ギャング 抗争 漫画。 「ジョーカー〜ギャングロード〜」,最強チームを決定する「抗争トーナメントバトル」が3月23日に開幕

OUT (井口達也・みずたまことの漫画)

ギャング 抗争 漫画

「ギャング」とは? 「ギャング」の意味と概要について紹介します。 意味 「ギャング」とは、 「アメリカで生まれた暴力的な犯罪集団」のことです。 禁酒法の時代に増加した暴力により犯罪をする組織のことをいい、現在でも使われている言葉です。 概要 「ギャング」は、かつでは強盗など犯罪を繰り返す集団のことを言いましたが、最近では貧困層の若者で結成される悪いことをする集団のことを言います。 これらの少年は、大人になったら正式な裏の組織であるマフィアに加わることが多いのです。 「マフィア」とは? 「マフィア」の意味と概要について紹介します。 意味 「マフィア」とは、 「イタリアのシチリア島で生まれた犯罪組織」です。 18世紀ごろから暴力や恐喝により裏の組織として勢力を伸ばしてきました。 概要 イタリアのマフィアは20世紀になりアメリカに移民、ニューヨークやシカゴ、ロサンゼルスなd、大都市に広まっています。 マフィアは主に 「麻薬の密売」 「密輸・密造」 「恐喝及び強要」 「みかじめ料」 「高利貸し」など、犯罪で収入を得ているほか、合法的に 「不動産業」も営んでいたりします。 本来はイタリア系の犯罪組織のことですが、日本では海外の犯罪組織の総称として 「マフィア」と呼んでいるのです。 「ギャング」と「マフィア」の違い! 「ギャング」は 「アメリカの貧困層の若者で、麻薬取引や強盗などをする集団」です。 「マフィア」は 「イタリア系犯罪組織で、非合法・合法な手段で収入を得ている集団」です。 まとめ 「ギャング」と 「マフィア」は、組織としてのレベルが全く違います。 但し、していることはどちらも凶悪ですので、関わらない様にしましょう。

次の

ギャングキング

ギャング 抗争 漫画

スポンサーリンク ギャングまたはマフィアと呼ばれる集団は、暴力や不正なビジネスに手を染めるなど、犯罪集団として知られるグループであり、世界中に存在します。 では、そのようなギャングまたはマフィアの中でも、名前が知られる有名な集団にはどのようなグループが含まれるのでしょうか? この記事では、世界的にも名前が知られるグループを24集団ピックアップして、それぞれ簡単に紹介していきたいと思います。 ちなみに、正確には 「 マフィア」はイタリアのシチリア島を起源とする暴力的な犯罪組織集団であるのに対して、 「 ギャング」とはそれ以外の地域で発生した暴力的な犯罪組織集団を指しますが、この記事内では特に厳密な区別はせずに使っていきます。 世界のマフィア・ギャング集団1:ロス・セタス (出典:) 世界で最も力があるドラッグ・カルテルとさえ言われるロス・セタス(Los Zetas)は、アメリカ政府によって「 メキシコで最も危険な麻薬カルテル」に指定されている、メキシコに拠点を置く犯罪組織。 1999年に設立されて以来、麻薬の取引だけでなく、非常に多くの殺人や破壊を行ってきたことで知られています。 特に、対空ミサイルや攻撃ヘリコプターなど、ただの犯罪組織とは思えないほどの戦闘能力を持つのが大きな特徴で、その影響力はメキシコ外にも及んでおり、近隣諸国の政府を悩ませています。 世界のマフィア・ギャング集団2:サイモン・シティ・ロイヤルズ 1952年にシカゴで労働者階級の白人ギャング集団として結成され、次第に同地域で最も暴力的なストリートギャングに変わっていったのが、サイモン・シティ・ロイヤルズ(Simon City Royals)。 1970年代からは、ヒスパニック、黒人、女性のメンバーを受け入れ、ギャングやマフィア集団としての存在感をさらに増しました。 その長い歴史の中で良く組織化され、麻薬の密売など不正なビジネスを積極的に展開。 現在では、ミシシッピ州最大のストリートギャングかつ犯罪集団とされ、全米で活動しています。 世界のマフィア・ギャング集団3:クリップス (出典:) 1969に黒人系アメリカ人を中心に地元のギャング集団として生まれ、今では世界最大の犯罪集団の一つにまで成長しているのがクリップス(Crips)。 コカインやマリファナの取引を行い、他にも殺人や強盗などの凶悪犯罪を行うことで恐れられています。 ちなみに、ブラッズなどの数多くのヒスパニック系のストリートギャングとライバル関係にあるクリップスは、帽子やバンダナ、その他の服装に 青色を用いることで差別化を図っていましたが、最近は取り締まりの強化によって目立ちにくい紺色の服装が主流になっています。 世界のマフィア・ギャング集団4:ブラッズ (出典:) 赤い服装とクリップスとのライバル関係で知られるブラッズ(Bloods)は、元々クリップスの一派でした。 世界のマフィア・ギャング集団5:マラ・サルバトルチャ 中央アメリカからアメリカ合衆国までに存在する大規模ギャングであるマラ・サルバトルチャ(Mara Salvatrucha)は、MS-13などとも呼ばれる集団。 世界で最も暴力的なギャングと言われることさえあり、MS-13に比べると他のギャング集団のほとんどが、マリファナを売りさばく高校生に見えてしまうほどです。 1980年代にエルサルバドルの内戦から逃れてきた人々が、カリフォルニア州でゆるやかな組織を結成。 それ以来、集団は拡大し続け、北アメリカと中央アメリカでの活動を通じて構成員を増やしています。 また南アメリカにもその勢力が広がっており、現地でこの集団は、女性や子供にまで残虐な行為を行う危険なギャングとして知られています。 その非人道的かつ残忍な行動で知られるジャマイカン・ポッセ(Jamaican Posse)は、ジャマイカ人達によって構成されているものの、現在はロンドンやニューヨーク、そしてトロントなどを主な拠点として活動するギャング集団。 高性能の自動小銃を使うことで知られ、政府との独自の結びつきを持ち、アイロン、包丁、さらには掃除機を使った儀式的な殺人を犯すことで恐れられています。 世界のマフィア・ギャング集団10:プリメイロ・コマンド・ダ・カピタル ブラジルのサンパウロ刑務所と無数のフェベーラ(スラム街)で展開し、誘拐や恐喝などを通して相手に恐怖心を抱かせることで知られているプリメイロ・コマンド・ダ・カピタル(Primeiro Comando da Capital:PCC)は、ブラジルのサンパウロにて1993年に発足したギャング集団。 2006年5月に、サンパウロ市全域を一週間近くにわたって機能停止させ、警官を殺したり政府の建物に放火したりなど、その過激な行動はブラジル中で恐れられています。 また、現在ではその影響力がリオデジャネイロにまで及ぶようになり、同地域において麻薬の密売を展開するなど、勢力が衰える気配は今のところありません。 ほぼ白人男性によって構成され、刑務所内のギャンブルや恐喝を仕切り、刑務所の外でも犯罪行為に及んでいます。 「血を流して入り、血を流して出る」という掟があり、この手段に加わるには、囚人仲間を殺すか襲うかしなければならないと言われます。 そして、この集団から抜けようとした場合、大抵は病院送りになるか、最悪の場合、殺されるかを覚悟しなくてはいけません。 世界のマフィア・ギャング集団12:ブラック・ゲリラ・ファミリー (出典:) 強い政治的な目的を持つ刑務所内ギャング集団であるブラック・ゲリラ・ファミリー(Black Guerilla Family:BGF)が1966年の結成時に掲げた目標の一つが、アメリカ合衆国政府の転覆。 ジョージ・ジャクソンという黒人系アメリカ人が、カリフォルニアの刑務所に収監されていた際に読んだ共産主義思想に影響され、その思想を基にして人種差別の撤廃や共産主義思想の拡大などを目指して立ち上げられました。 数多くのギャング集団、特にラ・ヌエストラ・ファミリアと密に連携して活動することで知られ、また、組織は厳しく統率され、生涯にわたって忠誠を誓うことが求められます。 世界のマフィア・ギャング集団13:ラテンキングス (出典:) 世界で最もよく組織されたラテン系犯罪集団とされるラテンキングス(Latin Kings)は、全米に2万人もの構成員を抱え、多大な影響力を持っているギャング集団。 男性とラテン・クイーンズと呼ばれる女性のメンバーを有するこの集団は、シカゴに拠点を置きながらも、ジャマイカを始めとした中南米や南米から武器や麻薬の密輸入・密売を行っているとされます。 元々は1940年にヒスパニック系コミュニティを支援するために結成され、その後メジャーな犯罪集団組織に成長していきました。 世界のマフィア・ギャング集団14:コーサ・ノストラ 現在でこそアメリカのマフィアとして有名ですが、元々はイタリアのシチリアに誕生した犯罪集団から派生したコーサ・ノストラ(La Cosa Nostra)は、秘密結社的な国際犯罪組織。 アメリカの勢力とシチリアの勢力を区別するために、 アメリカ・コーサ・ノストラと シチリア・コーサ・ノストラと言うこともあります。 アメリカでこの組織が勢力を伸ばしたのは、19世紀末にイタリアからアメリカへの移民が急増したのに伴って、ニューヨーク市のロウアー・イースト・サイドにイタリア移民が住みついたことが理由。 厳しい掟で知られ、メンバーが規則を破るとほぼ常に死をもって罰せられ、大抵はその人物に最も近い仲間によって行われると言われます。 Stones)あるいはオールマイティー・ブラック・P・ストーン・ネーション(Almighty Black P. Stone Nation)と呼ばれるギャング集団。 時とともに、集団の中でアブドラ・マリク (改宗前の名前はジェフ・フォート)に率いられた急進的なイスラム派が生まれ、宗教的要素を多く含んでいるのが特徴。 構成員はおよそ8000人と見られ、殺人や麻薬取引を展開し、過去にはリビア政府のために米国内でテロ攻撃を行なった罪で起訴されたこともあります。 世界のマフィア・ギャング集団17:ヘルズ・エンジェルス (出典:) 国外にも広がっているバイカーギャング (オートバイに乗ったギャング)であるヘルズ・エンジェルス(Hells Angels)は、1948年にカリフォルニア州のフォンタナで結成されたのが始まりで、現在は世界22ヵ国に活動範囲を広げています。 殺人、強盗、恐喝、売春、重火器及び違法薬物の密売によって収入を得ているとされ、一見すると他のギャング集団と同じようにも見えますが、実態はより複雑だと言われます。 というのも、ヘルズ・エンジェルスはただのオートバイ・クラブを公言していて、犯罪活動は各自が個人的に関わっているとしているからです。 世界のマフィア・ギャング集団18:モンゴルズ・モーターサイクル・クラブ (出典:) バイカーギャングとして知られるモンゴルズ・モーターサイクル・クラブ(Mongols Motorcycle Club)は、帰還兵を中心に1969年にカリフォルニア州で結成されたギャング集団。 今では世界中に活動範囲を広げ、ヘルズ・エンジェルスとの間で頻繁に起こる紛争のため、暴力集団としての悪名を轟かせています。 麻薬の密売や資金洗浄、強盗や殺人など、あらゆる犯罪行動に関与していると言われます。 世界のマフィア・ギャング集団19:メキシカン・マフィア(ラ・エメ) メキシカン・マフィア(Mexican Mafia)またはラ・エメ(La eMe)と呼ばれるこのギャング集団は、米国西海岸の刑務所内を起源に持つギャング集団で、メキシコ系アメリカ人達によって1957年に設立されました。 元々は、ヒスパニック系の囚人を守るために結成されたものの、現在は、カリフォルニア州の「 ギャングの中のギャング」として知られ、麻薬取引に密接な関わりがあるだけでなく殺人、恐喝、誘拐も行います。 ちなみに、メンバーは胸に黒い手のひらの刺青、またはそれに準ずる刺青をしていることが多いので、簡単に見分けられるのが特徴です。 世界のマフィア・ギャング集団20:ラ・ヌエストラ・ファミリア (出典:) 1960年代中期に、カルフォルニア州ソレダードの刑務所において設立されたと言われる「ラ・ヌエストラ・ファミリア(La Nuestra Familia)」は、メキシカン・マフィアの完全な支配の追求に対抗する形で生まれたギャング集団。 元々は、田舎から出てきた若いメキシコ系アメリカ人の囚人達が、自らの身を守るために結成されたと言われます。 また、この集団は極めて厳しい忠誠を求めることで知られ、主に刑務所内外で麻薬取引を行なっています。 構成員の数は4000人弱と比較的小さな集団であるものの、テキサス・シンジケート(Texas Syndicate)を過小評価してはいけません。 テキサスの刑務所内を拠点とし、主に白人系アメリカ人によって構成されています。 厳しい行動規範があり、それを守らせるために暴力が使われ、また躊躇なく殺人を犯すことでも知られます。 世界のマフィア・ギャング集団22:ヤクザ 日本のマフィア集団ヤクザは、擬似的な家族や兄弟繋がりを基にした組織を形成し、暴力や不正とされる活動に従事している集団。 親分への忠誠は絶対で、また、兄弟の盃を交わした兄弟分とは固い絆で結ばれることで知られています。 その独特な組織文化によってこれまで多くの作品の題材ともなるなど、世界的にも有名なマフィアまたはギャング集団です。 一方で、ここ最近は警察の取り締まり強化によって、以前のようなシノギ (収入を得るための手段)が難しくなってきているなど、その様態が変わってきていると言われます。 世界のマフィア・ギャング集団23:三合会 三合会は巨大な中国系犯罪集団で、一つのギャング集団というよりは無数のギャングの連合体。 世界中に数十万から数百万人の構成員と準構成員が存在し、アジアだけでなく、ヨーロッパや北アメリカ、アフリカやオセアニア地域にまで進出する、超巨大国際犯罪ネットワークです。 密輸や殺人といった犯罪集団にとっては共通する行為以外にも、その巨大なネットワークを使って、政治的な圧力を行使出来る強みを持ちます。 下部組織にはそれぞれの習慣や掟があり、全体として明確な組織系統と厳しい暴力的な儀式が存在。 世界のマフィア・ギャング集団24:ソルンツェフスカヤ・ブラトワ ロシアのマフィアであるソルンツェフスカヤ・ブラトワ(Solntsevskaya Bratva)は、現在存在するギャング集団の中では最高の収益を誇ると言われ、ただのギャング集団と言うよりは非常に良く組織された国際犯罪組織。 その活動範囲はロシアだけに留まらず、ヨーロッパからアメリカ、そしてアフリカからオセアニアや中東まで非常に広いのが特徴です。 組織された評議会の下に10の集団があるとされ、麻薬取引と資金洗浄に深く関わっています。 合わせて読みたい世界雑学記事• ちょっとした知識として頭に入れておくと良いかもしれません。

次の

OUT (井口達也・みずたまことの漫画)

ギャング 抗争 漫画

タップできる【目次】• 漫画『OUT』とは?基本情報 漫画『OUT』は井口達也の実話を元にした ノンフィクションのアウトローストーリーです。 コミックタイトル OUT 原作者 井口達也 コミック作者 みずたまこと 出版社 秋田書店 連載誌 ヤングチャンピオン・コミックス 主人公 井口達也 連載開始 2012~ 舞台 西千葉 ジャンル 不良ヤンキー漫画、アウトロー 漫画『OUT』のあらすじ 『OUT』は、人気不良漫画『ドロップ』や『チキン』のその後の物語。 地元狛江では狂犬と恐れられた井口達也17歳、約半年間の少年院生活を終え西千葉で保護委託中となった。 そこでキリヒト(斬人)の副総長、安倍要と意気投合する。 無口で作中一度も言葉を発したことがないキャラです。 剣道の腕が一流で、中学まで全国レベルの選手でした。 実は キリヒト一番のバトルジャンキーで喧嘩大好き! 喧嘩したい衝動が高まると折り紙を折り始める妙な習性があります。 剣道をやっていたおかげで、 見切りが半端なく攻撃を受けるのが相当うまいです。 爆羅漢の下原孝二とのタイマンでは、背中をナイフで刺された最悪のコンディションの中で、見事に一撃で仕留めています。 喧嘩には勝ったものの、出血多量で丹沢敦司が試合を止め、代表戦としては敗北になりました。 長嶋圭吾は 多対戦の木刀を持った喧嘩が大の得意です。 狂乱鬼との抗争では、約30人の相手に大活躍し丹沢敦司を救うことに成功しています。 しかし、フーリンに一撃くらってからは行方不明になります。 その後、単行本11巻で再登場した際は、 狂乱鬼のユニフォームを着て登場しましたが・・・。 日頃は自ら喧嘩を売ることはない温厚な人物です。 田口とは幼馴染で、乱暴な田口を上から押さえつけることができる数少ない男です。 いつもグラサンをかけているのは瞳が青いからです。 グラサンを外すとかなりのイケメンです! 田口がキリヒトを辞めせられたことに納得がいかず、自らもキリヒト辞めてしまいます。 喧嘩の腕は超一流。 誰もが「目黒とは喧嘩をしたくない」と口を揃える強さを持っています。 大活躍したのが帰り道に公園で狂乱鬼に襲われた時です。 敵のザコキャラに対し、 なんの攻撃をするか宣言してからすべて一撃で沈めていきます。 男気にあふれるキャラで、曲がった事を嫌う根性ある人物です。 主人公井口達也の親友で、単行本1巻の1話目から登場します。 見た目は気合の入ったおっさん面ですが、とても信頼できる男。 1話目の井口達也の喧嘩はこちらの記事でくわしく書いています! 男気エピソードとしては爆羅漢のスパイが、偵察に来ていて捕まえた際、「地元の後輩」と嘘をつき逃してあげています。 ヤルかヤラれるかの世界で 優しさがあり器がでかく、副総長のポジションに納得のいく好感がもてるキャラです。 爆羅漢との戦争では、 下原賢三に車で跳ね飛ばされ、瀕死の重症をおいます。 轢かれた直後は、 息をしておらず死亡したかと思われましたが、集中治療室に入り一命を取りとめました。 いつも接戦の喧嘩をしますが、全戦全勝中です。 井口達也は地元の狛江では狂犬と呼ばれていたイケイケの喧嘩好きです。 少年院から出所し地元を離れ西千葉にやってきました。 井口達也については別記事のあらすじ部分で詳細に書いています。 井口達也のベストバウトは、田口勝戦(単行本7巻)です。 田口勝得意の柔道で何度もマウントを取られますが、カウンターの頭突きや肘打ちでなんとか退けます。 両者満身創痍の中、田口勝が先に立ちますが、 「ある質問」を井口達也にします。 この質問で、井口達也に立ちあがる時間を与え、 カウンターで右ストレートが入り、なんとか勝利しました。 この迫力の喧嘩はぜひ漫画で見てほしいです! 最新刊18巻の狂乱鬼との抗争で、まさかの丹沢敦司を裏切っています。 なにか考えがあるのか真相はまだ不明ですが、丹沢に向かって鉄パイプをフルスイングしています。 まさに圧巻の強さです。 丹沢敦司の魅力は、喧嘩の強さだけではありません。 妙に愛嬌があり、明るく全然不良っぽくありません。 いい意味で総長っぽくない親しみやすさを持っています。 子猫を拾って泣きながら井口達也の元に行く場面なんかは丹沢敦司らしさがでています。 圧倒的な喧嘩の強さと、親しみやすさがカリスマ性につながっています。 ただ、親しみやすいだけではなく、 敵にたいしては異常なほど狡猾で残忍な一面を持っています。 身内に対しては全力で守り、敵に対しては徹底的に追い込みます。 この ギャップがまた丹沢敦司の魅力といえます。 漫画【OUT】はノンフィクションストーリーなので、 丹沢敦司は実在しモデルがいます。 井口達也は自身のブログで語っています。 丹沢敦司は普段は温厚で、暴走族の総長らしいオーラはゼロだった。 あっちゃん(丹沢敦司)は総長ってだけでなく、物凄い数の男達に慕われているカリスマだった。 あっちゃんは「弱みを見せられるのってさ、親友って奴くらいじゃん」と言った。 そう言った上で、俺を見て満面の笑みを浮かべた。 参考: 実在のモデルとなっている丹沢敦司もカリスマ性があり、井口達也と親友と呼べるほど仲がいいのが伝わります。 【OUT】好きの人は、 「丹沢敦司と弦巻良樹どちらが強いのか?!」と思っている人は多いでしょう。 田口勝とニカクでこんな会話のシーン(単行本12巻)があります。 丹沢敦司はチーム内での殺しに怒り、キリヒト6代目の世代を警察に捕まるよう仕向けました。 6代目世代の幹部が現狂乱鬼の幹部達です。 狂乱鬼の目的はキリヒトを取り戻すこと丹沢敦司への復讐になります。 弦巻良樹の強さがよくわかるのが、狂乱鬼決起集会のケンカ祭りです。 狂乱鬼は、吸収したチームのから 24人の猛者を集め、一人ずつ弦巻良樹とタイマンしていきます。 弦巻良樹に勝つことができたら100万ゲットというルールです。 20人目のハルケンで一度倒れますが、立ち上がり殴り倒します。 後にニカクは言っています。

次の