせで」とたしなめられ、一瞬不穏な空気が流れる場面があった。 番組では今月15日に韓国・ソウルで起きた「地下鉄がドア開けたまま走行」という事件を取り上げていた。 その流れで、鉄道ジャーナリストの「韓国の地下鉄は世界でもトップクラスだが、技術や安全面は日本と比べて劣ってしまう」という発言を恵が紹介。 そこで八代は「どこがトップクラスなんでしょうね? 技術と安全で劣ってたら」と苦笑しながら矛盾を指摘した。 もっともな正論だけに、コメンテーターたちも笑っていたが、恵は「地下鉄の何かあるんでしょうね…」といったん言ったものの、適切な説明が思い浮かばなかったのか、冒頭の「そういうことは打ち合わせでおっしゃって下さい」と冷たく諌めたのである。 この放送に対し、SNSでは司会者2人の関係を危惧しながらも、「いいツッコミだ」と八代を褒める声が多く上がっている。 芸能記者によれば、八代は最近ことあるごとに制作サイドの意向に沿わない発言をして、恵からたしなめられているという。 長年続く人気のMC2人の背景に何があるのだろうか? 「八代は元々、空気を読まず正論を言ってしまうタイプ。 きわめつけは7月13日の放送で、制作サイドの加計学園問題で安倍政権を糾弾しようとする方針に、イラついたように『総理が悪いことしたというが、何も事実は出てない。 総理が否定しているのに、支持率が下がる状況はいかがなものか?』などと、ひとり安倍擁護の発言をして、恵をはじめ出演陣が凍り付いたことがありました。 森友・加計問題のあたりから、番組の意向を重視したい恵との関係が妙にギクシャクしています」 テレビや芸能界の予定調和が嫌われる昨今。 「打ち合わせ通り」に進行するワイドショーにおいて、八代の存在は貴重と言えるかもしれない。 映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。 著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 外部サイト.

次の