ダンカン 息子。 ダンカンの嫁と息子&娘情報!噂の悪行エピソードも総まとめ

紳士服オーダーの『ダンカン』でスーツやワイシャツを作った人、いか...

ダンカン 息子

殺人博物館〜エリザベス・ダンカン エリザベス・ダンカン Elizabeth Duncan (アメリカ) エリザベス・ダンカン 若き日のエリザベス・ダンカンと息子のフランク 仲のいい母子は人前でもブチュー 反対尋問中の鬼ババア 理解できない事件である。 なにしろ、このダンカンというザマス眼鏡のおばちゃんは、息子を取り戻すために、人を雇って嫁を殺害したのだから。 1958年11月18日のことである。 出勤時間をとっくに過ぎているというのに、 オルガ・ダンカンは職場であるカリフォルニア州サンタ・バーバラ・コテージ病院に姿を現さなかった。 無断欠勤するような人ではない。 同僚の看護婦たちは心配し、家主に電話をして調べてもらうことにした。 家主がアパートを訪ねたところ、ドアは開いたまま、電灯もついたままにも拘らず、オルガは部屋にはいなかった。 家主は夫の フランクに電話を入れたが、彼にも心当たりはなかった(彼は前日は母の家に泊まっていた)。 同僚たちは不安になった。 オルガは以前から結婚生活がうまく行かずに悩んでいたのだ。 妊娠中の彼女はベイビーの誕生を心待ちにしていたので、まさか自殺ということはないだろうが、可能性はないわけではない。 フランクも心配し、すぐに警察に連絡して妻の失踪を届け出た。 オルガが失踪して数週間が経った頃、警察は殺人事件に切り替えて捜査を始めていた。 まず疑われたのが夫のフランク・ダンカンだが、彼には動機らしきものがなかった。 6月に結婚したばかりで、夫婦仲は至って円満だった。 オルガが悩んでいたのは、夫ではなく、姑との関係であった。 そこで警察は姑の エリザベス・ダンカンを事情聴取に呼び出した。 エリザベス・ダンカンは余り評判のいい女ではなかった。 次々と若い男を誘惑しては結婚し、別れた夫たちからも生活費を貰って優雅に暮らしていた。 「結婚した男は20人くらいかしら」 などと自慢する彼女の正確な結婚回数を知っている者は誰もいなかった。 また、彼女は息子のフランクを溺愛していることでも知られていた。 息子が成人してからもベッドまで朝食を運んでいたほどで、近親相姦を噂する者もいた。 手をつないで歩いているところもしばしば目撃されていた。 事情聴取されたエリザベスは、開口一番、2人のメキシコ人から脅迫されている旨を訴えた。 「どうして脅迫されたのですか?」 と問いただすと、 「あたしを殺すと脅迫された、脅迫された」 と繰り返すのみで、まったく話が進まない。 これじゃ埒が明かないと思った警察は、彼女の身辺調査を始めた。 そして、事件の3ケ月ほど前の8月7日、姑息な手段で息子夫婦の婚姻を取消そうとしていたことを突き止めた。 彼女自身が図々しくも新妻のオルガになりすまし、ラルフ・ウィンタースタインという男を息子に、友人のエマ・ショートをオルガのおばに仕立てて、婚姻取消の申請を行っていたのだ。 警察がエマ・ショートを追求すると、彼女の口からトンデモない供述が飛び出した。 エリザベスが2人の男を雇って嫁を殺したというのだ。 エリザベスが「脅迫された」と訴えたメキシコ人がその2人だったのだ。 事の発端は1957年11月に遡る。 エリザベスが睡眠薬の飲み過ぎでサンタ・バーバラ・コテージ病院に運ばれた。 美容院を買うの買わないので息子と揉めて自殺を図ったのだ。 この時にエリザベスを担当した看護婦がオルガだった。 一目惚れしたフランクは彼女をデートに誘い、その仲は次第に親密になって行く。 これに嫉妬したエリザベスは、オルガに関する根も葉もない噂で息子を焚きつけ、「あんな性悪女とつきあうんじゃないよ」と説得した。 それでも息子はオルガと結婚した。 エリザベスは怒り狂い、地元紙にこのような公告を出した。 「私は本日、1958年6月25日以降、母であるエリザベス・ダンカン以外の者による契約に基づく債務は一切負わないことをここに宣言します。 フランク・ダンカン」 やがて2人の新居を突き止めたエリザベスは、玄関のドアをガスガス蹴って喚き散らした。 「息子を返せ。 息子を返せ。 息子を返せ。 息子を返せ」 こりゃノイローゼにもなるわ。 そして、婚姻取消を企んだが失敗に終わり、遂にオルガの殺害を決意したのであった。 知人から ルイス・モイヤ・ジュニアと オーガスティン・バルドネードという2人のメキシコ人の若者を紹介してもらったエリザベスは、6千ドルの報酬でオルガの殺害を依頼した。 金に困っていた2人は話に乗り、前金の175ドルを受け取った。 11月17日午後11時30分頃、2人は「お宅の旦那さんがバーで酔い潰れていたので連れて来ました。 運ぶのを手伝っていただけませんか」とオルガを外に連れ出して、銃で脅して誘拐した。 そして、銃で頭を殴って殺害した…かに思われたが、彼女はまだ死んでいなかった。 そこで銃で撃とうとしたのだが、さっき殴った時にリボルバーが壊れてしまった。 仕方がないので首を絞めて殺害した…かに思われたが、それでも彼女は死ななかった。 にも拘わらず、彼女はそのままハイウェイ脇に埋められた。 つまり、オルガは生き埋めにされて死んだのである。 殺し屋がシロウトだと苦しみ抜いて死ぬことになる。 恐ろしいことである。 仕事を終えた2人は残金を貰いにエリザベスのもとを訪れたわけだが、手渡されたのは200ドルの小切手だった。 約束が違う。 怒り狂った2人は「残金全額を耳を揃えて支払え。 さもないとぶっ殺す」と脅迫した。 ところが、エリザベスの方が一枚上手である。 「今日、警察であなたたちの写真を見せられて、いろいろと質問されたんだけど、黙っておいてあげたわ」 こう切り返したのである。 これには2人はビビってしまった。 エリザベスは続けて、 「だから今、あなたたちに高額の小切手を切るのはヤバいのよ。 警察にマークされてるから。 判るでしょ? 熱りが冷めるまで待ってちょうだい」 しかし、エリザベスには支払う気は毛頭なかった。 誠に狡猾な糞ババアである。 そんな狡猾なババアが犯した唯一のミスは、エマ・ショートを殺害計画にも巻き込んだことである。 彼女の供述により2人のメキシコ人の名前が割れ、ババアも逮捕されるに至ったのだ。 エリザベスとその下請けはオルガ殺しで有罪となり、1962年8月8日、サン・クエンティン刑務所のガス室で3人揃って処刑された。 愛する妻とまだ見ぬ我が子を無惨に殺害されたフランクは、最後の最後まで母親の無実を信じていたという。 愚かなり。 参考文献 週刊マーダー・ケースブック49(ディアゴスティーニ) 『LADY KILLERS』JOYCE ROBINS(CHANCELLOR PRESS).

次の

【タレント・ダンカン(55)の妻・飯塚初美さん22日、乳がんのた...

ダンカン 息子

彼女は自伝において、海の波を見ながらダンスに恋をしたと語っています。 彼女の動きは自由で常に流れるようであり、波が彼女の体を揺らすかのようにを行いました。 人生の初期 彼女の本名は、アンジェラ・イサドラ・ダンカンで、1877年5月27日にカリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。 父親のジョセフ・チャールズは融資担当であるローン・オフィサーで、母親のメアリー・イサドラ・グレイは音楽教師でした。 4人の兄弟の末っ子であったイサドラでしたが、幼い頃に父が家族の元を去りました。 家族は経済的に非常に厳しい状況におかれたため、イサドラの母親はピアノレッスンを始め、後にはダンススクールを設立しました。 2人の兄たちは、 母親の学校でダンスのインストラクターとして働いていました。 イサドラもわずか10歳のとき、兄たちと一緒にダンススクールで働き始め、幼い子供たちにダンスを教えるために勉強を辞めることにしました。 その後、家族はシカゴに移り、イサドラはクラシックダンスを学びました。 残念なことに火災が起きて家を失ったので、今度はニューヨークに引っ越しました。 ニューヨークでは、劇場を経営する会社で仕事を見つけることができました。 こちらもご参考に: ヨーロッパ時代のイサドラ・ダンカン ヨーロッパのクラシック音楽に憧れていたイサドラは、ヨーロッパへと旅立ちました。 当時は、 ヨーロッパからアメリカへの移民が多かったのですが、イサドラは、家族にも一緒に行こうと誘いました。 家族はロンドンに定住した後、パリへと引っ越してそこに定住しました。 イサドラは、ヨーロッパの素晴らしい数々の博物館を頻繁に訪れましたが、その中でも特にに多くの時間を費やしました。 彼女は、博物館で見た彫刻の姿勢のいくつかを自分のダンスに取り入れました。 これまでの自分の経験に、博物館で養った観察力を組み合わせて、自分独自のスタイルを作り出したのです。 これはダンスの歴史を大きく変えました。 イサドラは、ギリシャ風のガウンを着て裸足で舞台に上がり始めました。 髪はおろし、ダンス用に作られていない曲のリズムに合わせて踊りました。 すべての動きは、パフォーマンス中に即興で動きを思いついたもので、クラシックダンスで使われるチュチュやベール、そして特有の硬い動きは取り入れませんでした。 こちらもご参照を: 革命的な活動 イサドラが活動を始めた頃は、 多くの批判を受けましたが、すぐに専門家や批評家に賞賛を浴びるようになります。 彼女は、ダンスの世界での基準を打ち破っているだけでなく、プライベートでもスキャンダルの多い女性でした。 多くの問題に悩まされていながら様々な困難を払いのけて、二人の息子のシングルマザーになりました。 彼女には多くの恋人がいましたが、その中にはかなりの有名人もいました。 また彼女には同性愛者だという噂もありましたが、それを証明する証拠はありませんでした。 当時の彼女は、とてもスキャンダラスな性格で、 時には着ていたガウンを脱いで胸を露出させて、聴衆を挑発することがありました。 またイサドラは、アルゼンチンのバーで国歌を踊るという無謀な行動を行いました。 お金には無頓着で、ある時などは、着ていた毛皮と宝石でホテル代を払ったことがあると言われています。 イサドラ・ダンカンの悲劇の結末 1913年に、彼女の人生で最も辛い出来事が起こりました。 まだかなり若かった彼女の2人の息子が、自動車事故でなくなったのです。 このを克服するのに何年もかかりました…が、もしかしたら結局完全に克服はできなかったのかもしれません。 イサドラ・ダンカンは、ロシア革命をとても賞賛していたため、レーニンは彼女をロシアに住まわせ、彼女の追い求める芸術を続けるように誘いました。 ここで結婚相手となる詩人のセルゲイ・イェセニンと出会いましたが、エセニンがアルコール依存症だったため、結婚生活は長く続きませんでした。 エセニンはその後精神病院へと送られましたが、そこで自殺しました。 1927年9月14日、イサドラ・ダンカンは亡くなりました。 首を覆う長いスカーフを巻いていた彼女は、車に乗った時にこの長いスカーフが車輪の1つに絡まってしまったのです。 ダンサーの才能に溢れていたイサドラ・ダンカンは、 歴史に名を残した有名な人物であるだけでなく、において、社会が女性や芸術家に期待する基準を打ち破った人物の1人と呼ぶことができます。

次の

【タレント・ダンカン(55)の妻・飯塚初美さん22日、乳がんのた...

ダンカン 息子

嫁の乳がん治療費不払い以外にもあるダンカンの悪行の数々! 先日もビートたけしの独立騒動を受けて オフィス北野の森且行社長の行いを批判 しているダンカンであるが、 彼にまつわる噂は乳がんの嫁への治療費 支払い拒否、その性格と後輩へのイジメ といった悪行等、良くない物が 見受けられる。 そのダンカンの信じられない性格は、 治療費の件ばかりでなく 嫁初美さんが乳がんで闘病中における 写真を告別式で流した、女心を無視した 悪行にも垣間見える。 彼が後輩に向けるイジメに見られる性格 に泣かされて来たのは、他ならぬ嫁の 初美さんであったとも考えられる。 2014年6月22日に乳がんにより47歳で 天に召された嫁、初美さんの告別式で 号泣しながら嫁への想いを吐露した ダンカンの姿は、ワイドショー等の報道 で大々的に取り上げられた事は 記憶に新しい。 しかしその姿が「ウソ」である事を 裏付けるかのように、同年8月3日に 行われた納骨式では、嫁初美さんの親族 は両親のみが参列したという異常事態が あった。 この事は乳がんで天に召された初美さん の親族には、ダンカンに対する恨みを 抱えている人が多くいる事による物との 見方もある。 その乳がん治療費不払いに見られる性格 からも理解出来る様に、彼による 後輩イジメの悪行により、付き人を 務めていた「バター犬たろう」が自ら 命を絶ってしまった事もある。 ダンカンが後輩バター犬たろうに 対する「無茶振り」の悪行は、 猿岩石がブレイクしていた頃、無銭で 日本一周のヒッチハイクをさせたり、 バター犬たろうのアパートに火を付け、 部屋を全焼させるという過酷極まりない 物であったという。 彼の性格から考えれば不思議では無いが バター犬たろうに対する火傷の治療費が 支払われたという話は無い。 一介のブラック企業のパワハラによる 社員の犠牲よりも更に過酷な精神的な ダメージにより、哀れにも後輩の バター犬たろうは天に召されたという 次第である。 ダンカンは他の後輩芸人達にも、 憂さ晴らしで平気で手を上げる性格で 野球観戦の際には、好きな阪神の投手が 打たれる度、彼は水道橋博士や 玉袋筋太郎を殴っていたとも言われる。 もはや信じられないレベルである ダンカンの悪行だが、そもそも嫁の 初美さんの乳がんの治療費を 出さない事がまかり通った理由は、 一体何なのだろうか? スポンサード・リンク 後輩イジメにみられるダンカンの性格に妻も苦しんだ! 2005年、ダンカンの嫁初美さんの体に 乳がんが見つかったが、その際の夫の ダンカンの驚愕の行動は、 「俺は治療費は出さない」という その性格で後輩に向けるイジメにも似た 嫁初美さんへの宣言であった。 もはや悪行というより、乳がんよりも 恐ろしい悪魔の様な性格の所業と呼んで 差し支えは無く、実際に治療費は 初美さんと彼女のご両親が捻出した様。 ダンカンがこの後輩にも向けられる様な 暴挙が可能であった背景には、 ダンカンの家庭の家計は彼自身が 一切合切を管理しており、それを盾に 治療費を出さないという悪行すら可能で あった為だ。 それと当時の夫婦関係の状況が原因で 嫁初美さんは乳がんの治療費の不足分は 両親に頼らざるを得なかったのである。 ダンカンの嫁初美さんを襲った右胸の 乳がんの病魔は、3年後に左胸にまで 拡がり、そしてその3年後には 肝臓にまで拡がった。 更に2013年には脳にまでの転移が確認 された。 しかしその間にも治療費の為に介護職の 仕事まで行っていたのである。 それでもダンカンは自分の信じられない 性格を裏付ける様に、悪行は嫁の病状の 進行にも関わらず続いており、2012年に 不倫の発覚という最悪の形で 露見してしまう。 しかし嫁初美さんは、上記の通り 2014年に天に召されてしまった訳だが、 何かダンカンの後輩に対するイジメに 見られる悪行の報いの罰を 自ら盾になって受け止めた様に見える。 しかし芸能界には、この様に嫁の乳がん の治療費を払わなかったダンカン程では 無いにせよ、カメラの前で涙を流して いてもそれ以外の時には何事も無かった 顔をする事が出来た、西川きよしの 様な「ジキルとハイド」の様な存在だ。 その性格には、周囲の後輩達も 振り回される事は間違い無い。 特にその落差が激しかったタレントは 坂本九であり、カメラの前では好人物然 と笑顔を振りまいても、楽屋では後輩に 威張っていたという逸話かある。 しかし上記のエピソードを見れば、その 性格と悪行からダンカンの二面性の 不気味さが際立っているのは 言うまでも無い。

次の