アンブロキソール 市販。 ムコサール錠(アンブロキソール)の効果と特徴

風邪薬(市販)の選び方

アンブロキソール 市販

トラネキサム酸、アンブロキソールによるスティーブンス・ジョンソン症候群 2014年6月掲載 薬剤 トラネキサム酸 血液・体液用薬 アレルギー用薬 アンブロキソール 呼吸器官用薬 副作用 スティーブンス・ジョンソン症候群 概要 41歳、男性。 発熱、倦怠感、口内炎が出現し、市販の感冒薬を服用したが改善しないため、夜間救急診療所を受診し、アセトアミノフェン、アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸を処方された。 口内炎の急激な悪化、摂食障害、四肢の皮疹を自覚し、当科を受診した。 皮膚科で臨床経過および臨床所見よりスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と診断され、プレドニゾロンの経口投与が開始された。 眼病変は指摘されず、入院29日目に軽快退院となった。 薬剤誘発性リンパ球刺激試験を施行したところ、アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸に陽性反応を示した。 アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸によるSJSと診断した。 退院1ヵ月後発熱などの感冒様症状が発症し、初診時と同様に口唇、舌、口蓋粘膜にびらんおよび水疱が出現し、腹部に皮疹がみられた。 血清学的検査ではHSV IgG抗体価が56. 5と高値であった。 SJSの再発と診断し緊急入院となった。 皮膚科でプレドニゾロン、眼科で眼瞼充血を指摘され点眼薬による加療、口腔外科では口腔内ケアが行われた。 再入院6日目で症状の軽減を認め、再入院32日目に軽快退院した。 スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)は、発熱、皮膚粘膜移行部の粘膜疹、皮膚に多発する多形紅斑様発疹などを認め、予後不良例では眼や呼吸器官等に重篤な障害を残すことがある。 また、中毒性表皮壊死症に移行した場合では、死亡率が5-15%とされる重篤な疾患である。 SJSの原因としては、抗菌薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗てんかん薬などの薬剤およびウイルス感染などの感染症が報告されている。 本症例ではHSV感染によると考えられる口内炎が先行し、その後の歯科での治療後にSJSを発症した。 一般に歯科では重症あるいは難治性の口内炎患者に遭遇する機会が多く、SJSの可能性も留意して診察にあたる必要がある。 薬剤名から探す• 日本商品分類から探す• 神経系および感覚器官用医薬品• 器官系用医薬品• 代謝性医薬品• 組織細胞機能用医薬品• 生薬・漢方薬• 病原生物に対する医薬品• 治療を目的としない医薬品• その他• 掲載年月から探す• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• 2020•

次の

去痰薬「ムコダイン」と「ムコソルバン」の違いを解説【成分・効果・副作用】

アンブロキソール 市販

トラネキサム酸、アンブロキソールによるスティーブンス・ジョンソン症候群 2014年6月掲載 薬剤 トラネキサム酸 血液・体液用薬 アレルギー用薬 アンブロキソール 呼吸器官用薬 副作用 スティーブンス・ジョンソン症候群 概要 41歳、男性。 発熱、倦怠感、口内炎が出現し、市販の感冒薬を服用したが改善しないため、夜間救急診療所を受診し、アセトアミノフェン、アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸を処方された。 口内炎の急激な悪化、摂食障害、四肢の皮疹を自覚し、当科を受診した。 皮膚科で臨床経過および臨床所見よりスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と診断され、プレドニゾロンの経口投与が開始された。 眼病変は指摘されず、入院29日目に軽快退院となった。 薬剤誘発性リンパ球刺激試験を施行したところ、アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸に陽性反応を示した。 アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸によるSJSと診断した。 退院1ヵ月後発熱などの感冒様症状が発症し、初診時と同様に口唇、舌、口蓋粘膜にびらんおよび水疱が出現し、腹部に皮疹がみられた。 血清学的検査ではHSV IgG抗体価が56. 5と高値であった。 SJSの再発と診断し緊急入院となった。 皮膚科でプレドニゾロン、眼科で眼瞼充血を指摘され点眼薬による加療、口腔外科では口腔内ケアが行われた。 再入院6日目で症状の軽減を認め、再入院32日目に軽快退院した。 スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)は、発熱、皮膚粘膜移行部の粘膜疹、皮膚に多発する多形紅斑様発疹などを認め、予後不良例では眼や呼吸器官等に重篤な障害を残すことがある。 また、中毒性表皮壊死症に移行した場合では、死亡率が5-15%とされる重篤な疾患である。 SJSの原因としては、抗菌薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗てんかん薬などの薬剤およびウイルス感染などの感染症が報告されている。 本症例ではHSV感染によると考えられる口内炎が先行し、その後の歯科での治療後にSJSを発症した。 一般に歯科では重症あるいは難治性の口内炎患者に遭遇する機会が多く、SJSの可能性も留意して診察にあたる必要がある。 薬剤名から探す• 日本商品分類から探す• 神経系および感覚器官用医薬品• 器官系用医薬品• 代謝性医薬品• 組織細胞機能用医薬品• 生薬・漢方薬• 病原生物に対する医薬品• 治療を目的としない医薬品• その他• 掲載年月から探す• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• 2020•

次の

カルボシステイン(ムコダイン)、アンブロキソール(ムコソルバン・ムコサール・プルスマリン)のぜんそくへの効果と副作用について|母子のための病気の教科書

アンブロキソール 市販

ムコダイン(カルボシステイン) ムコソルバン(アンブロキソール) ビソルボン(ブロムヘキシン) と同じ市販の薬を紹介します。 これらの薬は「去痰薬」と呼ばれ、たんを出しやすくする効果がある薬となり、その効果の高さから風邪などで病院を受診した時に医師から処方された事がある人もいるのではないでしょうか。 そして中には風邪の時に 「ドラックストアやネットでムコダインやムコソルバンは買えないのか?」と考える人もいると思います。 その答えをズバリ言いますと ムコダインやムコソルバンやビソルボンと同じ成分の薬は市販でも購入可能 ですので、もし風邪や咳で「痰が絡んで仕方がない!!」という人はぜひ参考にしてみてください。 ムコダインやムコソルバンやビソルボンと同じ市販薬 冒頭でムコダインやムコソルバンやビソルボンと同じ市販薬があると言いましたが、実は 「単独」でムコダインやムコソルバンやビソルボンと全く同じ市販薬は発売されていません。 これはどういう事かと言いますと実は ムコダイン カルボシステイン +ビソルボン(ブロムヘキシン) この形で両方を配合した薬が市販では発売されていたり、ムコソルバン(アンブロキソール)を配合した風邪薬などが発売されているんです。 ムコダインとビソルボンを2種類配合する意味 では、そもそもなぜ2種類の去痰薬が配合されているのかその効果の違いも併せて簡単に説明します。 ・ムコダイン(カルボシステイン) 気道分泌促進作用と痰の溶解作用があります。 気道分泌促進というのは簡単に言えば、 痰の滑りを良くして痰を出しやすくする効果。 一方痰の溶解作用というのはその名の通り、 ネバネバした痰を溶かしてサラサラにしてくれる効果になります。 この2種類の去痰薬が配合するという事で、より痰をサラサラにして粘つきを抑え、痰の切れを良くしてくれる作用が期待できるわけですね。 ちなみに ムコソルバン(アンブロキソール)は痰の滑りを良くして痰を出しやすくする効果が期待できます。 去痰薬の効果は痰だけではない 実は去痰薬は痰を出しやすくする効果だけでなく 「咳」や「鼻水」にも効果的になります。 例えば痰が絡んだゴホゴホする咳ですが、この場合は市販の風邪薬に良く配合されている咳止め成分の「ジヒドロコデイン」という成分は実は避けた方が良いんです。 そもそも痰や咳と言うのは身体の異物を排出するために起きる生理反応ですが、 コデインは痰の排出を妨げる副作用があるんです。 すると痰が気管支につまり、さらに呼吸が苦しくなったりする事があります。 ただし市販のコデイン配合の薬は量が少ないためか使用不可とはなっていませんが避けるようにしましょう。 市販薬の多くは「コデイン」を配合していますが、痰が絡む咳の場合はコデインを避けたり痰を出しやすくする薬を選ぶべきなんです。 つまり 痰が絡んでいる咳などは去痰薬を使用する事で痰のつまりが解消され、咳も同時に治まるという効果も期待できるんですね。 また去痰薬は鼻の粘膜にも作用するため、鼻水なども出しやすくする効果が期待できます。 浅田飴 たんカット 去痰CB錠 ストナ去たんカプセル エフストリン去たん錠 クールワン 去たんソフトカプセル この4つはムコダインとビソルボンを配合した去痰薬となっています。 ただ配合量はムコダインは成人量の半分、そしてビソルボンは成人量と同じ量が配合されています。 価格は4~6日分で、大体1500~2000円の間の定価です。 そして市販薬の中には去痰薬を配合している風邪薬もありますので紹介していきます。 去痰薬配合のおすすめ風邪薬 ・新コンタックかぜ総合 市販薬の中では珍しくコデインを配合せずに「メチルエフェドリン」「デキストロメトルファン」を配合した薬になります。 去痰薬は「ブロムヘキシン(ビソルボン)」を配合。 そして新コンタックかぜ総合には熱や鼻にも効果がある成分を配合しています。 ・ストナプラスジェルS 市販薬の中では 咳・痰に効く成分をかなり詰め込んだ薬です。 冒頭でも紹介した「ムコダイン(カルボシステイン)」「ビソルボン(ブロムヘキシン)」を配合し、さらに咳に効く成分を3種類も配合しています。 また、熱や鼻に効く成分も1種類ずつ配合しているので、風邪の全般症状に効果があり、特に痰と咳にずば抜けて効果を発揮するでしょう。 ・パブロ ンエースAX こちらはアンブロキソールを配合している風邪薬になります。 そしてパブロンエースAXにはイブプロフェンも配合されていますので、熱や頭痛や喉の痛みにも効果が感じられるでしょう。 もちろん咳と鼻に効く成分も配合されており、風邪全般に効果があるように作られています。 痰が続く場合は要注意 もし3週間以上痰が絡んだり咳が出る事がある場合は COPDの可能性を疑いましょう。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、40歳以上の喫煙者または喫煙歴がある人に多くみられます。 タバコの煙や大気汚染物質などの有害物質を長年吸い込み続けることにより、空気の通り道となる気管支や細気管支、その先にある酸素と二酸化炭素のガス交換を行っている肺胞に炎症が起こります。 そしてCOPDの原因は 主にタバコが原因となります。 もしタバコを吸っていないという人はCOPDの可能性はそこまで高くはありませんが、長期でたんや咳が続く事はCOPDの可能性が高いです。 そしてもしタバコを吸わない人でも以外の何かしらの異常が起きている事も十分に考えられるので、必ず1度は呼吸器内科を受診するようにしてみてください。

次の