湖 池屋 ポテチ。 ポテチのコイケヤの苦境…ライバル・カルビーの利益のたった百分の一、ポテチ&カップ麺戦争

湖池屋『じゃがいも心地』のクチコミ!「オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」レビュー

湖 池屋 ポテチ

「コイケヤ」の「カラムーチョ」(左)と「カルビー」の「ポテトチップス」(右)(撮影=編集部) 「ドンタコスったらドンタコス」「カリッとサクッとおいしいスコーン」「ポリンキー、ポリンキー、三角形の秘密はね……、教えてあげないよ、ジャン」など、奇抜で面白いテレビCMを連発し、人気の菓子メーカー、湖池屋は経営体制を一新する。 「 コイケヤ」ブランドでスナックを製造販売する持ち株会社のフレンテは、10月1日付で完全子会社の湖池屋、フレンテ・インターナショナル、アシストを吸収合併し、社名をフレンテから知名度の高い湖池屋に改める。 9月28日に開催する株主総会後の取締役会で、 キリンビバレッジ前社長の佐藤章執行役員が社長に昇格する。 佐藤氏は、社長昇格後に国内事業を統括する。 創業家の小池孝社長は代表権のある会長となり、海外事業と健康食品事業を統括する。 湖池屋は小池一族の同族経営から、日清食品ホールディングス傘下の企業へと、名実ともに移行することになる。 湖池屋・日清食品連合対カルビー・東洋水産連合 日清食品ホールディングスと東洋水産、カルビーと湖池屋。 それぞれ、看板商品であるカップ麺、ポテトチップスが国内外で競合するライバル企業同士の連合だ。 日清は東洋水産に対して国内では優位だが、海外では劣勢。 湖池屋は関東では強いが、全国シェアはカルビーが圧倒する。 2010年、東京が発祥の湖池屋と関西生まれの日清が手を組み、ダブルブランド商品を発売した。 湖池屋は「コイケヤポテトチップス 日清焼きそばU. 濃厚ソース焼きそば味」、日清は「日清焼きそばU. カラムーチョ ポテト味」である。 カルビーは、「マルちゃん」ブランドの東洋水産と連合を組む。 11年、北海道でカルビーは「カルビーポテトチップス やきそば弁当味」、東洋水産は「やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」を売り出した。 カルビーは09年、米食品・飲料大手ペプシコと資本業務提携して20%の出資を受け入れた。 11年3月、東証1部に新規上場して攻勢を強めている。 カルビーに対抗して11年5月、湖池屋を傘下に持つフレンテは、日清と資本業務提携。 日清がフレンテに5%出資した。 日清はフレンテへの出資比率を高める 湖池屋は1954年に小池和夫氏がおつまみ製造会社として創業。 58年に株式会社に改組した。 62年、日本で初めてポテトチップスの量産化に成功し、ポテトチップスが一般に普及するきっかけとなった。 02年、持ち株体制に移行し、社名をフレンテとする。 フレンテは04年6月、日本証券業協会(現ジャスダック)に株式を店頭登録した。

次の

【株主優待】タダで貰える湖池屋ポテトチップスは、なぜ6万円になってしまうのか【逆日歩】 : チョコの株式投資Diary

湖 池屋 ポテチ

醤油味、塩味、バター味の3種類を用意 「じゃがいも心地」は、芋が厚めにスライスされていることが特徴だ。 芋の厚みは、通常のポテチの倍近く。 かみ応えは十分だ。 塩味と醤油味、バター味の3種類をそろえた。 希望小売価格は税抜き120円前後。 18年9月に発売したところ、SNS(交流サイト)で「ポテチの常識が覆された」といった口コミが相次ぎ、話題に。 期間限定と知った消費者から、湖池屋のお客様センターに「買えなくなったら困るから、やめないでくれ」と継続販売を求める電話が相次ぎ、19年2月に通年販売に切り替えることが決まった。 マーケティング本部第1課の野間和香奈課長は「わざわざ電話を頂くなんて、通常の商品では考えられない」と話す。 これほどに熱烈なファンを獲得した商品だが、実は湖池屋は名前も芋の厚みも全く同じ商品を、15年から期間限定で展開していた。 顧客からのリピート率は高かったが、新規の顧客が増えず、ヒット商品には育っていなかった。 それが、今回、大ヒットしたのはなぜか。

次の

40~50代がなぜポテチ? 湖池屋「じゃがいも心地」:日経ビジネス電子版

湖 池屋 ポテチ

奇抜なキャンペーンを仕掛け続ける湖池屋 スナック菓子メーカー湖池屋の仕掛けたという、創業当時の販売形態を再現し、消費者へプレゼントするキャンペーンが、史上稀に見る消費者の応募を集め大成功を収めている。 そんな湖池屋がまたもや奇抜な戦略を仕掛けている。 ポテトチップスのもも味とバナナ味を、5月18日(月)から全国で発売開始するのだ。 事前評価によるとこのポテトチップス、しっかり桃とバナナの味わいを再現しているという。 」と声明を発表している。 これら一見奇抜に見える商品開発やキャンペーンから見える、湖池屋の戦略を以下考察したい。 湖池屋が仕掛ける業界二番手の差別化戦略 日本のポテトチップス業界は、カルビーが3分の2以上のシェア(約67%)を占める寡占業界だ。 湖池屋は業界第2位に甘んじている。 しかし湖池屋にチャレンジできて、カルビーにとっては取り組みにくい戦略がある。 差別化戦略だ。 差別化戦略とは、アメリカの経営学者マイケル・ポーターによって提唱された、同業他社との差別化を図るために付加価値を実現し、競争を優位にする戦略のことを言う。 差別化戦略はコモディティ化(一般化)が進んだ業界で有効な手法であり、アプローチには以下2つの戦略がある。 1 品質による垂直的差別化: 薬の有効成分が他よりも配合率が高い、電池が3倍長持ちするなど製品自体が差別化されている• 2 水平的差別化 :同じ洋服デザインでも色のバラエティを増やす、など消費者個々の好みに合わせ多様化することで差別化を図る戦略 ポテトチップスは今やコモディティ化が進んでおり、希少性やサービスによって差別化するのは難しい。 差別化は行き過ぎると、製品としての機能を損なうケースが生じリスクが高いため、シェアを維持しなければならない業界一番手の企業は取り組みにくい。 しかし差別化戦略の成功は、市場の活性化、新しい価値の創造によるユニークな地位構築につながり、二番手にとっては大きなチャンスとなる。 湖池屋のもも・バナナ味ポテトチップスの販売は、ポテトチップスに従来なかった「甘い」という概念のバラエティを持たせる、水平的差別化展開と言えよう。 湖池屋には既に水平的差別化成功の歴史あり 湖池屋は既に差別化戦略で幾つかの成功を上げている。 1984年に発売された「カラムーチョ」と1993年に発売された「すっぱムーチョ」の大ヒットである。 業界に従来なかった「激辛」「酸っぱい」といった味覚をポテトチップスへ定着させ、商品の販売は既に30年を超えている。 偶然でこれらのヒットは生まれない。 には、• 2 独創的で心の満足度の高い商品、サービスを提供する。 3 独自のブランド戦略の元に、ロングセラー商品を育成していく。 とある。 徹底的にブランドの差別化を意識した理念の元に、的確な市場リサーチ、チャレンジがあってこそ、湖池屋は奇抜な戦略でもヒットを生み出せているのだ。 ポテトチップスのもも味とバナナ味は本日発売だ。 一度食してみてはいかがだろうか?.

次の