神田うの 震災 賭け。 神田うのの子供の名前、幼稚園は?実家が金持ちなのに弟は貧乏?

「神田うのが阪神大震災のとき死亡した人の人数を賭けてた」というデマがネットに出回り本人激怒! | ガジェット通信 GetNews

神田うの 震災 賭け

送られてきたのは雑誌『uno! 』(1997年11月号)の雑誌の1ページ。 そのことがすご〜い自分の中で残ってて……。 この雑誌を読む限りハッキリと神田うのさんは賭け事をしていたと答えている。 しかしながら神田うのさん自身のブログや雑誌SPA! ではこのことを否定しており、その点では完全に矛盾している。 さらには『Wikipedia』にまでこの件が書かれるが現在は削除されている。 既に『2ちゃんねる』では画像のURLを掲示板に貼り 「神田うのはやはり賭けをしていた」と書き込んでいる者がいるようだ。 全く同じ内容の書き込みが『2ちゃんねる』中にあることから既に拡散してる可能性がある。 では何故このような記事が過去にあるにも関わらず、神田うのさんは否定するのだろうか? 実は神田うのさんの父親は旧通産官僚で、原子力発電安全管理課長として、安全政策をまとめ上げる仕事をしていたらしい。 今回の大震災では地震・津波の被害と同時に原発事故も起きてしまっている。 それだけに心中複雑、ということなのではないだろうか。 この記事によれば、確かにそのようなことがあったのは事実のようだが、この記事が出た時点で発言に関して既に深く反省しているようだ。

次の

被災地の死者数を賭けた!?神田うの、「脱KY宣言」で掘り起こされた驚愕の失言

神田うの 震災 賭け

A ベストアンサー あなたが何歳でいらっしゃるのか、まず存じ上げないですが、 あの時点で大人であった人ならば、逆に「阪神大震災」でしか、比較材料が見当たらない ということになります。 それくらいに戦後、顕著に被害の大きかった災害なのです。 今回の東日本の震災は 1.「広域」であること 2.津波災害がひどかったこと が阪神の震災と比べて大きく違います。 (原発は現在まだ先が分からないので触れるのをやめておきます) ですが、震度(実際の揺れ)に関してはともに「震度7」であります。 どんな地震が来ても絶対に落ちないと言われてきた阪神高速道路も崩壊しましたし 揺れは相当なものでした。 津波でなく、地震の揺れそれだけで、一瞬にして6500人ほどの命を奪ったわけですから いかに地震としての衝撃がおおきかったか、ご想像ください。 また大都市で起こった震災という意味でも、そのときの経験は大きく 今回の地震にもいかされています。 またいかされるべきです。 「どうして比較するのか分からない、規模が違うのではないか?」という質問者様の疑問ですが むしろ十分に、そのときの経験や教訓をいかすべきなのです。 あなたが何歳でいらっしゃるのか、まず存じ上げないですが、 あの時点で大人であった人ならば、逆に「阪神大震災」でしか、比較材料が見当たらない ということになります。 それくらいに戦後、顕著に被害の大きかった災害なのです。 今回の東日本の震災は 1.「広域」であること 2.津波災害がひどかったこと が阪神の震災と比べて大きく違います。 (原発は現在まだ先が分からないので触れるのをやめておきます) ですが、震度(実際の揺れ)に関してはともに「震度7」であります。 どんな地震が来ても...

次の

[B!] 【神田うの】阪神大震災で賭けしてた!

神田うの 震災 賭け

タレント、神田うのさんが、阪神・淡路大震災の時に被災し死亡した人の数を賭けをしていたという噂が広まったことで否定していた件で、その問題発言が掲載されている雑誌がネット上に流出してしまった。 16年前の阪神・淡路大震災の死亡者数を賭けの対象にするという、にわかに信じられないような話。 神田さんも自身のブログで3月23日に「悲しすぎるネット被害」と題して次のように書き込んでいる。 「我慢も限界に達してしまいましたので書かせて頂きますね。 悪意に満ちた作り話を流した人間を許せません。 ましてや死亡者の人数をかける、そんな発想をする人間がいるなんて…ショックです…」 ところが、これは噂ではなかったようなのだ。 実際にこのインタビューが掲載された雑誌が流出したのだ。 現在では廃刊となっている女性誌「uno! 」の1997年年11月号で、落語家の春風亭小朝さんと対談している。 「『ねぇ、うのちゃんは、何人ぐらい死ぬと思う?』なんて番組のスタッフに誘われて賭みたいなことやっちゃったんです」ときっかけを説明。 さらに「そのことがすご〜い自分の中に残ってて。 それで、ある番組でもらった賞金30万円に、20万たして寄付したの。 悪いことしたな、悲しんでいる人たちがたくさんいるのに、あんなことして、ひどかったなってすごく心が痛んだ」と、続けている。 雑誌の取材なので、おそらく事務所サイドも掲載の事前に確認をするはずで、事務所が迂闊だったこともあるが、編集サイドでもカットするような内容だが、スルーしてしまっている。 また、賭けを誘ったTV局のスタッフもスタッフだが、誘いに乗る方も軽率と言われても仕方がない。 神田さんは、この震災で1000万円寄付したことを明らかにしている。 しかし、この雑誌の流出が、今後どのような影響を与えるのか。

次の