イホンギ 入隊。 FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊はどんな部隊なのか

FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊はどんな部隊なのか

イホンギ 入隊

写真=イ・ホンギのインスタグラムより 最前線の部隊 白頭山部隊(第21師団)が位置しているのは江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)郡だ。 そこは韓国の最北端で、地形的には山岳地帯である。 そんな場所にある白頭山部隊は、最も長い距離の軍事境界線を守っている。 もし北朝鮮が南側に侵攻してくれば、楊口郡の北部が激戦地になるだろう。 それだけ、白頭山部隊は最前線で韓国の国防を担っていると言える。 白頭山部隊は歩兵の師団であるが、それは「軍事境界線を守るための歩兵」がたくさんいるということを意味している。 そんな白頭山部隊は新兵教育隊を持っていて、ここでイ・ホンギは5週間の新兵訓練を受ける。 場所が山岳地帯だということを常に頭に入れておかなければならない。 アップダウンが激しい場所なので、訓練でも足腰に負担がかかる。 それだけ、ケガに注意しなければならない。 ただし、時期的には恵まれたと言えるかもしれない。 韓国で10月は1年でもっとも過ごしやすい季節だ。 そんな時期に新兵訓練を始めるというのは、慣れない環境の中でも身体的には助かるに違いない。 なお、白頭山部隊のように最前線の師団で新兵教育を受けると、5週間の訓練が終わったあとも、同じ師団で最後まで軍務を務めるのが通例だ。 これを「自隊配置」と呼んでいる。 イ・ホンギも、白頭山部隊で新兵訓練を受けると、終了後も同じ部隊にとどまる可能性が高いと言えるだろう。 文=康 熙奉(カン ヒボン).

次の

イホンギ結婚観と熱愛彼女!日本語がうまい理由!整形疑惑&現在韓国での人気は?

イホンギ 入隊

駐屯地は韓国中部の最北端 白頭山部隊は第21師団の別称である。 最初に「師団」というものを説明しよう。 軍隊は兵士の集団によって成り立っている。 そんな兵士の最小集団が小隊で、それから中隊、大隊、連隊、旅団と大きくなっていき、同じ軍事目的を持った最大の組織が師団である。 有力な師団の場合は1万人近い兵士が集まっている場合もある。 そして、数多い師団の中で21番目に該当するのが第21師団で、通常なら白頭山部隊と称されている。 白頭山部隊が駐屯しているのは、江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)郡である。 まさに、韓国中部の最北端にある。 地形的には完全な山岳地帯で、アップダウンが多い。 もちろん、冬は大変な寒さに襲われる地域だ。 そんな場所を守っているのが白頭山部隊だ。 一番重要な任務が、軍事境界線の防衛である。 なんといっても白頭山部隊は最も長い距離の軍事境界線を守っていると言われている。

次の

FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊はどんな部隊なのか

イホンギ 入隊

イホンギは、ユニークな性格の持ち主でバラエティー番組にもよく出演していますね! そんなイホンギの兵役はいつからなのでしょうか? 韓国では兵役が義務付けられているので、芸能人でも行かなければなりません。 イホンギ人気や、藤井美菜の関係や気になる結婚相手、ボーカルをつとめていますが、実際のところ、歌唱力はどうなのかについて紹介します。 イホンギの兵役いつから?入隊はいつまで? FTISLANDが10周年を迎えたとき、イホンギは、インタビューで、FTISLANDのメンバーみんなで同伴入隊する計画について語っていました。 FTISLANDのメンバー達は、できる限り活動休止の期間を少なくしようと考えているわけですね。 ですが、FTISLANDの末っ子メンバーであるチェ・ミンファが結婚したことで状況が変わりました。 イホンギは2018年の10月のインタビューで以下のように答えています。 「来年には軍隊に行かなければならない。 もともと同時期に入隊したかったが、末っ子が結婚して子供が誕生し、子供の面倒を見ることになると思う。 兄貴たちが先に行って、短いスパンで弟たちが行き、空白期を最小化させる考えだ」 メンバーの一人が結婚し、子供が生まれたことで、同伴入隊が困難になったことを明らかにしました。 メンバー全員での入隊が困難になり、今年には兵役に行くことが予測されます。

次の