お目通し 意味。 「ご査収ください」を使ってはいけないシーンは?正しい意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#1】

「お目通し」を使う際の敬語表現と言い換え方

お目通し 意味

スポンサーリンク 「お目通し」の意味と使い方は? まず最初に 「お目通し」の意味と使い方について見ていきましょう。 「お目通し」は、「目通し」に丁寧語をつくる接頭辞「お」を冠した言葉です。 そして「目通し」は「目を通す」を名詞の形にした表現です。 「目を通す」は文字通りには、 「あるものに目を入れる、見通す」といった意味合いになります。 顔の臓器の一つである「目」は、人間にとって最も重要な器官の一つでもあり、また顔の表情をつくる根幹の部分でもあることからか、この字にまつわる日本語の慣用的な表現が非常に多く存在します。 「目」は臓器そのものを指す意味のほか、 「ものを見る力」、「ものを見ること」、「注意して見ること」、「ものを見る目つき」、「見分ける洞察力」といった幅広い表現でも使われます。 いくつか挙げるだけでも 「目を向く」、「目を付ける」、「目が回る」、「目を光らせる」、「目が早い」、「目が届く」、「目がない」など枚挙にいとまがないほどです。 その一つがこの「目を通す」だといえます。 「目をあるものに通す」わけですから、本来は 「あるものごとを、初めから終わりまで見ていく」という意味合いだと思われます。 これが転じて、現在では「ざっと、一通り見る」、「全体をあらあら、簡単に見通す」、「おおまかに全体的にチェックする」という趣旨で使われる表現です。 この丁寧な表現である「お目通し」は、一般的には「お目通しください」などのように、相手を敬いながら、あることを要請したり懇願したりする際の表現である「~ください」や「~いただく」などを伴います。 ビジネスシーンでは大変頻繁に使われる言い方の一つといえます。 敬語表現ですから、「お目通しする」など自分については通常は使用しません。 「目通ししろ」などと命令形で使うこともありません。 スポンサーリンク なお「お目通りする」という言葉がありますが、これは「高貴な人に謁見する」といった意味合いです。 このため「この書類にお目通りください」などと誤用しないよう注意が必要です。 「お目通し」の類語と敬語は? 次に 「お目通し」の類語と敬語について見ていきましょう。 「目を通す」と似通った意味の類語をまとめておきますね。 斜め読む• 読み飛ばす• 速読する• 一瞥する• 見渡す• ちらっと見る 一方、敬語としての「お目通し」と同様に言い換えられる言葉には、次のようなものがあります。 (ください=以下、同)• ご確認• ご一読• ご一覧• ご一瞥 「お目通し」の類語と敬語の言い換え方は以上となります。 おまけとして、平易な言い方として 「お読みください」、「ご覧ください」、「一通りチェックをお願いします」、「ざっと見てください」などとも表現できるので覚えておきましょう。 「お目通し」を使った例文を教えて? 最期に 「お目通し」を使った例文をご紹介したいと思います。 「お目通し」は前述のように、 「(書類などの)全体をざっと見渡す」という意味合いを持つ言葉です。 このためビジネスの場面などでは、一般的に、顧客などの相手に対しややへりくだった形で 「お手数をおかけして恐縮ですが、軽くで結構ですので、読んでくださいますか」と丁寧に依頼する言い方だといえます。 実際には「苦労してつくったので熟読してほしい」と考えたとしても、多忙な相手の立場を慮って、あえてけんそんして使う表現だともいえます。 逆に自分の行動について 「この前いただいた書類、目を通しておきましたよ」などと言うと、場合によっては 「適当にしか見てない」と、相手を見下したような受け止め方をされる恐れがありますので、使い方には注意が必要です。 「お目通し」の例文としては、 「契約書が整いましたので、お目通し願えますでしょうか」、「招待状の文案を作成しましたので、一度、お目通しくださいますと幸いです」などがあります。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「お目通し」の 詳しい意味と正しい使い方、そして類語や敬語、例文について詳しくご紹介しました。 使う場面と使う相手をしっかりと見極めて間違いのないように使いたいものです。

次の

「ご査収ください」を使ってはいけないシーンは?正しい意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#1】

お目通し 意味

「お目通し」の意味は? 「お目通し」の意味とは目上の方が書類や実物などに目を通すこと 「お目通し」の意味とは、目上の方が書類や実物などに目を通すことです。 目を通すとは目を使って見渡すと言う意味で、「お目通し」と言う言葉は書類や実物を全体的に見ると言う意味を表しています。 「お目通し」は「おめとおし」と読み、「御目通し」と書く場合もあります。 「お目通し」とは目上の方にも使える言葉 「お目通し」とは、目上の方にも使える言葉です。 そのため、自分と同等の方や目下の人には使用しません。 また、「お目通し」と言う言葉には目を通す書類や実物を熟読する意味や細部まで確認する意味は含まれていませんので、使う際には注意しましょう。 「お目通し」に感謝の言葉「ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、目を通してもらったことへのお礼を伝える場合などに使います。 例文は、「ご多忙の折、お目通し誠にありがとうございます」で、大変忙しいところであるにもかかわらず目を通していただいてありがとうございますと言う感謝の気持ちを伝えられます。 「のほど」は「の程」と漢字で書く場合もありまり、してもらうよう・してくれるようなどの意味を持っています。 「お目通しの程」の使い方は、目を通してもらうよう・目を通してくれるようなどの意味があり、お願いする言葉ともに使うのがおすすめです。 例文は、「会議資料にお目通しのほど、よろしくお願いいたします」で、会議の資料に目を通してもらうようお願いしますと言う意味を表現しています。 「幸いです」は、うれしいですと言う意味を表現しており、「いただく」は「もらう」と言う意味を持っています。 「お目通し」と「いただければ幸いです」を組み合わせた使い方は、目を通してもらうとうれしいですと言う意味で、目を通してもらうことをお願いする際などに使います。 例文は「対策案をまとめたので、お目通しいただければ幸いです」です。 この例文では、対策案をまとめた書類にできれば目を通してもらうとうれしいですと言うニュアンスを表現できます。 「いただく」は「もらう」の意味があり、「存じます」は「思います」と言う意味を持っています。 「お目通し」と「いただきたく存じます」を組み合わせた使い方は、目を通してもらいたいと思っていますと言う気持ちを伝える際に使います。 例文は、「会議前に一度会議資料にお目通しいただきたく存じます」で、この例文では会議の前に1度会議しようにざっと目を通してもらいたいと思っていますと言う、お願いする気持ちを表現しています。 「いただけますか」は、「してもらますか」と言う意味を持っています。 「お目通し」に「してもらえますか」を組み合わせた使い方は、目を通してもらえるかどうかを相手に質問する際やソフトな印象で目を通してもらうことをお願いする場合に使います。 例文は、「先日の資料を修正したのでお目通しいただけますか」で、先日確認してもらった資料の修正をしたので、再度目を通してもらえますかと言うニュアンスを含んでいます。 「お・ください」は、相手に何かをしてもらいたいことを願うこと・頼むことを意味します。 「お目通しください」は、目をとおしてもらいたいと願う・頼む気持ちを表現できます。 「お目通し」と「ください」を組み合わせた使い方は、「目を通してください」と相手にお願いする際に使います。 例文は、「先日の資料を修正したのでお目通しいただけますか」で、先日確認してもらった資料の修正をしたので、再度目を通してもらえますかと言うニュアンスを含んでいます。 お目通しの使い方でも紹介した「存じます」は、ビジネスメールやビジネス文章でもよく使用される敬語です。 そこで、下記記事では「存じます」の意味や「いただければ存じます」などのメールでの使い方などを紹介しています。 「お目通しいただきたく存じます」を使う際の参考にもなります。 「お目通しいただきますようお願い申し上げます」は、「目を通してもらうことをお願いします」と言う意味で、丁寧な敬語表現です。 例文は、「修正案をまとめたのでお目通しいただきますようお願い申し上げます」です。 この例文は、まとめた修正案に目を通してもらうことをお願いしますと言う意味を表現しています。 「できれば目を通してもらえますか」の意味を持つ「お目通しいただけますか」は、目上の方へできるなら目を通してくださいと伝えたい場合などに使いましょう。 例文は、「新商品のカタログを添付したのでお目通しいただけますか」です。 この例文では、メールに添付した新商品のカタログに、できれば目を通してくださいと言う意味を表現しています。 「お目通しのほど宜しくお願いいたします」は、「してもらうよう」の意味を持つ「の程」を組み合わせています。 より丁寧に目を通してほしいとお願いする場合の敬語におすすめです。 例文は、「添付資料にお目通しのほど宜しくお願いいたします」は、メールに添付した資料に目を通してくださいと言う意味を表現しています。 お目通しは、書類などの内容を検討する意味は含まれていません。 そこで、書類の内容を検討してもらう際に使う「ご検討」と言う言葉について下記記事でくわしく紹介しています。 また、「ご検討の程よろしくお願いいたします」は正しい敬語なのかどうかについてもチェック可能です。 ご一読は「ごいちどく」と読み、一通り読むこと・ざっと読むことを意味します。 「お目通し」と同様に、文章を熟読する意味はありません。 例文は、「会議資料についてご一読ください」で、会議資料を一通りざっと読んでくださいと言う意味を表現可能です。 ご高覧は「ごこうらん」と読み、相手が見ることを意味し、相手を敬って使う言葉です。 また、目上の方に使う言葉ですので、部下や同僚などへの使用は避けましょう。 例文は、「資料ついてご高覧賜りますようお願い申し上げます」で、資料を見ていただけるようにお願いしますと言う意味を伝えられます。 確認は、はっきり認めること・確かめることなどの意味を持っています。 例文は、「御見積書のご確認をお願いいたします」で、見積書について内容を見て確かめてくださいと言うニュアンスを含んでいます。 ご査収は「ごさしゅう」と読み、書類や金品などをよく調べて受け取ることを意味します。 例文は、「書類を同封いたしましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます」です。 この例文では、同封した書類の内容をよく調べてから受け取ってもらうようによろしくお願いしますと言うニュアンスを表現しています。 「お目通し」や類語の「ご査収」は、相手に書類などを見てもらう際にも使う言葉です。 また、「拝見」と言う言葉は自分が書類などを見る際にも使用できます。 そこで、下記記事では「拝見しました」の意味や「拝見」の二重敬語としての誤った使い方などを紹介しています。 look throughは、目を通す・調べる・見抜くなどの意味を持っています。 例文はCould you read through this documentで、この資料のお目通し願えますかと言う意味を表現できます。 Pleaseはください、look overは見渡す・ざっと目を通す・を調べるなどの意味を持っています。 例文は、Please look over this materialで、どうかこの資料にお目通しくださいの意味を表現可能です。 「お目通しの程」と言うフレーズも、仕事シーンでよく目にする言葉です。 そこで、「の程」の意味や使い方、例文などを下記記事で紹介しています。 また、「ご指導の程」や「ご確認の程」などの使い方なども紹介していますので、「の程」をさらに上手に使いこなしたい方なども必見です。 「お目通り」は、目上の人と会うことを意味します。 「お目通し」と「お目通り」は、「し」と「り」の違いだけですが、意味は大きく異なるので注意しましょう。 「お見通し」は、相手の考えや気持ちを見抜いていることを意味します。 「お目通し」と「お目通し」は漢字が1文字しか違いませんが、意味には大きな違いがありますので、メールや文章などに「お目通し」を使う際は特に注意しましょう。 二重敬語とは、言葉の中に敬語を重ねて使用している間違い敬語を意味しています。 「お目通し」の場合は、「お目通しになられる」の様に、接頭語の「お」と尊敬語の「れる」を重ねて使うと二重敬語になるので注意しましょう。 「お目通し」をビジネスシーンで上手に使いこなそう 「お目通し」は、ビジネスメールなどで主に使用する言葉です。 また、お目通しの類語を覚えておくと、ビジネスメールなどを書く際にも活躍してくれます。 さらに、目上の方などに使う場合は上記で紹介した「お目通し」の敬語表現などを参考にしながら、「お目通し」をより上手に使ってください。

次の

「お目通し」の意味は?正しい使い方や英語表現も例文付きで解説!

お目通し 意味

お目通しは、敬語とセットで使われることが多い言葉です。 なぜなら「お目通し」は、「目通し」という言葉に、丁寧語の「お」を付けることで、丁寧な気持ちや相手を尊敬する気持ちを表現する際に使われることが多い言葉だからです。 そのため、「お目通しください」や「お目通しいただけますでしょうか」、「お目通しいただければ幸いです」といった敬語とセットで使われる言葉であると言われています。 敬語表現は、伝える相手や状況によって適切な表現が求められるので、苦手意識を感じている人も少なくないと言われています。 中でも、相手に「問題がない」ということを伝える際の表現に迷う人が多いことから、以下の記事では適切な敬語表現などについて詳しくお伝えしていますので、ぜひ参考になさってください。 お目通しの類語の1番目は、「ご高覧」という言葉です。 ご高覧という言葉の意味は、「見ていただく」といった意味合いになります。 「お目通し」や「ご高覧」といった表現は、取引先や顧客などに対して使われるケースが多く、冊子やカタログなどを見てもらいたい時に使われることも多いと言われています。 「ご高覧」という言葉は、「ご高覧いただけますでしょうか」や「ご高覧いただければ幸いです」といった使い方をされることが多く、「全体的にざっと見てください」といったニュアンスを含むケースが多いことから、「お目通し」の類語であると言われており、顧客だけではなく、目上の人に使われることもあります。 目上の方への言葉遣いは、間違って使うと失礼な態度だと思われてしまったり、常識のない人と思われる恐れがあることから、基本的ではあるものの、とても大切なビジネスマナーであると言われています。 以下の記事では、目上の人に同意を求める表現について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 お目通しの使い方の1番目は、「明日の資料にお目通しください」といった使い方です。 この場合のお目通しには、「全体的に見て概要を把握していただきたい」といった意味合いで使われるケースが多いと言われています。 上司や取引先の相手が、会議や講演会などで、初めて見る資料に戸惑わないように、あらかじめ丁寧な表現で注意喚起をする際に使われる例文です。 ただ単に資料を渡すだけだと、上司や取引先の相手に「この資料は当日に見るだけでも十分に把握できる簡単な内容のもの」といった印象を与える可能性があります。 そのような印象を与えたにもかかわらず、難しい内容が記されてあり、会議などで不都合が生じた際に、「単に資料を渡すだけじゃなくて、相手のことを考えて仕事に取り組みなさい」などと叱責されるおそれがあることから、あらかじめそういったことを防ぐためにも有効な表現です。 こういった場合に使われる「お目通しいただければ幸いです」には、「一度見ていただき、興味があったら是非連絡してください」といった意味合いが含まれるケースが多いと言われています。 ちなみに、うまく営業に結びつけるためにはチラシを相手に渡すだけといった対応をするよりも、親切で明るいといった営業マンのイメージを相手に与えながら営業をする方が効果的だと言われています。 そのため、こういった「お目通しいただければ幸いです」という使い方は、営業の要素が含まれているケースが多いです。 ちなみに以下の記事では、営業電話の話し方の基本やコツなどについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 営業電話は対面での営業とは異なり、相手の表情や仕草が見えないことから苦手意識を抱いている人が多いですが、対応能力や説明能力などのスキルが向上するというメリットがあります。 お目通しの使い方の3番目は、「この書類にお目を通していただきますようお願いいたします」といった使い方です。 上司や取引先の人に書類を見てもらう際などに使われる「お目通し」は、「チェックをしてください」といった意味合いで使われるケースが多いと言われています。 社内や社外に送る書類を作る際には、その書類の重要度が高いほど、書類作成者以外の人のチェックが肝心であると言われています。 そのため、「この書類にお目通しいただきますようお願いいたします」という言葉には、「間違いあった場合には、指摘してください」といった意味合いで使われやすい傾向があります。 通常、お目通しをしてもらう人数が多くなるほど、重要度が高い書類であると言えます。 たくさんの上司や関係部署の人に書類を見てもらうことによって、書類の内容についての正確性を高めるという目的があったり、万一間違いがあった場合の責任の所在を明確にするといった意図が含まれると言われています。 相手にメールを送っただけでは、気づいてもらえなかったり、見落とされる恐れがあります。 そのため重要度が高いメールほど、相手に「お目通しください」ということを口頭でも合わせて伝えることが肝心です。 また、仕事をしていると、突然相手先にメールを送る必要が生じることも多々あります。 そういう時には、「早めに相手に見ていただきたい」といった緊急のケースであることが多いので、相手に対して「メールにお目通しをお願いいたします」と一言伝えておくと親切であり効果的ですし、社会人としての信頼にもつながります。 ちなみに以下の記事では、突然のメールを送る際のビジネスマナーについて詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 ビジネスシーンで突然相手にメールを送らなければならなくなった時や、初めての相手に突然のメールを送る際のマナーなどを詳しくお伝えしています。 RELATED ARTICLE お目通しの意味や使い方を正しく把握してビジネスシーンに活用しましょう お目通しという言葉は、目上の人や取引先の人などに対して使うケースが多いことから、意味や使い方を間違ってしまうと、信頼性の低下や社会人としてのスキルが低く見られてしまうという恐れがあります。 こういった信頼性の低下や評価の悪さは、日々の仕事のやりやすさや出世にも影響を及ぼします。 その一方で、適切に使いこなすことができると「あの人の任せておけば安心だな」という信頼感を得るために役立ちます。 信頼感は日々の行いの積み重ねによって増していくものですので、この機会に「お目通し」の意味や敬語表現を正しく把握して、コツコツと信頼感を積み重ねていきましょう。 ビジネスシーンにおいては、上司や顧客、取引先の人から信頼されることはとても重要で、信頼の有無によって仕事の成否が大きく左右されるケースも少なくありません。 以下の記事では、信頼される人の特徴や信頼される人になる方法などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

次の