大工の源さん超韋駄天 演出。 【実践記】大工の源さん超韋駄天で遂にラッシュ引いたぞー!|P大工の源さん超韋駄天|Sエウレカセブン3

【RUSH継続率 93%!】P大工の源さん 超韋駄天

大工の源さん超韋駄天 演出

【演出面】 今までの源さんシリーズ打ってきた自分から見たらすごい違和感を感じます。 源さんらしい少しレトロチックな雰囲気が好きだったのでショックです。 しかもシンプルなリーチであっさり当たるのが醍醐味だったのに、 疑似連やゾーンみたいなのも加わって演出が派手になっただけで長ったらしかったです。 【性能面】 通常時が退屈なのは否めないが確変に入れてしまえば連荘の判定がすぐ決まるし、 継続率が驚愕の90%ごえなのでめちゃくちゃ連荘します。 出玉の加速スピードがトップクラスなので短期決戦に向いている。 【総評】 新キャラが増えすぎだしCGの雰囲気も現代的な感じで、 源さんシリーズって感じがしないので全く違う機種を打ってる感覚だった。 ミドルスペックなだけに通常時も演出がサクサク進めばもっと評価は上がってたと思います。 確変終了時にトータル出玉とタイムが一緒に表示されるのは、 どれだけの時間でどれだけ出玉を増やせたのかのトライアルができる楽しみがあった。 【演出面】 SANYOらしく機種説明書に書いてある注目演出はことごとく外れました。 単独で発生しても基本だめで熱い演出が3~4つは絡まないと当たりをひくのは厳しいかもしれません。 源ちゃんシリーズの中では一番騒がしい印象があるのは賛否が別れると思います。 【性能面】 ラッシュに入ってしまえばスピード感と出玉の積み重ねは素晴らしいです。 ただ連荘しないと一発の当たりの出玉自体が少ないので、 厳しさはあるものの継続率には安定感が体感では8割5分ある感じだったので、 負けこんでいるときには選択してもいい機種には感じられました。 【総評】 ごちゃごちゃと演出が多いので液晶で楽しみたい人には楽しめる台だと思います。 初当たりさえコンスタントにひければそれなりには活躍する期待感はありました。 【演出面】 通常時は単調でつまらないが、熱い演出とそうでもない演出がハッキリしていて良いと思った。 たまに熱くない演出からも当たるので、意外性があってどこでも期待でき良いと思った。 履歴を見ると40連とかよくあるので、継続すると大量出玉が期待できると思う。 出玉スピードもとても早く爽快感はとてもある。 【総評】 通常時は単調だが、あまり熱そうでない演出でも当たることがあり、いつでも期待できるところは良い。 確変中は、スピードが早いので爽快感があり、とても面白いと思った。 バランスが良いので、また打ちたいと思う。 【演出面】 通常時は修行。 しかも、面白くない。 眩しい。 発展すらしないのに激しく煽る。 とにかくストレスが溜まる。 反面、その修行タイムを超えた右打ち時は演出のバリエーション、スピード感、出玉感全てが現役最強クラス。 長く打てないサラリーマンの気持ちを抑えた台。 【性能面】 右打ち時のスピード感これに尽きると思います。 時速4万発と言われているだけのことはある。 以前、仕置人で3時間かけて4万発出した事がありましたが、それと比べるとかなりの時間効率。 【総評】 演出のバランスなどを考えると北斗無双が生き残っている内は最強機にはなれないと思いますが、良い勝負ができる。 数少ない台。 今のホールでは5本の指に入るくらい打ちたい台。 通常時の楽しみを増やせばもっと人気が出てもおかしくないと思います。 【演出面】 低確時は多彩な演出が見れるアクティブモードと一般的な信頼度の演出、発生率のノーマルモード、 ステージ固定で演出バランスがノーマルと同じの推しモードとあるが、 どのモードでも大当たり時のほとんどの演出が疑似3からの極源炎無経由、 大三元リーチで当たることがほとんどでそれ以外で当たることがほぼ無い1パターンな演出な為、正直当落がわかりやすい。 その他の演出は派手ではあるが期待度が極源炎無、大三元リーチに比べ極端に差がある為バランスは決して良くはない。 初当たり時のチャレンジ失敗後は時短も無くすぐ終わるが、 ST時の演出も当たるときは秒で終わるときも秒なので無駄に演出がなくはっきりしていてよかった。 【性能面】 出玉スピードは個人的にP10カウント絶狼を凌ぐ最速出玉スピードだと思います。 電サポ3回転の確変と言う低回転かつ継続率が93%、 大当たり後から次回大当たりまでが最速5秒以内で3回転目まで引っ張っても10秒ほどで当たる為、 物の10分で振り分けが良ければ(330発~990発)万発可能な最速機でかなりよかった。 【総評】 総合的に低確時の当落のはっきりとした演出(個人的意見ですが。 )現行機種最速出玉スピードと、 確変時の疾走感がかなり高い機種で個人的に高評価です。 ただ星5にしなかった理由としては、やはり低確時の演出期待度バランスの差です。 それが全体的にバランスの良い期待度の振り分けでしたら5でした。

次の

P大工の源さん超韋駄天 ボーダー/スペック/演出信頼度

大工の源さん超韋駄天 演出

00円 21. 2 22. 3 3. 57円 22 23 3. 33円 23 24 3. 03円 24 25 2. 50円 25. 9 27. 00円 17 17. 9 0. 92円 18 19 0. 89円 18 19 0. 75円 19 20 0. 60円 21. 2 22. 図柄揃い後にすぐVアタッカーが開くので、 打ちっぱなしで10個入賞を目指しましょう。 比較的オーバー入賞しやすくひねり効果が高め。 初当たり時はラウンド間インターバルが長いので、 ラウンド間は打ち出しを止めた方がいいでしょう。 連荘中の大当たり中は打ちっぱなし推奨。 通常時の主要先読み 保留変化 炎保留に変化するとチャンス。 赤い炎保留は大チャンス。 保留変化予告 パターン 信頼度 炎保留 チャンス 炎保留 赤 大チャンス 保留入賞時フラッシュ 保留入賞時に上部のVランプが発光。 当該変動ではBATTLEランプが発光。 いずれも赤く光ればチャンス。 それ以外で移行すればチャンス。 保留内がチャンス。 赤同色なら期待。 チャンス目 パターン 信頼度 赤同色 チャンス 魑魅魍魎ゾーン 全図柄が鬼にかわると突入。 左まで落ちる2段階目までいけばチャンス。 源ロゴ役物予告 パターン 信頼度 2段階 チャンス バトルランプ予告 保留入賞時フラッシュが発生した変動で発生。 BATTLEランプが光る。 赤く光ればチャンス。 バトルランプ予告 パターン 信頼度 赤 チャンス リールロック 変動開始時に図柄がロック。 最大4段階。 ノイズ発生で2段階。 激しいノイズ発生で3段階。 4段階目までいけばロングフリーズ発生。 炎走り予告 炎レベル 変動開始時からバトルリーチ直前までに発生。 極源炎舞発生を示唆。 炎レベルが上がるほど期待度が上がる。 赤文字なら期待度アップ。 最終的に表示されるアイコンの種類に注目。 擬似連 源連続予告 中央に源図柄停止で擬似連発生。 3回継続すればチャンス。 源連続予告 パターン 信頼度 3回継続 チャンス 武源乱舞予告 変動開始時~リーチ後に発生。 「継続」「激アツ」など様々。 ノーマルリーチカットイン 源さん・弾のカットインが発生。 赤・金ならチャンス。 大当たりのメインルートとなる演出。 直あたりはあまり期待できない。 擬似連・極源炎舞発生に期待。 バトルリーチ 全4種類。 基本的に前半と後半の2部構成。 SP発展時にシャッターが閉まって後半に直発展する場合もあり。 VS大龍は後半発展濃厚。 後半に仲間参戦するとチャンス。 ・源さんの目が炎目 ・カットイン ・テロップが赤or金 ・仲間参戦あり ・擬似イルミ などのチャンスアップあり。 発展時点で期待大。 バトル告知と完全告知の2つから選択可能。 完全告知は消化中に開眼すればRUSH突入濃厚。 バトル告知なら成功時にカンナカットインが出現しやすく、 完全告知ならアタッカー入賞1個目に告知が発生しやすくなる。 超源ボーナス 連チャン中のボーナス中は、 保留連濃厚となる演出や裏ボタンが存在。 演出モード パターン 特徴 A 青 基本の演出バランス B 緑 分かりやすい告知が発生しやすい C 黄 分かりにくい告知が発生しやすい 電サポ中の演出 超源RUSH 即当たりメインの時短3回転。 3カウントで大当たりが告知される。 右打ちで保留を貯める演出が発生し、 オーバー入賞させるとオーラの色が昇格する可能性あり。 オーラの色が昇格するほど期待度アップ。

次の

P大工の源さん超韋駄天 パチンコ

大工の源さん超韋駄天 演出

大工の源さん韋駄天について とりあえず語ってみることにします。 というのが正解です。 バトルリーチ後半に行けば当たるときは当たるし、外れるときは外れます。 逆に予告には期待しない方がいいと思います。 保留のお話 炎保留三種類ありますが、信頼度は というより、リーチ、ロングリーチ、バトルリーチ発展のイメージ。 先読み系は期待できる演出は無いです。 Vフラッシュが出れば少しきたいしてもいいでしょう。 何もなかった場合は一旦諦めた方がいいでしょう。 超源炎舞はリーチ中CUでは無いので除外してください。 その為予告が弱かったからなー諦める必要はありません。 残念ながら占有率はかなり低めだと思われますので過度に期待できるものでもありません。 特に意味はないかと。 少しだけ優遇されてそうですが、、3で非突入あります。 おすすめは大龍。 源さん告知でもだいたい最後のボタンです。 音量ボタンと光量ボタンの真ん中の丸いボタンを押すと大龍が完全先告知になります。 アタッカーに1玉目が入賞する瞬間に告知されますので入る瞬間が脳汁凄いことになります。 まず演出はほとんどありません。 違和感=大当たりと考えても間違えではありません。 キャラの出現順にも法則があります。 当たるときは元々即連なのでモード自体の影響を受けにくいですが。 また緑でも最終変動CUなしでも当たります。 最後に、 超源炎舞の演出長すぎな。

次の